Category: 最新記事

小室圭が 半狂乱 マスコミへ…

小室圭が過熱する報道に ついに放った”ある一言” に一同驚愕.…眞子様に近 い関係者が明かす... まだまだ日本人の中には、 天皇陛下や皇族方こそ素晴 らしい人間性をお持ちであ ってほしいと願う人は多いと思う。 しかし、 小室圭さんの出現で、いろ いろなことが揺らいでしま ったのではないか・・・ しかも、 本当は眞子さまは、伊勢神 宮祭主になられた黒田清子 さんの後を継がれるであろう「女性皇族のお手本」の ような方だったのだ。

眞子さん 「緊急帰国」 本当の理由が 明らかに··

小室圭と真子さんがニューヨークで新生活を迎えていますが小室圭の代理人弁護士がアメリカでの生活については収入が600万程度だがアメリカでクラスにあたってお金が足りなくなることはないと語っていますね。 さらに小室圭の再受験については前回の不合格は学力不足ではないと語っているようです。つまり付度不足だったと暴露しちゃったわけですね。 本当に学力不足でないとしたら学力以外での問題だということなので英語力が問題なのか人物考査で引っかかったのかどちらかなのでしょう。 確かに人物考査ではいろいろと金銭トラブルとかあって一応は金銭トラブルが解決した形にななったからそれで次は合格すると思っているんですかね。

皇室終了… 「崩壊の危機」 恐るべき真実が明らか

金銭トラブルの発覚と婚約延期 その年末、小室さんの母親が元婚約者との間に400万円を超す金銭トラブルを抱えていることが発覚。それまでも父親の自死や新興宗教との関わりは報じられてきており、 婚約が揺らぐほどの騒ぎには至らなかったのだが、年が明け、18年初頭から各メディアがこのトラブルをこぞって報じた。世間は好奇の目を向け、「皇族の結婚相手としてふさわしいのか」といった論調も盛んになってきた。

KKと眞子のひどい嘘 恐ろしい真実が明らか 世界激震!!!

篠原常一郎さんが小室夫妻に対する特別対応疑惑を暴露していましたね。今回外務省が国会に補正予算を要求したようです。 外務省の補正予算は全部で1464億円あるのですがこの中に邦人保護等の拡充という項目があり35億円を要求しているようです。 さらにその中に在外公館における邦人保護体制強化のための緊急対策という項目があり8億円が計上されているようです。

悠仁は教えを失った 秋篠宮様が激怒 !!! でていけ…

婚約延期から3年余り。その間、小室圭さんは2度にわたり文書を公表、眞子さまも「お気持ち」を表明されたものの、世間の理解は得られずじまい。 もはや“離脱婚”しかなさそうな気配だが、大いに懸念されるのは、将来を担われる悠仁さまへの悪影響に他ならない。 独善に陥った青年が著した文書は、巷で火に油を注いだ。 慌てて「解決金」なる消火剤を持ち出したものの、早くも焼け石に水となりつつある。  もっとも、小室さんが常人の思考回路から逸脱した言動を繰り出すのは毎度のことであ

天皇陛下 不正を繰り返す 秋篠宮ご夫妻に激怒!!

天皇陛下のお叱りは至極まっとうです。しかし、皇室内でも最高位にある方のご意見が無視されて、愚かで人迷惑な者の暴走が許されている、いったいこれはどういうことでしょうか。 この不正ばかり繰り返し反省のない邪悪強欲な人間を無力化する方法はないのでしょうか。 現に当の高校の生徒や父兄や先生に大いなる迷惑が掛かっているし、今後はその迷惑がもっとエスカレートしていくではないですか。 国民に直接危害を加える特権階級など、この国に存在していいわけがありません。あまりの酷さに気が狂いそうになります。そろそろ国民は本気で無力化の方法を考えねばいけないのでは?

眞子さまの 最終手段!!! 辞退???

秋篠宮家長女、眞子さまとの結婚の大きな重しになっている、小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブル。 解決金の受け取りを拒んでいた元婚約者が、27日、交渉に応じると代理人を通じてコメントした。 事態解決のため公表したはずの28枚の”小室文書”が、状況を一層深刻なものにしているが、元婚約者が解決金を受け取ることで騒動は大団円を迎えるのか。

紀子さま 8億5000万円を 筑附に裏金工作

第一志望の筑波大付属高等学校の入試日は2月13日と一月を切りました。 現在、秋篠宮家では国語・数学・英語・理科・社会の5教科にそれぞれに東大卒の有名家庭教師を朝から晩まで15時間つけるだけではなく、本番の試験で動揺せず実力を十分に発揮できるようにメンタルコーチも雇って万全を期しているそうです。 いったい悠仁さまの家庭教師代に幾らのお金がかかっているのでしょうか? 教育事情に詳しい専門家の友人に、セレブ受験の費用相場を聞いたところ「小学校受験で名高いセレブ向け学習塾“こぐま会”は、年間でおよそ200万円ほどかかります。 悠仁さまは家庭教師がメインですから単純な比較はできませんが、東大卒の一流どころを5人揃えているとなると、最低でも年1000万円以上、恐らく中学3年間で5000万円くらいかかるんじゃないでしょうか」とのことでした。

世界激震!! 眞子さん重大疑惑で 逮捕起訴へ

小室夫妻がニューヨークに行って2ヶ月が経ちましたがやはり報道統制されていることもあってたまにデイリーメールが報道するぐらいであまり報道されていませんね。 現在、ネット上で、大麻所持疑惑が取り沙汰されている眞子さんですが、大手メディアは一切この事件について報道していません。

【真実】 紀子さま 衝撃の告白 !!

小室夫妻の結婚問題に端を発した皇室バッシングは、収まる兆しも見えない状況ですが、その余波は小室夫妻だけなく、秋篠宮家にも及んでいる状態です。 そんななか、自分の意志だけでアメリカに飛び立ったと思われていた眞子さんですが、実際のところは悠仁さまを守ろうとしたキコさまの思惑もあったようです。 キコさまにとって、もはや頼みの綱は悠仁さまだけの状況。悠仁さまを守るためなら、何があっても構わないといった心境のようですが…いったい何か。あったのでしょうか。

大学入学も嘘だった···

「小室問題」によって世論の逆風に晒された秋篠宮家。その自由な教育方針は、悠仁さまの将来にも影を落としてしまうのか。「筑波大学附属高校」進学が取り沙汰されるなか、再び「皇室特権」批判という火種が燻り始めている。 「すでに生徒たちの間では“この春に悠仁さまが入学されるらしい”と噂になっています。“将来の天皇陛下”が後輩になるかもしれないということで、色めき立っている女子生徒も少なくありません」

眞子さま狂気大ショック!

今回は「小室文章の真相に眞子さま大 ショック!あれは母への愛の文章だった....』という内容でお届けいたします。 先日突然発表された、いわゆる小室文章。 一連の流れについて、眞子さまが関わ っていたことが衝撃を与えていましたが、文章を公表したのは眞子さまでは なく、母親である佳代さんのためであったことが話題になっています。 一体どういうことなのか、 見てみましょう。

悠仁さま天皇陛下へ!皇位継承に麻生太郎が!秋篠宮家が崩壊へ!

新年の歌会始の儀が行われていましたね。そこで愛子さまは学校があるからないのかなと思ったらイギリスでの思い出を語られていましたね。 今回のお題は窓だったようです。フジテレビでも佳子さまが参加されたことや愛子さまと天皇皇后両陛下の歌を公開していましたが佳子さまは参加された事しか言ってませんでした。 そこで宮内庁のホームページからどんな歌だったのかを見てみると窓を開けたら金木犀の風が入って甘い香りに心がはずむという歌でした。 ちなみに心が弾むは通常はずむですに点々なのですが佳子さまははづむとつに点々でした。 これはお歌だとそういう風になるのか国語が苦手だからつに点々とすに点々を間違えたのでしょうか。 まぁそんな間違いはどうでもいいですが金木犀って今の時期かなと調べてみると秋に咲く花のようですね。だから時期的にはいまではないようです。

衝撃的な真実が明らかに!! 秋篠宮家が 行動しない

今回は『三笠宮妃百合子さまが 上皇様に放った一言に一同驚愕! 今の皇室はあまりにも...』 という内容でお届けいたします。 現在、様々な問題を 抱えている現在の皇室。 眞子さまの ご結婚問題などについては、他の皇族方は気を もんでおられるようですが、三笠宮妃百合子さまも そのお一人のようです。 これまで三笠宮家で起きてきた様々な ことを経験されてこられた百合子さま。