Category: エンタメ

天皇陛下がついに! 秋篠宮家の教育方針 まさかの発表

「愛子さまは3年時に修了する講義の対面授業や試験、 卒業論文の説明を受けられました。 同級生が就職活動の時期を迎える中、愛子さまもご自身の将来につ思い悩まれていることは想像に難くないでしょう。 大学をご卒業後は大学院へ進学し、学問の道をさらに究めていかれる線が濃厚だといわれています。大学院を卒業したら、 数年単位での留学を視野に入れていらっしゃるとか。

天皇陛下激怒! 美智子さまへ お騒がせ●●で

12月9日に59歳のお誕生日を迎えられた皇后雅子さま。 秋篠宮殿下の時とは対照的に国民から祝福の声が多く聞かれています。 そんな中、 また美智子さまが 『厄介なトラブルを起こしたという記事がありました。 今回は 「美智子さま、雅子さまに激怒! について、 一部記事を引用していきながらご紹介していきます。あわせて「紀子さまの実弟、 川嶋さんが 『喪中再婚』で家庭生活の不安」についても一緒にご紹介していきます。 それでは早速、一つ目の記事の内容に入ります。2022年3月 『女性自身』 によると、紀子さまの実弟である川嶋舟さんがその前月である2月に、 10歳年下の女性と再婚していたことが判明。

愛子さまを後継者に指名した天皇陛下に紀子さまが自分勝手な一言!

こんにちは。 昨年の11月30日は秋篠宮殿下のお誕生日でしたが、それ以降も愛子さま、雅子さまと皇族の方々のお誕生日が続きました。 そうした中、 秋篠宮殿下のお誕生日会見には批判の声が殺到する一方で、愛子さまや雅子さまには称賛の声が相次ぐ結果となっています。さらに、雅子さまがお誕生日に伴い発表された。感想文書には、ある重大なメッセージが隠されていたようなのですが・・・。いったいどういうことなのでしょうか。

天皇家と秋篠宮家の 亀裂が深刻化! 陛下が不快感表明!

眞子さんの結婚騒動以降も、悠仁さまのズル入学疑惑や、小室圭さんの不正受験疑惑等により、批判の声が収まる様子の全く見えない秋篠宮家。そうした状況の中、「週刊新潮」(2022年12月15日号)は、「天皇家、秋篠宮家の間の“亀裂” 悠仁さまの伊勢神宮ご参拝で“フライング”が露呈」という非常にショッキングなタイトルの記事にて、天皇ご一家と秋篠宮家の対立が深刻化している状況について報じました。コロナへの向き合われ方を含めて先ごろ、天皇家と秋篠宮家との“コントラスト”が、図らずも鮮明になったという。

紀子さまは、 雅子さまより「偉い」 傲慢さ隠し切れず物議

にしても雅子さまと紀子さまが同格であるかのような錯覚は何処から生まれたのか? これは偏に平成時代に雅子さまバッシングが続き、秋篠宮家アゲが続いたことによるだろう。たとえば西尾幹二(電気通信大学名誉教授)が2008年に、皇太子殿下(当時)に諫言するという体裁で、激しい雅子さまバッシングを行った(一連の論考はまとめられ『皇太子さまへの御忠言』と題打ってワック社より刊行)。 しかし本論が示してきたとおり、今回の件は学歴能力主義と高級官僚の家系が「反近代」の天皇家とクロスしたがゆえに起こった例外的な災厄であって、ある意味で雅子さん個人の問題である。秋篠宮家の紀子妃殿下には不適応病理はまったく生じていない。

異常事態が発生し❗ 悠仁さま … 突然暴走❗

今年4月から、名門筑波大学附属高校に通われている秋篠宮家の長男・悠仁さま。中学校時代には、3年間卓球部に在籍されていたという悠仁さまですが、高校入学後には、複数の部活を見学され、最終的にバドミントン部に入部されたようです。 悠仁さまのバドミントン部入部に関してですが、「女性セブン」(2022年6月2日号)は、こうした選択の背景にも自由を重んじる秋篠宮家の教育方針が関係しているとして、宮内庁関係者の次のような言葉を紹介しています。 「悠仁さまはバドミントン部に入部されるそうです。皇室に縁のあるスポーツといえばテニスのイメージが強いですが、悠仁さまは“皇室の伝統”とは趣を異にした競技を選ばれました。ここにも、自由な選択を尊重する秋篠宮家の教育方針が感じられます」(宮内庁関係者)

早く追い出せ! 美智子の絶叫 紀子の焦り

このように秋篠宮殿下に対して、非常に積極的に迫ってこられた紀子さまに対し、美智子さまなどは大変な不快感を示されたそうです。「このように紀子さまが、秋篠宮殿下のお部屋に入り浸っておられることを知った美智子さまは、大変憤慨されたご様子で“あの女を追い出せ”と絶叫されることもありました。記事の一部を引用してお伝えします。 平成と令和の二つの時代を股に掛けた大恋愛、小室圭さんと眞子さんの結婚。小室圭さんがニューヨーク司法試験に合格したが、会場に12本の鉛筆を持ち込むなど不自然な行動が目撃され、現在、アメリカ捜査当局が監視カメラの映像などを押収し捜査中です。ことの次第によっては、小室圭さんの合格剥奪のみならず、国外退去処分もありえる重大問題に発展しようとしています。

あの方は 〇〇だから きっと…

『雅子さまの何事もいい加減にできない性格が垣間見えた瞬間』という容でお届けいたします。非常にまじめな性格の雅子さまですが、そんな雅子さまの真面目さが垣間見えた瞬間があったそうです。今回はそのことについてご紹介します。 皆さんこんにちは。どうぞよろしくお願いいたします。記事の一部を引用してお伝えします。 皇太子殿下のお妃となる女性はどなたなのか。その有力な候補は、 雅子さまでした。雅子さまとのご結婚が決まる前、 私は殿下がよく雅子さまのお話をされていたので、雅子さんのことは知っていました。

愛子にも 天皇になれる 教育を・・・ 皇嗣家崩壊!!!

今回は美智子さまが皇室の未来について雅子様に一言眞子様反発で講師や崩壊という内容でお届けいたします。さまざまな問題を抱えている皇室ですがそんな中美智子さまが皇室の未来について雅子様に一言おっしゃったそうです。いったいどういうことなのでしょうか。さっそく見ていきましょう。皇位継承が2名いらっしゃる秋篠宮家長男悠仁さまは次世代のテンノー後継者として今後の皇室を担う存在です。

突然発表 国際問題か!? ベルギー王女 悠仁に大激怒!

ベルギー王女との懇談ですが、どうやら、紀子さまからの強い要望により実現したようです。「現在、悠仁さまは、作文コンクールでの盗作問題、筑附へのズル入学疑惑、期末試験の赤点報道などにより、国民からの評判はまさに地に堕ちてしまっている状態です。 このまま、国民からの評判が低下し続ければ、今後は、悠仁さまの皇位継承に反対する声が強まってくる可能性も十分に考えられる状況です。そうした中で、紀子さまは、なんとか悠仁さまの評価を高めようと画策されているのですが、そのための手段の一つが海外のVIPとの面会のようです。

誰もがびっくした。 ふざけるな! 天皇家侍従職ブチギレ!

橋下徹氏は、今回の試験合格に関して、「小室さんの人生ってすごい」「皇室の新しい姿」などと絶賛しているのですが、ニュースサイトのコメント欄では、こうした橋下氏の論評に関して、「違和感がある」「言ってることがメチャクチャ」といった批判意見が数多く書き込まれているようです。ハゼもメディア操作で賛美凄いけど、浮気しまくりだしサーヤも浮気の子だというのは有名な話。

宮内庁驚きの事実!! 悠仁さまを 溺愛する本当の理由

女性週刊誌で皇室記事は定番ですが、出版業界でも美智子さまは堂々たる“女帝”のようです。ところがこの『皇后陛下傘寿記念―皇后さまとご養蚕』が2014年に再刊されたとき、宮内庁では一筋縄ではいかない揉め事があったといいます。当時、宮内庁に務めていた小内誠一さんは次のように語ります。

“驚きの一言” !! 夫婦仲に亀裂入れた 性依存症..衝撃の告白!!!

秋篠宮さまは真偽は不明にせよ、「ヤンチャ・エピソード」に事欠きません。なかでも国民を驚かせたのは、すでに週刊誌などで「二十歳になった直後(1985年頃)に寛仁親王に連れられて銀座と新橋でハシゴ酒をした後、二人で仲良くソープランド(当時トルコ風呂)に行った」という耳を疑るエピソードです。 「室内に落ち着かれて、備えつけの館内案内のパンフを殿下と見ておりましたら、地下1階にディスコとソープランドがあることを知りました。殿下もまだお若いときですし、私が“ディスコやソープランドがありますね、社会勉強にごらんになりますか?”とおたずねすると、“ああ、見てみたいね”と気軽におっしゃって・・・」