世界激震 元侍従が暴露 「美智子様は酷すぎた…」 恐ろしい真実が明らか

  元宮内庁職員の小内誠一さんは、このように述べています。「平成皇室では色々ありましたよ。オクのオクまでは職員すら立ち入れませんが、なかなか不思議なコトが次々と….。あえて私の口から語らなくても、状況証拠はいくらでもあります。徐々に実態が明らかになっていくでしょう」現在の美智子さまバッシングを捉えても、まさにこの言葉通りのことが起きていたようです。 被災者の声に膝を折り耳を傾け、日本の安寧のために祈り続ける「慈愛に満ちた平成皇室」像は演技だったと気づく人が多くなりました。これまで噂話としか思われていなかった「美智子さまバッシング」の声が、本当のことを証言している可能性がにわかに高まってきたからです。2019年に昭和から平成にかけて侍従をつとめた小林忍氏の日記が文藝春秋から刊行されました。 この人物こそが、皇室の裏側について詳細を述べた人物です。当時の日記を振り返ってみましょう。「小生は、侍従長にサンデー毎日特別号の記事、小生の叙勲辞退について聞かれる。最初、小生から経緯を説明。皇太后宮職の引間庶務係長から4月半頃、旭三の叙勲となるが受けますかとのことだったので。まだ非常勤ながら出勤しているから辞退する旨を答えた。 ト部氏ら同様の電話があったので、真意は長い間お仕えしお世話になった昭和陛下からなら喜んでお受けするが、殆どお仕えしていない現陛下からは受ける気にならない、と伝えた」また、同職場のト部完語侍従の日記にも、内部情報の漏洩に困惑する宮内庁の様子が書かれています。平成5年にサンデー毎日で取り上げられた内容は、「秘書課長から元侍従の勲章辞退が取上げられ困惑の体。 いったいどこから現れたか」といったものでした。以上のように、『サンデー毎日』などの記事が、内部情報に基づいて書かれていたことは確実です。よって、これまで同紙が発信してきた美智子さまバッシングの内容も事実だった可能性が俄然高まることになります。ましてや、小林侍従が平成皇室に極めて批判的であったことこそ、この可能性を力強く裏付けているわけです。 通常であれば、こういった侍従の日記は公開される可能性を予期して、皇室不満は書かれないのが通例なのですから。さらに小林侍従の平成皇室への疑問は多岐にわたります。衣装代に何十億円もかかるのは問題だとか、美智子さまはスタイリストだとか。退職の時に美智子さまからお声がなかったとか。。。いずれも週刊誌に書かれていたことと異口同音であることは明白です。 また、黒田清子さんと平成の両陛下への苦言についても小林侍従は日記に残しています。一部内容を紹介します。「紀宮内親王殿下成人のお誕生日。侍従長のお祝詞言上は極めて簡潔。これに対し陛下から「ありがとう」とお礼。肝心の紀宮さんからは一言もない。甚だ心外。両陛下は一体何をお考えか。 御自分も結構だが、成人になられた御本人から祝賀の職員に何の御挨拶もないとは」このように、何気ない日常の一幕にも「違和感」を感じてしまうほど、平成皇室に思うところがあったのでしょう。表向きは美智子さまのお望み通り、開かれた平成皇室のイメージが定着したのでしょうが、内情はこのように闇に包まれていたようです。 以上が1つ目の記事の内容です。皆さんはどのように感じましたか?なんだか、美智子さまのあの笑顔の裏にはこんな秘密が隠されていたのかって感じの内容ですよね。当時は今ほど情報社会ではなかったわけですし、皇室の内情については一部のメディアでしか国民の知る手段はありませんでした。 そう考えると、この侍従職の日記にはかなりの価値がありそうですね。やはり火のない所に。煙は立たぬと言いますか、現在美智子さまに対してバッシングが過熱しているのもある程度本人のせいでもあるかもしれませんね。 では2つ目の記事に移りますと。ここからは。。。   この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 それでは竹田さんに伺いますが秋篠宮や悠仁さんに天皇になっても認める国民ばかりだと思いますか?果たして敬宮様と秋篠宮ではどの程度賛成反対の割合になるでしょうね⁉️ 美しい女性にはトゲがあると信じていなかった私は裏には何かあると多くの人を見て来ました。親から授かる事を誇りに思い努力して人生には勝ち負けなんかない。つまづきながら乗り越え人間で有るから、反省も必要ですよね。身から出たさびに等しく思います。 コイツラ(皇族の中の一部)は、道徳心というものを学ぶべきだな。 人としての生き方ってやつが欠けている気がするのは私の気の所為でしょうか?心から幸せだと感じられないなんて、なんて寂しい生き方なんだか。 お若い頃はとても綺麗な方だった美智子様ですが現在のお姿は過去の意地悪行状を物語る様に酷い顔に成りました。やはり生き方は顔に出るのですね。残念です  …

宮内庁が 衝撃の回答が! 皆様へ

  残る小室佳代さんの問題 日本から離れ、自由を満喫している眞子さんではありますが、今後の生活は苦労することとなるかもしれません。小室圭さんは、NYにあるサンドラー法律事務所への就職が決まりましたが、7月に行われたNY州司法試験に不合格となったため、事務員として年収600万円程度で勤務することとなりそうです。 また、眞子さんは就職が決まっておらず、NYのヘルズキッチンにある家賃50万円以上のアパートで生活するため、しばらくは、貯金を取り崩しながらの生活となりそうです。また、小室夫妻にとって、この他に頭の痛い問題となるのが、日本に残してきた圭さんの母親・佳代さんの存在でしょう。 小室佳代さんは、先月10月に、「遺族年金不正受給疑惑」と「傷病手当不正受給疑惑」の二つの問題で刑事告発されています。篠原氏というジャーナリストの方が告発状を6日に提出したのですが、3日後には東京地検から簡易書留が届いており「返戻する」という以下のような内容の通知文が入っていたそうです。 「犯罪構成要件に該当する具体的事実を特定してもらう必要がある。犯罪構成要件に関する具体的事実が記載されておらず、具体的な証拠に基づいた記載もなく、告発事実が十分に特定されているとはいえません。犯罪地または犯人の所在地を管轄する警察署等に相談されることをご検討願います」 「FRIDAYデジタル」の記事では、この篠原氏の刑事告発の動きに関して、応援している政府関係者や、公務員も存在するとして、次のように報じられています。 「今回のこの刑事告発の動きは政府関係者にも知られており、中には篠原氏を応援している国家公務員もいると言っていました。さらに篠原氏は“特捜も同じ気持ちなんじゃないか”と期待を膨らましていた。一方でこれだけ不正受給の証拠などが報道されているのに捜査機関が動かないことへの苛立ちはあるようです」(女性誌記者) 国民に愛される皇室を憂慮し、積極的に動いているという篠原氏。“これは長い戦いになる”と説明しているところを見れば、眞子さまと小室圭さんがご結婚したあとでも、佳代さんの問題を追及し続けるつもりかもしれない。 これまで、不可解な皇室特権の力によって守られてきた小室佳代さんですが。。。     この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 佐川さん、仮に日本を離れたとしても絶対に居場所は私たちYouTube視聴者に明かさなくて良いですよ。ニューヨークに匿う予定だったという事も言わなかった方が良かったと思います。あと、嫌な思いをするかもしれませんがパソコン等を盗まれたのなら被害届を出しておいた方が佐川さんの正当性が更に高まると思います。形振り構わずA宮家、M子上皇后やその親族、この人達の親派は何でもやってくるかもしれませんし、念には念を入れておくのが良いかと…。 本当なら、親としての気持ちより皇族としてのお立場で立ち振舞をすべきだと思います。律する事が重要です。皇室にあるべき姿、できないなら、お考えを変えるかそれに沿う立場になられたほうが良いのではと思います。国民の代表としてあられる皇室、縛られるところもあるでしょうが皇室である以上仕方ないところもあります。嫌で皇室を出られるなら仕方ないですが守られているところあります。天秤にかけて、自分自身がどう有りたいかで決められたらいいと思います。ただ、自分の思いだけの特権を使っては全てが崩れます。情報がほんとうなら立場を考えて行動を律していただきたい!国民は心も経済的にも裕福ではありません。自分の思いで行動はできません。我慢をし頑張ってます。 皇居内?赤坂御用地内の間違いでは?もちろん赤坂御用地内でも大問題ですが、、、以前別のチャンネルでもコメントさせて頂きましたが、先日亡くなられた方や、その孫娘が赤坂御用地内に住んでいると噂されていたことをご存じの方も多いと思います。本当のことなら、もうやりたい放題、好き放題ですね。皇室も終わりかもしれません。一年でも、いや一日でも令和の御代が長く続いて欲しいですね。 これはあくまでも想像だが、仙洞が絵を描いているのかもしれない。秋篠宮が仙洞に泣きついて、それを政府や警察・検察に相談したら、「皇居内若しくは赤坂御用地に匿うのが一番安全だ。そこならマスコミにも感ずかれないし、我々捜査機関も手出しが出来ないから、警備上からも是非そうしてもらいたい。」との回答があったのではないか。これが事実なら、今後の逮捕は難しいかもしれない。小室の2月試験結果次第だが、4月頃にアメリカに高飛びするのではないか。   https://youtu.be/gm_qZxo4460

小室佳代の弟、詐欺師の終わり…覚悟の発言

最近では小室家のバッシングが眞子様に飛び火というニュースが報道されていました。マスコミはこれまで小室佳代さんと小室圭さんを批判するような内容の報道が多かったですが全く小室家には響かないから批判の矛先が眞子さまにむかったようです。 確かにあれだけ小室文書も批判されても全く動じる感じが見られないですから。28枚の文書に宮内庁が理解と報じられた時もすぐに意見を変えて解決金を出すいこうというふうに宮内庁ですらもてあそんでいますから。しかも週刊文春の記事は眞子さまが小室圭さんを甘いのよと叱ったという見出しで眞子さまが借金を肩代わりするような内容まで掲載されましたから。 ただそれにしてもこれだけ話題になってもメディアはなかなか遺族年金の話題は扱っていないです。ちょっとこの辺が不思議です。テレビや週刊誌とかでも殆どが解決金とかそういう話題が多いのですが本当の疑惑が持たれているのは遺族年金不正受給です。なぜこういった話題が報じられないかについては竹田恒泰さんが語っていました。 なるほど小室佳代さんの弁護士もヤバい人なんですか。なんかいろいろやばい人が集まっています。こういった揉め事には慣れている弁護士なんですか。テレビ局にやらないように訴えているようです。まだ一度報道してからメディアを訴えるとかだったらわかりますが報道する前からこの話題を扱ったらどうなるかわかっているなと電話しているようです。 相当揉め事に慣れていますね。さてそれでは一番やばい情報の話にいきますか。実はですね。小室佳代さんの弟の話なんです。なぜか弟がいるという話まではわかっているのに絶縁状態で現在横浜に住んでいるという話まではわかっていましたよね。普通に考えておかしくないですか。いくら絶縁状態といえどマスコミが黙っているわけ無いですよね。 この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 遺族年金不正受給だけでなく、傷病手当不正受給も週刊誌が報じていましたが。佳代さんを刑事告発した笹原?さんという方、傷病手当不正受給も告訴内容に含んでいたと思います。TVは秋家忖度上げしか報じない。コメンテーターはまさに「黒を白に変えて」報じている。メディアと政府?秋家?どれほど癒着してるのだろう? まあとちらにしてもA宮はこの家族と関り匿っているらしいからね全て表に出た時は当然責任とるんだろうね? そうでなければ国民は黙っていないだろうね?弁解が今からたのしみだね これは、ずいぶん前から言われていることですよ。よく調べてから投稿しましょうね。そして、かの篠原常一郎さんは、それはないって、断言されていましたよ。自分が徹底して調べたって言われてましたよ。 なんでホリホリ男と繋がりがあるのかと思っていたが、弟が89座幹部とは(笑)録音があった事も筋からのアドバイスだったのか!!すごい納得出来た。100%納得出来た 皇族がヤクザと親戚になろうとしているのに、破談へなかなか進まないどころか、謎の奨学金獲得等、結婚へ後押しされてることに何か闇を感じる これは、大変なことですね。早急に破談して、大々的にテレビで報道してください!あってはならない事件です!よくぞ調べて下さいました。宮内庁しっかりしろ!! 竹田さんは結婚はされるでしょう、と、どこかで言っていますね。それで?秋篠宮家のなさりようを言わないですね!一時金とかのことも結構、悠仁さんがいるからも結構、法律とか皇室典範とか歴史も結構。だから、現在大変厳しい状態の秋篠宮家の有り様について、語っていただきたい! 眞子さまが惚れきって、誰に何を言われようとなら、穏便にはならないでしょう。皇室初の手段も必要だと思います。両人にその覚悟はあるか? やはり母親の身内が反社だから、脅しをかけたやり方も平気で出来るのですね!そうすると、過去の事件も今回の事件も、全て繋がります!やはり絶対に破談にしないといけませんね‼️ 佳代の従姉妹が日生のおばちゃん。そして弟が浜尾組の幹部。何か臭いますね。敏勝さんの保険金7,000万を手に入れて2つのマンションのローンがチャラになり佳代が愛人と暮らせるにはどうしたら良いか?あっ!誰か来たようだ…

小室夫妻不名誉!状況一変!虚しい叫び

小室夫妻不名誉!状況一変!虚しい叫び 週刊文春に愛子さまの激やせしていた時期のことが書かれていました。愛子さまはおでかけになった時にニュースになるのでその報道を見た話題で同級生の間では盛り上がるようです。 そこであのときの写真は細く見えてとても素敵だったとかすごくお似合いの洋服だったと止められたようです。 仲のいい同級生の言葉だけに愛子さまは嬉しく思われたようです。ただ痩せることがこんなにも周囲を喜ばせることにつながるのだと思われたのかもしれないです。 そこから愛子さまが本格的にダイエットを始めたようです。ああなんでもやり始めると中途半端では出来ないのかもしれませんね。 ちなみに週刊朝日にも愛子さまと黒田清子さんの事が書かれていました。ただそこに目を疑うような記事が有りました。それは黒田清子さんが12歳の頃に両陛下から犬をプレゼントされたようです。 紀州犬で名前は千代で将来は盲導犬の訓練指導員になりたいと学習院初等科の卒業文集に書かれるほどだったようで盲導犬の訓練を受けさせていたようです。 ただ黒田清子さんが学習院の大学生だったころに海外訪問で犬を施設に預けられたようです。ただその施設から脱走して行方不明になったようです。 サラッと書いていますがかなり怪しい出来事ですね。なんで海外訪問中に預けていた施設から脱走するのか、普通は皇室から預かった犬を脱走なんてありえないんですけどね。 まぁ謎が多いですね。ちなみに愛子さまが犬を飼われるキッカケとしてはまず天皇皇后両陛下が愛子さまが生まれる前から2匹飼われていたようですね。 天皇皇后両陛下が犬を飼うキッカケも赤坂御用地内に迷い込んだ犬が10匹子犬を産んで2匹を引き受けて後は宮内庁職員が引き取ったようです。 今でこそ殺処分問題や保護犬など注目が集まっていますがその頃からすでに保護されていたんですね。ちなみに愛子さまも愛犬2匹を気に入って愛子さまの幼稚園には愛犬2匹の刺繍を雅子さまが施されていたようです。 愛子さまも学習院初等科の頃に犬の首に巻くバンダナを手作りされていて愛子さまのお気に入りの絵本がずーっとずっとだいすきだよという絵本が大好きだったようです。 この物語は愛するペットとの触れ合いや別れなどが教えられているようで教科書にも採用されたりしているようです。雅子さまの自然と愛子さまが動物には寿命があることや亡くなったお気も見守ってくれてるよとか教えたかったのでしょうね。 それからその2匹は老衰で亡くなって動物病院で保護されていた生後2ヶ月の犬を引き取ったようです。それで名前はゆりとなって兄弟のように可愛がられたようです。 ..

小室夫妻、 日本政府から 帰国禁止令!!!

  皆さんおはようございます。どうぞよろしくお願いいたします。今回取り上げるニュースはこちらです。 1。小室さん夫妻 宮内庁の本音は「静かにしていて」、帰国ならば会見開催も 2。悠仁さまの進学先は「偏差値67」筑波大学附属高校 記事の一部を引用してお伝えします。 11月にアメリカに渡った小室圭さんと眞子さんが、夫婦として初めての年越しを迎える。これまでのお正月は新年祝賀の儀に参加してきたが、今年の新年は皇居・宮殿から1万km以上も離れた米ニューヨークで迎えることになる眞子さん。ただ、新年を祝う状況ではない。       うわああの制度ついに使うんだ。 もともとは中学から入るつもりでできた制度、当時は批判が強く断念したんだよね。筑波に旨味がなにもないから変な制度だよ どうか、真の実力で、一般入試でご受験くださいね。 あと、環境問題、資源の問題もあります。 公共の交通機関でご通学ください。 一般人の気持ちになり、国民に寄り添って欲しいです。 学力があればどうぞお好きにと言いたいが。。。 学力が足りなければ本人が辛いと思う 今年は志願者が減るのかな?筑波大学付属 あの親と関わりたくない方が沢山いると思うし 子供が入学したら忖度だらけ規制され息苦しい学校生活になってしまいそう。。だから他の学校に入学させたい親続出。。想像だけどね そんな制度を使ったら批判されることなどわかりきっているのにね。 おかしな制度ができたり、学校の大規模改修工事が行われたり・・・これがロイヤルパワーじゃなかったら一体何なのだろう。…

【速報衝撃】日本政府から 緊急検査!秋篠宮パニック。

  小室夫妻がニューヨークに行って2ヶ月目に突入していますが日曜日にはデートをしたりと小室圭は司法試験の勉強を頑張っているとは到底思えないですよね。 もう日本に帰国する気なのか他の仕事先を紹介してもらっているのかどうなるんでしょうね。ちなみに宮内庁が来年度の予算で秋篠宮家の皇族費をちゃっかり眞子さんの分も含めて要求していましたよね。 あれでどうなるのかなと思ったら915万円減額されたと報道されていましたね。さらに皇籍離脱後の皇族の分は月割で返還することが法律で決まっているようです。 それで眞子さんの分として受け取った今年度のお手元金にあたる金額はすでに国に返却したようです。 バレなかったら皇族費も貰ってたんでしょうね。まぁ皇籍離脱後のお手元金は月別で返還したということですが小室圭のマンションとかニューヨークでの警備費用とかそういった無駄に使われた警備費用も返却してもらわなければいけないんですけどね。 それと一般人に弁護士を付けたりしたけども宮内庁が立て替えた弁護士料とかも返却してもらいたいですね。 それと外務省の予算の8億円もきちんと説明してほしいですね。それと秋篠宮家と美智子さまの会計監査をして留学したときとかいろいろとお金の流れをしっかりと調べてもらいたいですね。 ちなみに実は天皇陛下が皇太子だった頃に実は皇室の会計監査をいれようという事があったようです。それで美智子さまや秋篠宮さまがマスコミとタッグを組んで廃太子運動が行われたようです。 雅子さまが病気で公務を休みがちということと天皇陛下が雅子さまをかばったから廃太子運動に繋がったというのもありますが雅子さまは公務を休んでいるのではなくて実際には美智子さまが妨害して公務に出席できなかったようです。 このやり口が週刊誌でも報道されたようです。まぁそもそもほとんどが公務でもなんでもなくて美智子さまがバイトご公務で見つけてきたものばかりだったからやらなくていいものばかりだったんですけどね。 それが今では公務の担い手がいないから女性宮家だと叫んでいるわけです。まぁマスコミを使うと言えば櫻井翔さんを赤坂御用地によく招待していたということですがお父さんが電通の副社長かなんかでいろいろとマスコミを操作することなんて簡単なんでしょうね。 あの炎上発言も何もなかったかのように北京五輪のキャスターに抜擢されていましたからね。さすが電通の副社長は強いですね。 あれだけ炎上しても北京五輪のキャスターに抜擢できるわけですからね。それにしてもそもそもおかしな話として秋篠宮さまは子供の頃からお兄さんと同じように育てられてきたわけですよね。 それなのになぜこれだけ性格がちがうというかしつけがなっていないのか。今では皇嗣という地位を作って皇族費も3倍の9150万円もらい公務も謝礼付きという美味しいとこ取りをしましたよね。 これは現在と天皇陛下と同じように育てられていたらこんな大人になることはなかったわけです。つまり秋篠宮さまは最初からしつけが悪いこともに育てようとしたのではないかということですね。 いくらヤクザの子供でも育ての親が良ければいい子に育ちますよね。頭もいい大人になっていたと思います。つまり最初からこいつは俺の子じゃないからと何もしつけとか礼儀とかそういうことを教え込まれなかった可愛そうな子供なのかもしれません。 実際秋篠宮さまのお父さんは安西孝之さんではという話も以前の動画でアップしました。さらに皇族には生まれた時にそれぞれお印があるのですが秋篠宮さまは栂ですよね。 この栂というのは昔罪人を火あぶりの刑にするために使われた木だと言われています。もう秋篠宮さまもそのことにはさすがに気付いているでしょう。 恐らく大人になってからネットも検索時代になり気付いたのではないでしょうか。大学時代ぐらいまではやんちゃレベルだったかもしれませんが大人になってからそれを知って今はグレているのではないでしょうか。…

【速報衝撃】離婚の危機

  相次ぐイベント 秋篠宮殿下の誕生日会見や、愛子さまのティアラ姿と、日本でもニュースが連発したここ数日。NYでの新婚生活を始められた、小室圭さん眞子さん夫妻について、とてもユニークな情報を手に入れました。 その前に、小室夫妻について再度振り返ってみましょう。 小室夫婦は先日、仲睦まじい姿がパパラッチされ、幸せを噛み締めながらニューヨークでの自由の身を心より堪能しているようです。 一方、日本において一部報道では、早速、圭さんの来年2月の再試験を不安視するような声があがっています。というのも、小室さんの生活ぶりを見ていると、とても“受験生”には思えません。 小室圭さんは司法浪人生という立場でもありますから、彼のすべきことは“勉強”です。来年2月の再試験に向けて、「勉強はいつしているのか?」「本当に受かるのか?」「そもそも受験資格があるのか?」など、様々な憶測が飛び交っております。これらの不安視する声を少しでも和らげ、新婚生活の本当の意味でのスタートラインに立つには、圭さんが来年2月の再試験に合格することが最低条件となりそうです。 そんな中、宮内庁において水面下では「もし、圭さんが再試験に不合格だったら?」という場合に備えて、小室夫婦の生活をどのように支えていくのかを思案中であるといいます。 再試験に不合格となった場合、皇室にとっても宮内庁にとっても、最も避けたいケースが、“小室夫婦の離婚”です。今のところ、悲劇のヒロインとして、頭がお花畑状態となっている眞子さんのことですから、「試験なんて私の圭なら楽勝」とお考えのはず、当然不合格となるようなケースは考えもしないことでしょう。 しかし、もし圭さんが再試験すらクリアできなかった場合、眞子さんも流石に目が醒めてしまう可能性もあります。そんな場合を想定しなくてはならない中、当チャンネルの主宰者である佐川さんの部下からとてもユニークな情報を掴みましたので、ご報告させてください。 眞子さんが出戻ると     この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 もともと受験資格がない可能性がありますよね。多分不合格ですよね。観光ビザで渡航してるのでは、って噂もあるし2月に戻ってくるのかどうか、戻ってきて欲しくはないですよね。どうせ飛行機代からOW青山貸し切りまで外務省の丸抱えなんだろうから。 kkはもしもフォーダム大学奨学金問題と入学問題も含めても「不正」が公になったら日本に帰って来る可能性はあるね。その時日本政府はどうするのかなぁ?庇うのかなぁ?引き渡すのかなぁ? 日本に帰ってきて又同じような護衛なら。問題と批判は覚悟だね それ以上に今度はa宮は逃げれないし971庁の責任は大きくなると思う。 普通に落ちる可能性が高いんだろうけど、何らかの仕事をあてがわれるに決まってる。善光寺のトップにお目通りしたことあるけど、全然品格感じない爺さんだったよ。生き仏だから拝めっていうんだけど、全然そんな感じじゃなかった。その後のマスコミ騒がせた事件も、さもありなんって感じだった。 「あまそう」?「にそう」が一般的読み方の筈。ところで、国際基督教大学卒業生が仏教の尼僧になる?この夫婦に関しては、何が起こっても不思議ではないのかもしれない。…

小室夫妻日本帰国の日は近い?

  11月に、NYへ移住し、新生活をスタートさせた小室圭さんと眞子さんですが、早くも、日本に戻ってくるのではないか?といった噂がなされているようです。「NEWSポストセブン」は、小室夫妻の日本帰国の日は意外と早いのではないか?として次のように報じています。 小室夫妻の懐具合を心配する声があがり、いつしかそれが、早めの帰国説となって、宮内庁関係者の間で囁かれているという。 「眞子さん圭さんには、NYに支援者もいると言われています。彼ら“スポンサー筋”のサポートを受けることで生活水準をキープすることも可能でしょう。ただ、異国で初めての結婚生活、今後はそこに育児も加わるかもしれない、そう考えると、ご無理をされないほうがいい、という考えになっているようです」 眞子さんには、1億円近い貯金があるとも噂されていますが、一方で、小室圭さんは、フォーダム大学留学のために数千万円程度の借金を抱えておりました。2月のNY州司法試験に小室圭さんが合格すれば、弁護士として年収2000万円ほどの賃金を得られるとみられていますが、仮に不合格となった場合、その場で解雇となる可能性も高いと報じられています NY現地では、小室圭さんが職場の仲間とパブで飲んでいる様子や、眞子さんとデートを楽しむ様子なども写真付きで報じられており、とても2ヶ月後に重要な試験を控えた身であるとは思えないような呑気な生活を続けているようです。 宮内庁は、お二人の早期帰国を想定 一部ネットメディアでは、「すでに小室圭さんは、司法試験合格を諦めているのでは?」などとも報じられており、先の「NEWSポストセブン」の記事によると、宮内庁は、お二人の早期帰国も想定して準備を進めているそうです。 そこで、最初に課題となるのがお二人の住む住居ですね。結婚前に小室圭さんが帰国した際には、渋谷区の高級マンションに滞在したのですが、これは「税金の無駄使いだ」と大変な批判を浴びることとなりました。 そこで、現在、お二人の日本帰国後の住居として候補に上がっているのが現在、仮邸として使用されている秋篠宮邸のようです。「秋篠宮邸は、現在改修工事が進められていますが、来年には、改修工事が完了し、ご一家は揃って、本邸へ戻られるようです。 そこで、現在ご一家が使用されている仮邸は空き家となるのですが、万が一小室夫妻が早期に日本に帰国した場合、空き家となった仮邸にお二人を住まわせるという計画も考慮に入れているようです」なぜ、マンションを借りるのではなく、わざわざ赤坂御用地内の仮邸に住まわせるのでしょうか?そこには、秋篠宮家の財政難も関係しているようです。 「今後、悠仁さまは高校へ進学され、その後大学受験となりますが、週刊誌等でも報じられているように、悠仁さまは事実上の裏口入学となりますので、そこには多額の資金が必要になります。 キコさまの最終目標は、悠仁さまを初の“東大出身天皇”とすることだとされていますが、仮に、東京大学に裏口入学で悠仁さまを進学させようとするなら、まさに莫大な資金が必要になるでしょう。そのため、キコさまは、“少しでも余分なお金を残しておきたい”と考えられているはずです。  

破談確定 !!各校が続々“悠仁さま入学拒否“

  一難去ってまた一難の秋篠宮家 これまで、長い期間、長女・眞子さんの結婚問題が話題となり、多くの国民から批判をされてきた秋篠宮家ですが、10月に、眞子さんは小室圭さんと結婚。これで、国民からの批判も収まるかと思いきや、現在では、また違った問題により、批判がなされているようです。 特に、週刊誌等のメディアが話題にしているのが、長男・悠仁さまの高校進学の問題です。悠仁さまの通われているお茶の水女子大学附属中学校は、中学までは共学なのですが、高校からは女子校となるので悠仁さまは高校進学時に、他校を受験する必要があります。 ですが、どうやら、悠仁さまは、キコさまが望まれるようなレベルの高校に進学できるだけの学力に達しておられない、ということで、裏口入学を画策されているのではないか?と話題になっているのですね。 繰り返される悠仁さまの裏口入学 悠仁さまは、お茶の水幼稚園に入園されて以来、エスカレーター式で、小学校、中学校へと進学されたのですが、お茶の水幼稚園も、研究者の子女を対象にした「特別入学制度」にて入学していますので、受験を経験されたことは一度もありません。 この「特別入学制度」も、どうやら、制度の創設以来、実際に利用してお茶の水幼稚園に入園したのは、悠仁さまのみということで、これも事実上、お茶の水女子大学の特別研究員であったキコさまが、悠仁さまを入園させるために作らせた制度だったのですね。 ほとんどの週刊誌等のメディアでは、「特別入学制度は、悠仁さまをお茶の水幼稚園に入園させるために作られた制度なのではないか、と噂されている」などといった具合に曖昧な表現をしていますが、入園したのが悠仁さまお一人なのですから、「悠仁さまを入園させるために新設した制度だった」と断定してしまっても何の問題もないでしょう。実際に、この制度は、悠仁さまが入園した後に、特にこれといった理由もなく廃止されています。 また、悠仁さまの高校進学の問題について報じられる際に、必ずと言っていいほど話題となる、筑波大学とお茶の水大学との間で、両校附属校の生徒の数名が進学のタイミングで交換入学ができる「提携校進学制度」に関しても、「悠仁さまを筑波大学の附属校に入学させるための制度」であると断定していいように思えます。 というのも、この制度は、悠仁さまの中学校進学の直前に創設されたのですが、実際に、この制度を利用して筑波大学の附属校、または、御茶ノ水女子大学の附属校に入学した生徒は皆無なのですね。 おそらく、学校側としては、悠仁さまを筑波大学附属中学に入学させた後に、先のお茶の水幼稚園の「特別入学制度」同様に、さっさと廃止してしまう予定だったのでしょう。 筑波大学は、悠仁さまの受け入れに抵抗….   この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 『低学歴天皇は嫉妬しないで!あなたの様な学習院卒とは違うのですよ』あれ?紀子さまも学習院大学卒ですよね?秋篠宮殿下も学習院大学卒ですよね?御自分たちの出身大学をお忘れですか?それでは御自分たちも低学歴って言っている事に気がついていないのでしょうか?それに悠仁さまは、まだ東大に合格したのではなく高校受験の真っ只中ですよね?天皇陛下に学歴マウント取るなら、御自分の学歴と悠仁さまが実力で東大に入ってからにした方が良いですよ!東大受験失敗して浪人でもしたら『義兄(KK)とお揃い』ってバカにされちゃいますよ! 筑波大学の学長は、現在でも「一定の学力と成績基準に到達しなければ、入学は許可できない」と考えているそうで…これぞ教育者の鏡です。例えA宮家だろうと、他の受験生と同じスタートラインに並ばせるのは当たり前です。それにしても、紀子さんは何故そんな悪知恵ばかり考えるのでしょうか?ある意味、佳子さんは上智大学を自力で受け落ちても、あっぱれでしたね? 超進学校出身者が世間から一定の尊敬を受けるのは、彼らが正当に難関試験を突破し、そして卒業したからですよね。だからこそ世間も「すごい」と評価するし、彼らも母校や交友を誇りに感じることができる。ですかA宮妃は不正な方法で、本来はそこに所属する資格もないのに、息子をその学校に所属させ、世間からの名誉を得ようとする。 https://www.youtube.com/watch?v=wqCqrUUYhH0&ab_channel=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%99%82%E4%BA%8B%2FNewsCommunity

【速報衝撃】小室佳代さん「詐欺罪」で刑事告発は最終局面へ。

  秋篠宮家長女の眞子さまと小室圭さんのご結婚が間近に迫る中、小室さんの母・佳代さんが詐欺罪で刑事告発された。ここに1通の「告発状」がある。そこには、《被告発人 小室佳代》とあり、続けて被告発人の所為は、いずれも刑法第146条1項の詐欺罪に該当するので徹底捜査の上、厳重に処罰されたい》 こう書かれている。佳代さんを詐欺罪で告発した刑事告発の文書だ。佳代さんには、遺族年金と傷病手当の不正受給という疑いがあるのだ。それだけではない。この告発状には《上記書類をお預かりしました。令和3年10月6日 東京地方検察庁文書課》というハンコがしっかりと押されている。 「刑事告発はまず『預かり』という段階を経て、それから受理か不受理かの審査に入ります。そもそも持ち込まれる告発案件は膨大なので、事件化の見込みのない案件は『預かり』さえ拒否されることも多い。そうならなかったということは、検察は『捜査する必要がないと思っていない』ということでしょう」(全国紙記者) 愛息の結婚を目前に控えたタイミングで、刑事告発されるとは佳代さんにとっては、青天の霹靂だっただろう。ようやく一人息子が帰国して3年2か月ぶりの再会を果たし、10月26日に内親王の眞子さまと結婚することも公式に発表され、いずれは、国民の目を離れて米ニューヨークで晴れやかにセレブ生活を……。刑事告発の衝撃は、そんな目論見を打ち崩す可能性さえある。 一般的に考えてみても、婚約相手の親が入籍直前に刑事告発されて、何も感じない人はいないはずだ。それが、“皇族のフィアンセ”の母親となれば、その驚きは家庭内だけではなく、日本中に広がることになる。 2.この期間の受給が詐欺に当たるという。「詐欺は時効が10年なので、不正受給期間の約20年間のうち、10年ほどの罪を問うことはできないでしょう。それでも1300万円ほどの返金の義務が生じますし、それに応じていないと刑事事件の対象になり得ます」そう言って、篠原さんはこう付け加える。 「遺族年金には、18才未満の子供がいると加算される制度があります。圭さんが18才になるまでの間は圭さんの分も支払われたので、圭さんも無関係とはいかないですよね」 もう1つの傷病手当については、洋菓子店を休んでいる間に、軽井沢で給与を得ていたかどうかは問題ではないと篠原さんは主張する。 「専門家にヒアリング調査したところ、“働けるほど回復していたという事実”の方が重要なのだそうです。佳代さんは洋菓子店に正規雇用されていて、傷病手当を300万円以上受給していたことから、これは明確に詐欺が成立します」 そう認められれば、佳代さんは遺族年金約1300万円と、傷病手当約300万円を、返金しなくてはならなくなる。篠原さんは今回の告発の内容に自信を見せるが、それは“前例”がすでにあるからなのかもしれない。 「大阪で2011年、傷病手当金の詐取を図ったイベント企画の会社経営者ら3名が逮捕される事件が起きました。打撲によって働けなかったと虚偽の申請をしながら、別の場所でイベントコンパニオンとして働いていた。このときは、健康保険協会が刑事告訴して逮捕されたのです」(前出・光嶋さん) つまり、傷病手当詐欺が刑事事件になったケースはすでに存在しているということだ。   この記事みなさんはどう思われましたか。ではこのニュースについて国民の声を聞いていきましょう。傷病手当詐欺はたまにありますが、バレたらまず利息付けて返納させられ返さなかったら訴訟起こされます。もらってるのわかってて他で働くことは明確に詐欺に当たるので、返還できなかったら刑事告訴もされる可能性大です。 息子も、弁護士事務所で働いていたのなら、少なからず、知っていた事になる。それを黙っていたとなると、悪質ではないか。篠原さん、頑張って証拠を、集めて下さい。警察も数々の噂があるのだから、調べてほしかったが、忖度ですかね? せめてこの件の白黒はっきりするまで結婚は延期すべきでは?疑惑の段階であっても、疑惑がある事自体が問題です。これで結婚を強行すれば、疑惑は黒だからそれがバレる前に既成事実を作って後戻りできないようにしたと思われても仕方ないのでは。国民の祝福が欲しいのなら潔白の証明が必須です。国民にどう思われても痛くも痒くもないわってこどですよね?  …

衝撃の新事実 論文は不正 弁護士は嘘 恐ろしい真実が明らかに

小室圭がニューヨークの司法試験不合格が全世界に発信されてしまいましたね。フォーダム大学で奨学金を貰って司法試験に不合格だったのは史上初の出来事だったようです。 みに小室圭は1年目も全学年でただ一人の奨学金全額免除を獲得していますが実は2年めも学費役650万円免除の奨学金を獲得しています。 これはフジテレビのグッディーでも報道されていて留学生で奨学金を獲得するのは100人に1人でニューヨークの司法試験に合格するよりも難しいそうです。これは小室圭本人から奥野総合法理事務所に連絡があって判明したようです。奨学金の審査に通ったと弁護士事務所に連絡が入ったようです。この奨学金は返済も不要なようです。ニューヨーク州の弁護士資格もある徳永氏がこの奨学金の獲得について解説していました。 JDコースの学生は約400人でそのうち99人はアメリカ人で授業料全額免除の奨学金を獲得するには成績だけでなくリーダーとしての素質なども評価されるようです。400人の学生の内に留学生は4人です。恐らく例年そのぐらいなのでしょう。だから留学生で100人に一人しか奨学金を獲得できないということなので25年に一人しか奨学金をゲットできないぐらいの快挙だったわけですね。 だからこの時の会話で司会の安藤優子さんがそれなら弁護士試験に受かったも同然ですねと答えていました。奨学金というのもたくさん種類があり全額というのはそもそも凄く珍しいようです。ちなみに付加情報として大村正樹さんがニューヨークの弁護士資格を取ったら日本の事務所に戻って働いてもらうことが前提になっているようです。 次にYouTubeで見てください

眞子極秘出産!子供1歳8ヶ月?一同呆然

  秋篠宮さまの56歳の誕生日会見で反論するための基準づくりという発言がありましたね。これは皇族の名誉や尊厳を害する場合には不敬とされる行為の実行により成立する犯罪の不敬罪を復活させると思わせる発言がありましたね。ただ秋篠宮さまは私自身それほど週刊誌を読む方ではありませんがと断りつつも非常に傾聴すべき意見も載っていますと答えられていますね。   まぁ将来は悠仁さまを天皇にと考えているからここで小室夫妻のように文書解答や短めに打ち切ったりしたら駄目と考えての対応だったのかもしれませんね。質問は全5問だったようですがテレビカメラの撮影が許されたのは最初の3問までだったようです。ただその3問は全て眞子さんに関する質問だったようです。       まぁ普通なら自分の娘が結婚したんだから祝福の言葉の一つも出てくるものですが流石に今回は駆け落ち婚のような形になったので祝福するようなコメントはなかったようです。納采の儀とか儀式を行わなかったのも秋篠宮さまの判断で行わなかったとはっきりと言いましたからね。中学生までは眞子さんと秋篠宮さまは仲が良かったんですけどね。中学3年制の頃に秋篠宮さまが立ち上げた学会のシンポジウムや公務に眞子さんを5回もお連れになっているようです。 それにしても話題が尽きないですね。もうこの問題はやはり逮捕者が出ないことには落ち着くことはないでしょうね。みなさんは誰が先に逮捕されると思いますか。最後までご視聴いただきありがとうございました。これからも皇室の気になるニュースをお届けしますのでチャンネル登録をよろしくお願いします。また次の動画でお会いしましょう。

【速報衝撃】悠仁へお茶の水女子の保護者からも敬遠され、真実味を増す“ご学友ゼロ”疑惑

  1。悠仁さまと罰則付き報道規制 現在、秋篠宮家の長男・悠仁さまの高校進学の問題が注目を集めていますが、それと同時に、週刊誌等のメディアでは、悠仁さまの小学校や中学校での過ごし方などについても報じています。 これまで、悠仁さまの私生活に関しては、厳しい報道規制が行われ、幼少期からそのお姿がTVメディア等で報じられ、多くの国民から見守られてきた愛子さまとは対照的に、そのお姿がTV等で映されることは稀でした。   ジャーナリストの上杉隆氏は著書『ジャーナリズム崩壊』にて、宮内庁が悠仁さまのプライベートなお姿について報じることを厳しく規制する「罰則付き報道規制」の通達を行ったことを暴露しましたが、悠仁さまが中学3年生となった現在でも、この罰則付き報道規制は続いているようです。 ネット上では、「学校に通っていないのではないか?」などと噂されることもある悠仁さまですが、実際に、その学校生活でのご様子は一度も報道されたことがありません。 そんな悠仁さまですが、現在、お茶の水女子中学校の生徒や保護者らからは、すこぶる評判が良くないようです。「WEB女性自身」は次のように報じています。 秋篠宮家の事情に詳しい関係者が悠仁さまの近況を明かした。 「実は、悠仁さまは最近、粗暴な言動が増えているというのです。ご自身の行動を他人から注意されると、色をなして言い返し、ときには口にするのもはばかられるような暴言を口にされることもあるといいます。 もちろん、中学3年生の男子生徒であれば、言動が多少荒々しくなるのも、仕方がないでしょう。ただ、そういった言葉づかいをされると知った同級生の保護者の中には、『あまり付き合いを深めないように』と言い聞かせている方もいると聞きました」 このように、周囲の生徒や保護者から距離を置かれる様子は、ご学友皆から、愛され、尊敬されていたという愛子さまとは全く対照的です。   2。ご学友ゼロの悠仁さま このように、悠仁さまの周囲にご学友が寄り付かないといった状況は、中学校に進学した現在のみならず、小学校時代から同様だったそうです。2019年に出版された「週刊新潮」では、悠仁さまにご学友がいらっしゃらないとして次のように報じています。 天皇陛下も、将来のお世継ぎである悠仁さまの御身をひたすら案じておられるという。 現在、お茶の水女子大附属小学校の6年生でいらっしゃる悠仁さまは、 「学校での生活はともかく、ご自宅にお招きするような、個人的に親しくされているご学友が見当たりません。これは同級の親御さんが“お怪我でもさせたら”と案じ、自身の子供を近づかせないようにしているといった事情もあるのですが、庁内では『学習院を選んでいれば、こんなことはなかったのに』といった落胆の声がしきりに聞かれます」 果たして、何故悠仁さまには、これほどご学友が寄り付かないのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は次のように事情を説明してくれました。 「紀子さまは、ご誕生以来、悠仁さまを非常に大切に育ててこられました。悠仁さまが望むものはなんでも買い与えるなど、徹底的に甘やかして育て、周囲の職員なども、悠仁さまの機嫌を損ねないよう、細心の注意を払うというようなあ、ある種異様な空気まで漂うほどでした。…

美智子さま とんでもない 重大疑惑‥‥

  現在の外出自粛ムードに最も辟易しているのは、ほかならぬ美智子さまです。日本経済新聞によれば、「転居後から微熱が続いているほか、手のこわばりや睡眠の乱れ」もあるといいます。かつてのお茶会は長らく開かれず、眞子さま達身内を除けば、6月中旬に宮内庁参与が挨拶に訪れたのが唯一の来客であったといいます。当時から、美智子さまは東宮家よりも秋篠宮家がお気に入りでした。 もちろんその理由は雅子さまの存在が気になってしょうがなかったからですが、雅子さま憎ければ愛子さまも憎しもいった側面もありました。特に愛子さまの容姿への批評が凄かったことは、宮内庁内部でも有名です。毎週のように開かれるお茶会では、次のようなご発言が美智子さまから聞かれました。 「愛子さんは雅子さんに似て顔面のレイアウトが崩れていますね」「愛子さんの胴回りは誰に似たのでしょうか」この発言を受けた取り巻きが、「愛子さまは美智子さまとは似ていらっしゃいませんが、視力の悪い方からすれば愛嬌のある顔でございますよ。もちろんこれは美智子さまの原因ではございません。眞子さまと佳子さまはとてもお美しく育ってございます」と述べました。 そして、この発言を受けた美智子さまは次のように答えられたのです。「佳子が一番、私と似ていて美しいですね。佳子と眞子は間違いなく私の孫です。でも愛子の母は雅子さんですからね。彼女のことですから、どこで男を作っていることやら…それくらい愛子の体型や顔は黄金比から離れていますね」 まさに、とんでもないご発言といえます。 ところで愛子さまと言えば、少し前に「激やせ」が騒動になりました。週刊誌は行き過ぎたダイエットや拒食症が原因と騒ぎ立てていましたが、その原因の一つには、美智子さまによる「陰湿な陰口」を気にされたことが挙げられます。愛子さまが精神的に悩まれたことが大きなウェイトを占めているのではないでしょうか。いうまでもなく、愛子さまは心優しい方です。 たとえ祖母の美智子さまから罵雑言を言われていようとも、愛子さまにとって美智子さまは愛すべき祖母と思っていることでしょう。愛子さまほど弱者の心を知り、優しく寄り添える方はいないのですから。以上が1つ目の記事の内容です。皆さんはどのように感じましたか?本当に、当時の愛子さまが激痩せされた姿には、多くの国民が心を痛めたと思います。 皇室ブログ等でかつてのいきさつを知るにつけ、雅子さまや愛子さまの加害者黒幕が国民の敬愛を集める上皇后であったと知った国民も多かったのではないでしょうか。それだけ普段からマスコミや報道の影響は大きく、民衆は踊らされているのだと思います。美智子さまは愛子さまを誹謗中傷されていますが、愛子さまはとても可愛らしいお顔立ちをしていると思いますよね。。。     ご通常の日を待ち望む同級生たちの思いも、ますます凛出ているといいます。以上が2つ目の記事の内容です。まさに、両殿下の良いところを受け継いでいるなぁと感じますよね。真面目で勉強熱心なご一家ですし、きっと親の背中をしっかりと見て育っているからだと思います。愛子さまにはご学友の存在や先生方の高い評価が伝わってきますし、何よりご本人の映像を見てそこに偽りのないことが国民には分かります。 その反面、秋篠宮家の悠仁さまなどはそれらが、皆無であり、時折出る映像を見ても親がビッタリ寄り添い、何事も促していて優秀さは申し訳ないですが感じられないですよね。それなのに、突然大人顔負けの工作や作文が出てきて驚かされることがあります。 秋篠宮家は悠仁さまをどうにか偏差値の高い大学に入れようと必死ですが、天皇となるべき方に必要なのは学歴ではありませんよ。天皇陛下の文才と、皇后陛下の英語力及び国際性をしっかり受け継がれている愛子さまこそ、次の天皇陛下にふさわしいといえそうですね。「やはり、愛子さまの女性天皇即位を望みたい」