Month: January 2023

早く追い出せ! 美智子の絶叫 紀子の焦り

このように秋篠宮殿下に対して、非常に積極的に迫ってこられた紀子さまに対し、美智子さまなどは大変な不快感を示されたそうです。「このように紀子さまが、秋篠宮殿下のお部屋に入り浸っておられることを知った美智子さまは、大変憤慨されたご様子で“あの女を追い出せ”と絶叫されることもありました。記事の一部を引用してお伝えします。 平成と令和の二つの時代を股に掛けた大恋愛、小室圭さんと眞子さんの結婚。小室圭さんがニューヨーク司法試験に合格したが、会場に12本の鉛筆を持ち込むなど不自然な行動が目撃され、現在、アメリカ捜査当局が監視カメラの映像などを押収し捜査中です。ことの次第によっては、小室圭さんの合格剥奪のみならず、国外退去処分もありえる重大問題に発展しようとしています。

あの方は 〇〇だから きっと…

『雅子さまの何事もいい加減にできない性格が垣間見えた瞬間』という容でお届けいたします。非常にまじめな性格の雅子さまですが、そんな雅子さまの真面目さが垣間見えた瞬間があったそうです。今回はそのことについてご紹介します。 皆さんこんにちは。どうぞよろしくお願いいたします。記事の一部を引用してお伝えします。 皇太子殿下のお妃となる女性はどなたなのか。その有力な候補は、 雅子さまでした。雅子さまとのご結婚が決まる前、 私は殿下がよく雅子さまのお話をされていたので、雅子さんのことは知っていました。

愛子にも 天皇になれる 教育を・・・ 皇嗣家崩壊!!!

今回は美智子さまが皇室の未来について雅子様に一言眞子様反発で講師や崩壊という内容でお届けいたします。さまざまな問題を抱えている皇室ですがそんな中美智子さまが皇室の未来について雅子様に一言おっしゃったそうです。いったいどういうことなのでしょうか。さっそく見ていきましょう。皇位継承が2名いらっしゃる秋篠宮家長男悠仁さまは次世代のテンノー後継者として今後の皇室を担う存在です。

突然発表 国際問題か!? ベルギー王女 悠仁に大激怒!

ベルギー王女との懇談ですが、どうやら、紀子さまからの強い要望により実現したようです。「現在、悠仁さまは、作文コンクールでの盗作問題、筑附へのズル入学疑惑、期末試験の赤点報道などにより、国民からの評判はまさに地に堕ちてしまっている状態です。 このまま、国民からの評判が低下し続ければ、今後は、悠仁さまの皇位継承に反対する声が強まってくる可能性も十分に考えられる状況です。そうした中で、紀子さまは、なんとか悠仁さまの評価を高めようと画策されているのですが、そのための手段の一つが海外のVIPとの面会のようです。

誰もがびっくした。 ふざけるな! 天皇家侍従職ブチギレ!

橋下徹氏は、今回の試験合格に関して、「小室さんの人生ってすごい」「皇室の新しい姿」などと絶賛しているのですが、ニュースサイトのコメント欄では、こうした橋下氏の論評に関して、「違和感がある」「言ってることがメチャクチャ」といった批判意見が数多く書き込まれているようです。ハゼもメディア操作で賛美凄いけど、浮気しまくりだしサーヤも浮気の子だというのは有名な話。

宮内庁驚きの事実!! 悠仁さまを 溺愛する本当の理由

女性週刊誌で皇室記事は定番ですが、出版業界でも美智子さまは堂々たる“女帝”のようです。ところがこの『皇后陛下傘寿記念―皇后さまとご養蚕』が2014年に再刊されたとき、宮内庁では一筋縄ではいかない揉め事があったといいます。当時、宮内庁に務めていた小内誠一さんは次のように語ります。

“驚きの一言” !! 夫婦仲に亀裂入れた 性依存症..衝撃の告白!!!

秋篠宮さまは真偽は不明にせよ、「ヤンチャ・エピソード」に事欠きません。なかでも国民を驚かせたのは、すでに週刊誌などで「二十歳になった直後(1985年頃)に寛仁親王に連れられて銀座と新橋でハシゴ酒をした後、二人で仲良くソープランド(当時トルコ風呂)に行った」という耳を疑るエピソードです。 「室内に落ち着かれて、備えつけの館内案内のパンフを殿下と見ておりましたら、地下1階にディスコとソープランドがあることを知りました。殿下もまだお若いときですし、私が“ディスコやソープランドがありますね、社会勉強にごらんになりますか?”とおたずねすると、“ああ、見てみたいね”と気軽におっしゃって・・・」

とんでもないことを 言い始めた このあと、 信じられない行動に!

現在は、 いつも天皇陛下を支えておられる様子が報じられ様々なメディアも雅子さまを称賛していますが、 過去にはメディアの的外れな批判報道によって雅子さまが苦しまれていた時期がありました。 今回は そうした過去のメディアの雅子さまに対する批判報道が、 いかに的外れであったかが話題になっています。 その内容をお伝えしていきます。 あわせて、 素晴らしいと絶賛されている、 雅子さまが先日公表されたお誕生日文書についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。

久子さま強烈な一喝! 小室夫妻は 犯罪者です

小室夫妻のニューヨーク生活費のみならず、妊活代金まで負担することになった日本国民…。小室夫妻はどのような金銭的サポートを受けているのでしょうか? 「小室夫妻のニューヨーク生活のために年間8億円の警備費がかかっていると一部メディアで報じられていますが、これは『最大で年間8億円』という意味です。おそらく外交機密費から捻出されている警備費は年間5000万円程度だと考えられます」(同前・皇室ジャーナリスト)

悠仁・・・ お前に 天皇は無理だ

そのような、秋篠宮殿下の言動にも注目が集まる中、神道学者で皇室研究家の高森明勅さんは、殿下が将来天皇となる可能性は低い、という驚くべき見解を示し、物議を醸しているようです。 2020年から行われていた秋篠宮邸の改修工事が今年9月に終了した。神道学者で皇室研究家の高森明勅さんは「秋篠宮邸を、皇太子のお住まいである東宮御所並みに増築したために、関係費用の総額が約44億4600万円に上った。即位の可能性が低いにもかかわらず、秋篠宮殿下を皇太子同様に扱うのには無理がある」という。

小室圭が青ざめる! 小室圭は結婚詐欺師? 週刊誌が凄い暴露!

先月4月に2度目のNY州司法試験に不合格となり、今月5月中にも眞子さんと共に日本に一時帰国するのではないかとも噂されている小室圭さん。 元皇族の眞子さんの夫という立場から様々な恩恵を受けてきた小室圭さんですが、司法試験は無様に不合格。もはや、崖っぷちとも言える状況ですが、それでも国民からは厳しい批判の声が上がっています。 当然ながら、週刊誌等でも厳しい批判がなされているのですが、中でも現在、小室圭さんに対して、ひと際厳しい糾弾を行っているメディアが「週刊新潮」です。

一般参賀の裏で、 紀子さま激昂 「愛子より私が先に出ます!」

一般参賀に喜びの声3年ぶりとなる新年一般参賀が2日皇居宮殿で行われた新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2021年以降中止されていた今年は青年を迎えた天皇皇后両陛下の長女愛子さまも初めて出席されました 午前10時過ぎに行われた1回目の一般参賀では天皇陛下は次のように挨拶をされました新年おめでとうございます この3年近くにわたり新型コロナウイルス感染症の感染拡大などによって皆さんには多くのご苦労があったことと思います

天皇陛下大激怒! 世界激震 秋篠宮家去提訴…

先月から、夏休みに入っている秋篠宮家の長男・悠仁さま。下旬には、筑附の1年生を対象とした合宿行事「蓼科生活」に参加されたのですが「週刊女性PRIME」が、この合宿行事の様子を詳細に報じています。 夏本番を告げる、よく晴れた7月下旬のある朝。1台のマイクロバスが警察車両を引き連れて、“筑附”こと『筑波大学附属高校』の校門を出発した。 この日は、筑附の1年生が心待ちにしていた夏の学校行事『蓼科(たてしな)生活』の初日。その中にはもちろん、今年4月に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さまの姿もあった。