Month: December 2021

【速報衝撃】離婚の危機

  相次ぐイベント 秋篠宮殿下の誕生日会見や、愛子さまのティアラ姿と、日本でもニュースが連発したここ数日。NYでの新婚生活を始められた、小室圭さん眞子さん夫妻について、とてもユニークな情報を手に入れました。 その前に、小室夫妻について再度振り返ってみましょう。 小室夫婦は先日、仲睦まじい姿がパパラッチされ、幸せを噛み締めながらニューヨークでの自由の身を心より堪能しているようです。 一方、日本において一部報道では、早速、圭さんの来年2月の再試験を不安視するような声があがっています。というのも、小室さんの生活ぶりを見ていると、とても“受験生”には思えません。 小室圭さんは司法浪人生という立場でもありますから、彼のすべきことは“勉強”です。来年2月の再試験に向けて、「勉強はいつしているのか?」「本当に受かるのか?」「そもそも受験資格があるのか?」など、様々な憶測が飛び交っております。これらの不安視する声を少しでも和らげ、新婚生活の本当の意味でのスタートラインに立つには、圭さんが来年2月の再試験に合格することが最低条件となりそうです。 そんな中、宮内庁において水面下では「もし、圭さんが再試験に不合格だったら?」という場合に備えて、小室夫婦の生活をどのように支えていくのかを思案中であるといいます。 再試験に不合格となった場合、皇室にとっても宮内庁にとっても、最も避けたいケースが、“小室夫婦の離婚”です。今のところ、悲劇のヒロインとして、頭がお花畑状態となっている眞子さんのことですから、「試験なんて私の圭なら楽勝」とお考えのはず、当然不合格となるようなケースは考えもしないことでしょう。 しかし、もし圭さんが再試験すらクリアできなかった場合、眞子さんも流石に目が醒めてしまう可能性もあります。そんな場合を想定しなくてはならない中、当チャンネルの主宰者である佐川さんの部下からとてもユニークな情報を掴みましたので、ご報告させてください。 眞子さんが出戻ると     この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 もともと受験資格がない可能性がありますよね。多分不合格ですよね。観光ビザで渡航してるのでは、って噂もあるし2月に戻ってくるのかどうか、戻ってきて欲しくはないですよね。どうせ飛行機代からOW青山貸し切りまで外務省の丸抱えなんだろうから。 kkはもしもフォーダム大学奨学金問題と入学問題も含めても「不正」が公になったら日本に帰って来る可能性はあるね。その時日本政府はどうするのかなぁ?庇うのかなぁ?引き渡すのかなぁ? 日本に帰ってきて又同じような護衛なら。問題と批判は覚悟だね それ以上に今度はa宮は逃げれないし971庁の責任は大きくなると思う。 普通に落ちる可能性が高いんだろうけど、何らかの仕事をあてがわれるに決まってる。善光寺のトップにお目通りしたことあるけど、全然品格感じない爺さんだったよ。生き仏だから拝めっていうんだけど、全然そんな感じじゃなかった。その後のマスコミ騒がせた事件も、さもありなんって感じだった。 「あまそう」?「にそう」が一般的読み方の筈。ところで、国際基督教大学卒業生が仏教の尼僧になる?この夫婦に関しては、何が起こっても不思議ではないのかもしれない。…

小室夫妻日本帰国の日は近い?

  11月に、NYへ移住し、新生活をスタートさせた小室圭さんと眞子さんですが、早くも、日本に戻ってくるのではないか?といった噂がなされているようです。「NEWSポストセブン」は、小室夫妻の日本帰国の日は意外と早いのではないか?として次のように報じています。 小室夫妻の懐具合を心配する声があがり、いつしかそれが、早めの帰国説となって、宮内庁関係者の間で囁かれているという。 「眞子さん圭さんには、NYに支援者もいると言われています。彼ら“スポンサー筋”のサポートを受けることで生活水準をキープすることも可能でしょう。ただ、異国で初めての結婚生活、今後はそこに育児も加わるかもしれない、そう考えると、ご無理をされないほうがいい、という考えになっているようです」 眞子さんには、1億円近い貯金があるとも噂されていますが、一方で、小室圭さんは、フォーダム大学留学のために数千万円程度の借金を抱えておりました。2月のNY州司法試験に小室圭さんが合格すれば、弁護士として年収2000万円ほどの賃金を得られるとみられていますが、仮に不合格となった場合、その場で解雇となる可能性も高いと報じられています NY現地では、小室圭さんが職場の仲間とパブで飲んでいる様子や、眞子さんとデートを楽しむ様子なども写真付きで報じられており、とても2ヶ月後に重要な試験を控えた身であるとは思えないような呑気な生活を続けているようです。 宮内庁は、お二人の早期帰国を想定 一部ネットメディアでは、「すでに小室圭さんは、司法試験合格を諦めているのでは?」などとも報じられており、先の「NEWSポストセブン」の記事によると、宮内庁は、お二人の早期帰国も想定して準備を進めているそうです。 そこで、最初に課題となるのがお二人の住む住居ですね。結婚前に小室圭さんが帰国した際には、渋谷区の高級マンションに滞在したのですが、これは「税金の無駄使いだ」と大変な批判を浴びることとなりました。 そこで、現在、お二人の日本帰国後の住居として候補に上がっているのが現在、仮邸として使用されている秋篠宮邸のようです。「秋篠宮邸は、現在改修工事が進められていますが、来年には、改修工事が完了し、ご一家は揃って、本邸へ戻られるようです。 そこで、現在ご一家が使用されている仮邸は空き家となるのですが、万が一小室夫妻が早期に日本に帰国した場合、空き家となった仮邸にお二人を住まわせるという計画も考慮に入れているようです」なぜ、マンションを借りるのではなく、わざわざ赤坂御用地内の仮邸に住まわせるのでしょうか?そこには、秋篠宮家の財政難も関係しているようです。 「今後、悠仁さまは高校へ進学され、その後大学受験となりますが、週刊誌等でも報じられているように、悠仁さまは事実上の裏口入学となりますので、そこには多額の資金が必要になります。 キコさまの最終目標は、悠仁さまを初の“東大出身天皇”とすることだとされていますが、仮に、東京大学に裏口入学で悠仁さまを進学させようとするなら、まさに莫大な資金が必要になるでしょう。そのため、キコさまは、“少しでも余分なお金を残しておきたい”と考えられているはずです。  

破談確定 !!各校が続々“悠仁さま入学拒否“

  一難去ってまた一難の秋篠宮家 これまで、長い期間、長女・眞子さんの結婚問題が話題となり、多くの国民から批判をされてきた秋篠宮家ですが、10月に、眞子さんは小室圭さんと結婚。これで、国民からの批判も収まるかと思いきや、現在では、また違った問題により、批判がなされているようです。 特に、週刊誌等のメディアが話題にしているのが、長男・悠仁さまの高校進学の問題です。悠仁さまの通われているお茶の水女子大学附属中学校は、中学までは共学なのですが、高校からは女子校となるので悠仁さまは高校進学時に、他校を受験する必要があります。 ですが、どうやら、悠仁さまは、キコさまが望まれるようなレベルの高校に進学できるだけの学力に達しておられない、ということで、裏口入学を画策されているのではないか?と話題になっているのですね。 繰り返される悠仁さまの裏口入学 悠仁さまは、お茶の水幼稚園に入園されて以来、エスカレーター式で、小学校、中学校へと進学されたのですが、お茶の水幼稚園も、研究者の子女を対象にした「特別入学制度」にて入学していますので、受験を経験されたことは一度もありません。 この「特別入学制度」も、どうやら、制度の創設以来、実際に利用してお茶の水幼稚園に入園したのは、悠仁さまのみということで、これも事実上、お茶の水女子大学の特別研究員であったキコさまが、悠仁さまを入園させるために作らせた制度だったのですね。 ほとんどの週刊誌等のメディアでは、「特別入学制度は、悠仁さまをお茶の水幼稚園に入園させるために作られた制度なのではないか、と噂されている」などといった具合に曖昧な表現をしていますが、入園したのが悠仁さまお一人なのですから、「悠仁さまを入園させるために新設した制度だった」と断定してしまっても何の問題もないでしょう。実際に、この制度は、悠仁さまが入園した後に、特にこれといった理由もなく廃止されています。 また、悠仁さまの高校進学の問題について報じられる際に、必ずと言っていいほど話題となる、筑波大学とお茶の水大学との間で、両校附属校の生徒の数名が進学のタイミングで交換入学ができる「提携校進学制度」に関しても、「悠仁さまを筑波大学の附属校に入学させるための制度」であると断定していいように思えます。 というのも、この制度は、悠仁さまの中学校進学の直前に創設されたのですが、実際に、この制度を利用して筑波大学の附属校、または、御茶ノ水女子大学の附属校に入学した生徒は皆無なのですね。 おそらく、学校側としては、悠仁さまを筑波大学附属中学に入学させた後に、先のお茶の水幼稚園の「特別入学制度」同様に、さっさと廃止してしまう予定だったのでしょう。 筑波大学は、悠仁さまの受け入れに抵抗….   この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 『低学歴天皇は嫉妬しないで!あなたの様な学習院卒とは違うのですよ』あれ?紀子さまも学習院大学卒ですよね?秋篠宮殿下も学習院大学卒ですよね?御自分たちの出身大学をお忘れですか?それでは御自分たちも低学歴って言っている事に気がついていないのでしょうか?それに悠仁さまは、まだ東大に合格したのではなく高校受験の真っ只中ですよね?天皇陛下に学歴マウント取るなら、御自分の学歴と悠仁さまが実力で東大に入ってからにした方が良いですよ!東大受験失敗して浪人でもしたら『義兄(KK)とお揃い』ってバカにされちゃいますよ! 筑波大学の学長は、現在でも「一定の学力と成績基準に到達しなければ、入学は許可できない」と考えているそうで…これぞ教育者の鏡です。例えA宮家だろうと、他の受験生と同じスタートラインに並ばせるのは当たり前です。それにしても、紀子さんは何故そんな悪知恵ばかり考えるのでしょうか?ある意味、佳子さんは上智大学を自力で受け落ちても、あっぱれでしたね? 超進学校出身者が世間から一定の尊敬を受けるのは、彼らが正当に難関試験を突破し、そして卒業したからですよね。だからこそ世間も「すごい」と評価するし、彼らも母校や交友を誇りに感じることができる。ですかA宮妃は不正な方法で、本来はそこに所属する資格もないのに、息子をその学校に所属させ、世間からの名誉を得ようとする。 https://www.youtube.com/watch?v=wqCqrUUYhH0&ab_channel=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%99%82%E4%BA%8B%2FNewsCommunity

【速報衝撃】小室佳代さん「詐欺罪」で刑事告発は最終局面へ。

  秋篠宮家長女の眞子さまと小室圭さんのご結婚が間近に迫る中、小室さんの母・佳代さんが詐欺罪で刑事告発された。ここに1通の「告発状」がある。そこには、《被告発人 小室佳代》とあり、続けて被告発人の所為は、いずれも刑法第146条1項の詐欺罪に該当するので徹底捜査の上、厳重に処罰されたい》 こう書かれている。佳代さんを詐欺罪で告発した刑事告発の文書だ。佳代さんには、遺族年金と傷病手当の不正受給という疑いがあるのだ。それだけではない。この告発状には《上記書類をお預かりしました。令和3年10月6日 東京地方検察庁文書課》というハンコがしっかりと押されている。 「刑事告発はまず『預かり』という段階を経て、それから受理か不受理かの審査に入ります。そもそも持ち込まれる告発案件は膨大なので、事件化の見込みのない案件は『預かり』さえ拒否されることも多い。そうならなかったということは、検察は『捜査する必要がないと思っていない』ということでしょう」(全国紙記者) 愛息の結婚を目前に控えたタイミングで、刑事告発されるとは佳代さんにとっては、青天の霹靂だっただろう。ようやく一人息子が帰国して3年2か月ぶりの再会を果たし、10月26日に内親王の眞子さまと結婚することも公式に発表され、いずれは、国民の目を離れて米ニューヨークで晴れやかにセレブ生活を……。刑事告発の衝撃は、そんな目論見を打ち崩す可能性さえある。 一般的に考えてみても、婚約相手の親が入籍直前に刑事告発されて、何も感じない人はいないはずだ。それが、“皇族のフィアンセ”の母親となれば、その驚きは家庭内だけではなく、日本中に広がることになる。 2.この期間の受給が詐欺に当たるという。「詐欺は時効が10年なので、不正受給期間の約20年間のうち、10年ほどの罪を問うことはできないでしょう。それでも1300万円ほどの返金の義務が生じますし、それに応じていないと刑事事件の対象になり得ます」そう言って、篠原さんはこう付け加える。 「遺族年金には、18才未満の子供がいると加算される制度があります。圭さんが18才になるまでの間は圭さんの分も支払われたので、圭さんも無関係とはいかないですよね」 もう1つの傷病手当については、洋菓子店を休んでいる間に、軽井沢で給与を得ていたかどうかは問題ではないと篠原さんは主張する。 「専門家にヒアリング調査したところ、“働けるほど回復していたという事実”の方が重要なのだそうです。佳代さんは洋菓子店に正規雇用されていて、傷病手当を300万円以上受給していたことから、これは明確に詐欺が成立します」 そう認められれば、佳代さんは遺族年金約1300万円と、傷病手当約300万円を、返金しなくてはならなくなる。篠原さんは今回の告発の内容に自信を見せるが、それは“前例”がすでにあるからなのかもしれない。 「大阪で2011年、傷病手当金の詐取を図ったイベント企画の会社経営者ら3名が逮捕される事件が起きました。打撲によって働けなかったと虚偽の申請をしながら、別の場所でイベントコンパニオンとして働いていた。このときは、健康保険協会が刑事告訴して逮捕されたのです」(前出・光嶋さん) つまり、傷病手当詐欺が刑事事件になったケースはすでに存在しているということだ。   この記事みなさんはどう思われましたか。ではこのニュースについて国民の声を聞いていきましょう。傷病手当詐欺はたまにありますが、バレたらまず利息付けて返納させられ返さなかったら訴訟起こされます。もらってるのわかってて他で働くことは明確に詐欺に当たるので、返還できなかったら刑事告訴もされる可能性大です。 息子も、弁護士事務所で働いていたのなら、少なからず、知っていた事になる。それを黙っていたとなると、悪質ではないか。篠原さん、頑張って証拠を、集めて下さい。警察も数々の噂があるのだから、調べてほしかったが、忖度ですかね? せめてこの件の白黒はっきりするまで結婚は延期すべきでは?疑惑の段階であっても、疑惑がある事自体が問題です。これで結婚を強行すれば、疑惑は黒だからそれがバレる前に既成事実を作って後戻りできないようにしたと思われても仕方ないのでは。国民の祝福が欲しいのなら潔白の証明が必須です。国民にどう思われても痛くも痒くもないわってこどですよね?  …

衝撃の新事実 論文は不正 弁護士は嘘 恐ろしい真実が明らかに

小室圭がニューヨークの司法試験不合格が全世界に発信されてしまいましたね。フォーダム大学で奨学金を貰って司法試験に不合格だったのは史上初の出来事だったようです。 みに小室圭は1年目も全学年でただ一人の奨学金全額免除を獲得していますが実は2年めも学費役650万円免除の奨学金を獲得しています。 これはフジテレビのグッディーでも報道されていて留学生で奨学金を獲得するのは100人に1人でニューヨークの司法試験に合格するよりも難しいそうです。これは小室圭本人から奥野総合法理事務所に連絡があって判明したようです。奨学金の審査に通ったと弁護士事務所に連絡が入ったようです。この奨学金は返済も不要なようです。ニューヨーク州の弁護士資格もある徳永氏がこの奨学金の獲得について解説していました。 JDコースの学生は約400人でそのうち99人はアメリカ人で授業料全額免除の奨学金を獲得するには成績だけでなくリーダーとしての素質なども評価されるようです。400人の学生の内に留学生は4人です。恐らく例年そのぐらいなのでしょう。だから留学生で100人に一人しか奨学金を獲得できないということなので25年に一人しか奨学金をゲットできないぐらいの快挙だったわけですね。 だからこの時の会話で司会の安藤優子さんがそれなら弁護士試験に受かったも同然ですねと答えていました。奨学金というのもたくさん種類があり全額というのはそもそも凄く珍しいようです。ちなみに付加情報として大村正樹さんがニューヨークの弁護士資格を取ったら日本の事務所に戻って働いてもらうことが前提になっているようです。 次にYouTubeで見てください

眞子極秘出産!子供1歳8ヶ月?一同呆然

  秋篠宮さまの56歳の誕生日会見で反論するための基準づくりという発言がありましたね。これは皇族の名誉や尊厳を害する場合には不敬とされる行為の実行により成立する犯罪の不敬罪を復活させると思わせる発言がありましたね。ただ秋篠宮さまは私自身それほど週刊誌を読む方ではありませんがと断りつつも非常に傾聴すべき意見も載っていますと答えられていますね。   まぁ将来は悠仁さまを天皇にと考えているからここで小室夫妻のように文書解答や短めに打ち切ったりしたら駄目と考えての対応だったのかもしれませんね。質問は全5問だったようですがテレビカメラの撮影が許されたのは最初の3問までだったようです。ただその3問は全て眞子さんに関する質問だったようです。       まぁ普通なら自分の娘が結婚したんだから祝福の言葉の一つも出てくるものですが流石に今回は駆け落ち婚のような形になったので祝福するようなコメントはなかったようです。納采の儀とか儀式を行わなかったのも秋篠宮さまの判断で行わなかったとはっきりと言いましたからね。中学生までは眞子さんと秋篠宮さまは仲が良かったんですけどね。中学3年制の頃に秋篠宮さまが立ち上げた学会のシンポジウムや公務に眞子さんを5回もお連れになっているようです。 それにしても話題が尽きないですね。もうこの問題はやはり逮捕者が出ないことには落ち着くことはないでしょうね。みなさんは誰が先に逮捕されると思いますか。最後までご視聴いただきありがとうございました。これからも皇室の気になるニュースをお届けしますのでチャンネル登録をよろしくお願いします。また次の動画でお会いしましょう。

【速報衝撃】悠仁へお茶の水女子の保護者からも敬遠され、真実味を増す“ご学友ゼロ”疑惑

  1。悠仁さまと罰則付き報道規制 現在、秋篠宮家の長男・悠仁さまの高校進学の問題が注目を集めていますが、それと同時に、週刊誌等のメディアでは、悠仁さまの小学校や中学校での過ごし方などについても報じています。 これまで、悠仁さまの私生活に関しては、厳しい報道規制が行われ、幼少期からそのお姿がTVメディア等で報じられ、多くの国民から見守られてきた愛子さまとは対照的に、そのお姿がTV等で映されることは稀でした。   ジャーナリストの上杉隆氏は著書『ジャーナリズム崩壊』にて、宮内庁が悠仁さまのプライベートなお姿について報じることを厳しく規制する「罰則付き報道規制」の通達を行ったことを暴露しましたが、悠仁さまが中学3年生となった現在でも、この罰則付き報道規制は続いているようです。 ネット上では、「学校に通っていないのではないか?」などと噂されることもある悠仁さまですが、実際に、その学校生活でのご様子は一度も報道されたことがありません。 そんな悠仁さまですが、現在、お茶の水女子中学校の生徒や保護者らからは、すこぶる評判が良くないようです。「WEB女性自身」は次のように報じています。 秋篠宮家の事情に詳しい関係者が悠仁さまの近況を明かした。 「実は、悠仁さまは最近、粗暴な言動が増えているというのです。ご自身の行動を他人から注意されると、色をなして言い返し、ときには口にするのもはばかられるような暴言を口にされることもあるといいます。 もちろん、中学3年生の男子生徒であれば、言動が多少荒々しくなるのも、仕方がないでしょう。ただ、そういった言葉づかいをされると知った同級生の保護者の中には、『あまり付き合いを深めないように』と言い聞かせている方もいると聞きました」 このように、周囲の生徒や保護者から距離を置かれる様子は、ご学友皆から、愛され、尊敬されていたという愛子さまとは全く対照的です。   2。ご学友ゼロの悠仁さま このように、悠仁さまの周囲にご学友が寄り付かないといった状況は、中学校に進学した現在のみならず、小学校時代から同様だったそうです。2019年に出版された「週刊新潮」では、悠仁さまにご学友がいらっしゃらないとして次のように報じています。 天皇陛下も、将来のお世継ぎである悠仁さまの御身をひたすら案じておられるという。 現在、お茶の水女子大附属小学校の6年生でいらっしゃる悠仁さまは、 「学校での生活はともかく、ご自宅にお招きするような、個人的に親しくされているご学友が見当たりません。これは同級の親御さんが“お怪我でもさせたら”と案じ、自身の子供を近づかせないようにしているといった事情もあるのですが、庁内では『学習院を選んでいれば、こんなことはなかったのに』といった落胆の声がしきりに聞かれます」 果たして、何故悠仁さまには、これほどご学友が寄り付かないのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は次のように事情を説明してくれました。 「紀子さまは、ご誕生以来、悠仁さまを非常に大切に育ててこられました。悠仁さまが望むものはなんでも買い与えるなど、徹底的に甘やかして育て、周囲の職員なども、悠仁さまの機嫌を損ねないよう、細心の注意を払うというようなあ、ある種異様な空気まで漂うほどでした。…

美智子さま とんでもない 重大疑惑‥‥

  現在の外出自粛ムードに最も辟易しているのは、ほかならぬ美智子さまです。日本経済新聞によれば、「転居後から微熱が続いているほか、手のこわばりや睡眠の乱れ」もあるといいます。かつてのお茶会は長らく開かれず、眞子さま達身内を除けば、6月中旬に宮内庁参与が挨拶に訪れたのが唯一の来客であったといいます。当時から、美智子さまは東宮家よりも秋篠宮家がお気に入りでした。 もちろんその理由は雅子さまの存在が気になってしょうがなかったからですが、雅子さま憎ければ愛子さまも憎しもいった側面もありました。特に愛子さまの容姿への批評が凄かったことは、宮内庁内部でも有名です。毎週のように開かれるお茶会では、次のようなご発言が美智子さまから聞かれました。 「愛子さんは雅子さんに似て顔面のレイアウトが崩れていますね」「愛子さんの胴回りは誰に似たのでしょうか」この発言を受けた取り巻きが、「愛子さまは美智子さまとは似ていらっしゃいませんが、視力の悪い方からすれば愛嬌のある顔でございますよ。もちろんこれは美智子さまの原因ではございません。眞子さまと佳子さまはとてもお美しく育ってございます」と述べました。 そして、この発言を受けた美智子さまは次のように答えられたのです。「佳子が一番、私と似ていて美しいですね。佳子と眞子は間違いなく私の孫です。でも愛子の母は雅子さんですからね。彼女のことですから、どこで男を作っていることやら…それくらい愛子の体型や顔は黄金比から離れていますね」 まさに、とんでもないご発言といえます。 ところで愛子さまと言えば、少し前に「激やせ」が騒動になりました。週刊誌は行き過ぎたダイエットや拒食症が原因と騒ぎ立てていましたが、その原因の一つには、美智子さまによる「陰湿な陰口」を気にされたことが挙げられます。愛子さまが精神的に悩まれたことが大きなウェイトを占めているのではないでしょうか。いうまでもなく、愛子さまは心優しい方です。 たとえ祖母の美智子さまから罵雑言を言われていようとも、愛子さまにとって美智子さまは愛すべき祖母と思っていることでしょう。愛子さまほど弱者の心を知り、優しく寄り添える方はいないのですから。以上が1つ目の記事の内容です。皆さんはどのように感じましたか?本当に、当時の愛子さまが激痩せされた姿には、多くの国民が心を痛めたと思います。 皇室ブログ等でかつてのいきさつを知るにつけ、雅子さまや愛子さまの加害者黒幕が国民の敬愛を集める上皇后であったと知った国民も多かったのではないでしょうか。それだけ普段からマスコミや報道の影響は大きく、民衆は踊らされているのだと思います。美智子さまは愛子さまを誹謗中傷されていますが、愛子さまはとても可愛らしいお顔立ちをしていると思いますよね。。。     ご通常の日を待ち望む同級生たちの思いも、ますます凛出ているといいます。以上が2つ目の記事の内容です。まさに、両殿下の良いところを受け継いでいるなぁと感じますよね。真面目で勉強熱心なご一家ですし、きっと親の背中をしっかりと見て育っているからだと思います。愛子さまにはご学友の存在や先生方の高い評価が伝わってきますし、何よりご本人の映像を見てそこに偽りのないことが国民には分かります。 その反面、秋篠宮家の悠仁さまなどはそれらが、皆無であり、時折出る映像を見ても親がビッタリ寄り添い、何事も促していて優秀さは申し訳ないですが感じられないですよね。それなのに、突然大人顔負けの工作や作文が出てきて驚かされることがあります。 秋篠宮家は悠仁さまをどうにか偏差値の高い大学に入れようと必死ですが、天皇となるべき方に必要なのは学歴ではありませんよ。天皇陛下の文才と、皇后陛下の英語力及び国際性をしっかり受け継がれている愛子さまこそ、次の天皇陛下にふさわしいといえそうですね。「やはり、愛子さまの女性天皇即位を望みたい」  

これで終わる

  11月18日、小室圭さんの代理人弁護士から、圭さんの母親・佳代さんの元婚約者の銀行口座に、金銭トラブルとされていた金額が一括で振り込まれたことが確認された。その額は409万3000円。小室家における最大の懸念点が解消され、小室夫妻は胸を張りながらNYでの新婚生活を迎えたのだが、秋篠宮家を支える皇嗣妃は複雑なお気持ちで……。 結婚相手を徹底的に調べ上げる 「紆余曲折あった眞子さんと圭さんがNYで新生活を始めたことで、日本のメディアも2人の近況を報じづらくなり、結婚に批判的だった国民もトーンダウンしている印象です。一方、この結婚騒動で皇室全体に問題が飛び火してしまったことに関して、最も責任を感じておられるのがキコさまだといいます。 眞子さんがNYで圭さんと暮らすと決めたころ、キコさまは宮邸の中の一室に閉じここもり、涙されたこともあったそうです。圭さんとの結婚を認めるのも、苦渋のご判断だったことでしょう」(秋篠宮家関係者) しかし、眞子さんの結婚騒動が落ち着いてきたのも束の間、すぐに次の懸念事項がキコさまの頭を悩ませているという。「次女の佳子さまのご結婚問題は、目下取り組まねばならない非常に大切な問題です。来月27歳になられる佳子さまは、いつ結婚されてもおかしくありません。以前から何度か恋人の存在が報じられており、“眞子さまの結婚待ち”とも言われていました。ただ、キコさまとしては、佳子さまの結婚相手をかなり慎重に見定められていくと思いますよ」(皇室ジャーナリスト) 小室圭さんのケースが念頭にあることは間違いない。 「秋篠宮ご夫妻が『学習院大学』のキャンパスで出会い、自由恋愛を経て結婚されたこともあり、“自分で結婚相手を見つける”という風潮が以前の秋篠宮家にはありました。実際、秋篠宮さまは“娘が選んだ相手なのだから”と当時、圭さんの身辺調査を行わなかったと聞いています。 だからこそ、眞子さんは同じ大学で圭さんと交際して婚約内定まで話が進みましたが、一般の結納にあたる『納采の儀』を前にして小室家の金銭トラブルが発覚。その後も、佳代さんが夫の遺族年金と勤務先の洋菓子店を休職していた時期に得ていた傷病手当の不正受給の疑惑も報じられ、国民からの不信感が強まりました。 キコさまは“国民から非難されるような相手ではいけない”ことが大切とのお考えです。佳子さまの結婚相手の家柄はもちろんのこと、過去や現在にわたって問題を抱えていないかなどを徹底的に調べ上げ、候補の相手と何度も面会して人柄を把握し、周囲の意見も考慮しながら慎重に選ばれると思います」(同・前) 皇位継承権を持つ皇族が2人もいらっしゃる秋篠宮家において、これ以上非難されるようなことは避けたいキコさま。佳子さまの結婚相手に苦慮されている一方で「お手本になる皇族がいらっしゃる」と、ある宮内庁OBが語る。 3姉妹での話し合い 「高円宮家の久子さまです。’02年に夫の高円宮さまが急逝されてからは25以上の総裁職を務めながら、3人の姉妹を育ててこられました。かねてから“娘を無事にお嫁に出したい”と周囲に語っていたそうで、皇族として、そして1人の親としてという2つの重い責任を背負われてきたのです。 結果、次女の典子さんは皇室とも縁のある『出雲大社』の宮司を代々務める家系の長男である千家国麿さんと結婚。三女の絢子さんは、通産省(当時)の元職員だった父親を持つ日本郵船に勤務する守谷慧さんと結婚しました。彼は’15年に亡くなった母親が専務理事を務めていた『国境なき子どもたち』というNPO法人で、日本郵船に勤務しながらも理事職も引き継いでいます」(同・宮内庁OB) 高円宮家の3姉妹がそれぞれ成年されてから、久子さまは娘たちのために奔走されたという。 「宮邸で催すパーティーなどに3人のお子さま方を積極的に参加させ、いわば“お見合い”の機会を増やしていたそうです。こういった会には、天皇家の遠戚にあたる旧華族や、代々政治家を輩出している名家の子どもを招いたり、その後も、自然と子どもたち同士で会う機会を設けられていました。。。

真子のカムバックプラン!小室圭さん皇族化計画 宮内庁の準備

記事の一部を引用してお伝えします。「NEWSポストセブン」は、小室夫妻の日本帰国の日は意外と早いのではないか?として次のように報じています。眞子さんには、1億円近い貯金があるとも噂されていますが、一方で、小室圭さんは、フォーダム大学留学のために数千万円程度の借金を抱えておりました。   1。宮内庁は、お二人の早期帰国を想定 一部ネットメディアでは、「すでに小室圭さんは、司法試験合格を諦めているのでは?」などとも報じられており、先の「NEWSポストセブン」の記事によると、宮内庁は、お二人の早期帰国も想定して準備を進めているそうです。 っています。 これまで、小室圭さんとの結婚問題に国民の批判が集まり、眞子さんを結婚後も皇室に留まらせるという案には、反対意見が多かったのですが、どうやらキコさまは、眞子さんに対する批判の声が収まりつつある今こそ、眞子さんを皇室に出戻りさせる好機であると考えられているそうです。 2。皇室支配目論むキコさまの野望 「一時は、週刊誌やワイドショーでも、眞子さんが新たな女性宮家を創設し、小室圭さんが眞子さんの配偶者として、準皇族となるという案が話題となりましたが、お二人が結婚し、NYへ移住したことで、この案は完全に立ち消えになったかに思われました。                   仮邸は国有財産だから、一般人なら賃貸料払わないとな高級マンションどころの金額じゃおさまらないだろ? 近代皇族最凶の「悪しきの身焼け」ですからね。ナマズの蒲焼きでもできるかな? 何してんだろうね皇族とか雲の上みたいな感じだったけど、何?今は、おはOのの他話笑い話だけマコの勢いある国民を馬鹿にした態度秋篠宮の優柔不断な態度キコさんのぶっ飛んだ考え尊敬できません、何様なのって事になりますよ。…

悠仁の相手!紀子驚愕発表 !雅子さんが激怒!

  12月6日に、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議が首相官邸にて執り行われました。かねてから、愛子さまの御成人の行事の直後に有識者会議の開催が決まっておりました。これは愛子天皇待望論が高まることを牽制して、敢えてこの日程にしたというのが、ジャーナリスト界隈での認識です。 その有識者会議では、国民が最も関心を寄せる「女系・女性天皇の議論」については扱わずに、「今上陛下から秋篠宮皇嗣殿下、次世代の悠仁親王殿下という皇位継承の流れをゆるがせにしてはならない」という骨子を明らかにしました。   そして、最近になって悠仁さまの将来の“お相手探し”に着手されたそうです。既に『週刊女性PRIME』においても、キコさまは佳子さまの結婚相手を「徹底的に調べ上げる」ことを報じております。 ですから、悠仁さまのお妃候補ともなれば、何年もかけて隈無く調べ上げますから、今から調査を開始するのでしょう。キコさまが悠仁さまのお妃候補として考えている女性も学歴重視です。やはり、雅子さまの「ハーバード大卒」という経歴に対して異様なほど対抗心を燃やしておられます。 具体的にはヨーロッパなら「ケンブリッジ」か「オックスフォード」、アメリカなら「スタンフォード」か「MIT」の出身が望ましいという希望があるようです。秋篠宮家の職員は次のように証言します。 キコさまは最近、海外に住む日本人で悠仁さまと同世代くらいの良家の娘さんを探し始めています。「ひきこもり(雅子さまのこと)と被るハーバードはダメ!!それ以外の有名な海外の大学に進学する娘じゃなきゃ悠仁には不釣り合い!」なんて仰られております。 とにかく海外志向が強く、御子息たちには「雅子を超えろ!愛子に負けるな!」「愛子より英会話ができるように!」というのが口癖でした。悠仁さまが東大にいけなかった場合、とりあえず学習院に入学していただいて、すぐに海外に留学し、海外の有名大学卒という肩書きと、超高学歴な結婚相手を探そうとするプランもあります。(秋篠宮家職員)       キコさまの闘争心には全く反応しない、雅子さまらしい「帝王学」ですよね。こうした教育の成果は、先の愛子さまのご成年の際にも分かるように、国民にまで知れ渡るものです。 今回はキコ様と雅子様の教育方針についてご紹介しました。親が変われば教育方針というのはここまで変わってしまうのですね。私には悠仁さまが不憫でなりません、、、 悠仁さまと愛子さまが、これから先どのような皇族に成長し、私たち国民の象徴となっていくのでしょうか。私は今、一抹の不安と希望が、入り混じっております。 さて、これについて人々はどのように反応したのでしょうか?。 ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 子供に対して、もっと頑張れとか、良かれと思って口にしちゃだめなんだな、 金属バットを振り回した子供だって、中学卒業までは親の言う事を聞くいわゆる良い子だった。 でも進学校で落ちこぼれてそれから精神を病んでの犯行だったね、…

小室圭への雅子さまの”ある言葉”に一同騒然!「民間人の感覚というならばあちらも・・・」

  眞子さまの「結婚延期」報道か ら、破談へ向けての準備に入る のではと噂されるなか、小室圭さんに対しての雅子さま のお言葉があったようなのです。 国際基督教大学の同級生であ る小室圭さんとのご結婚が延期 されることとなった秋篠宮家の 長女・眞子さま。 小室さんの母親に関する金銭 トラブルなども報じられており、 その影響は少なくないと見られ ている。 小室さんの存在が世に広まっ たのは昨年5月。 その後、夏頃には父・敏勝さ んと祖父の自殺や、母・佳代 さんと霊能者のような人との つきあい、佳代さんの親族の 宗教などが報じられた。…