Author: TAKERU

紀子さま愕然… 科目オール5 “校長に突撃”が波紋

1。悠仁さま「テストの点数」に、紀子さま愕然…“校長に突撃”が波紋悠仁さまの噂に、紀子さまが校長室に直談判 9月11日に迎える紀子さま55歳の誕生日には、悠仁さまの進学についての質問も含まれているが「筑附に進学となれば反発が大きくなる可能性があるので、 具体的な進学先には触れないだろう」(皇室記者)との声もある。だが皇嗣職の話によれば、紀子さまの東大熱は加速するばかりだろいう。 「今年四月の小テストで悠仁さまが赤点をとってしまい、補習の対象になってしまいました。これに激怒した紀子さまは、翌日、お茶の水中学にアポなしで乗り込み、校長室で池田全之校長とサシで1時間ほど密会されました。

同唖然…決議!秋篠宮家追放

立憲民主党は14か安定的な皇位継承のあり方を議論する党の検討委員会委員長野田佳彦元首相の 初会合を国会内で開いた立憲独自に行為の安定継承に関する限界をまとめる女性宮家創設を盛り込むとみられるただ 立憲民主党は寄せ集め政党だし意見がまとまるのかが疑問ですが国会でも批判だけに終わらなければいいです 初会合では行為の安定的な継承よりも後続数の確保に論点をすり替えたとして事実上の白紙回答だと認識を書く人したようです。

悠仁さま進学拒否で、 紀子さま悲鳴の嵐!! 宮内庁驚愕

いじめ以前に、息子のために特殊な推薦入学制度を作らせた時点で、 紀子と悠仁は偽計業務妨害既遂になり、韓国でのチェ・スンシルへの判例からも完全に違法行為になるからでしょう。 国際的にも理解されない、真っ黒な裏口入学になります。 日本でも文科省高官子息を医学部に裏口入学させ、公判中の事件の記憶が生々しいところで、昨年末に開かれた公判で、検察は 「多くの受験生らに多大な不公平感をもたらし、大学行政に対する信頼も大きく害した」と非難し「多くの受験生らに多大な不公平感をもたらし、大学行政に対する信頼も大きく害した」としました。

崩壊寸前 外務省が秋篠宮さまに 重大事実が発覚!?

小室眞子さんがニューヨークで初めて買い物する姿が記事になっていましたね。 アメリカでも有名なバイスという雑誌でも小室夫妻は普通に暮らしたいと言いながらなぜ今でもVIP待遇という疑問視する記事も書かれていました。 普通の生活がしたいと訴えながらニューヨークに到着した途端にVIP待遇で警察当局や警備担当にエスコートされることを疑問視する記事も書かれていました。 アメリカはこういうの厳しいようでう。眞子さんもなかなかお出かけする姿が報道されてなかったからずっと家に閉じこもってどうしているのかと思っていましたが一人で買い物って意外でした。

100日後に潰れる皇嗣家 「秋篠宮家潰し」 の計画が始動!

宮内庁から秋篠宮家潰しの動き!皇室のタブーを犯す紀子さまの衣装かぶせ!紀子さまのパワハラに宮内庁も怒り心頭! 身近にお仕えする人たちからさえ人望皆無では、この先どうやって「日本の象徴」になれるというのでしょうか? まして自身のバラック出生コンプレックスを埋め合わせんとして、相手をこれでもかと侮辱し、罵倒するばかりの紀子に至っては 、人権意識は全くなく、これまでBの希望の星と仰いでくれ、忠僕だった水平社ですらついてはいけない存在になってきています。

秋篠宮殿下青ざめる!!! 疑惑 「児童買春」 逮捕状が発動!

1。秋篠宮殿下に「児童買春」疑惑 プチエンジェル事件への関与 プチエンジェル事件の捜査が打ち切りとなった背景には、皇族の名前が顧客リストに入っていたからという噂もあります。 載っていたのは秋篠宮文仁親王殿下と高円宮憲仁親王殿下。皇室に名を連ねる方々がこのようなことをしているとは考え辛く、噂も高円宮殿下が薨去されてからは下火となりました。 しかし都市伝説として伝わっている話があります。 いわくプチエンジェルの作った動画の中には秋篠宮殿下と高円宮殿下が秋篠宮家の長女・眞子様と行為に及んでいるものがあるというのです。 動画は「パパだーいすき」という名前で覚えられています。宮内庁はこの動画を探しているそうです。ファイル共有ソフトが出回ったのはこの「パパだーいすき」を探すためと言われています。

筑波大学附属高校が! 突然発表! 秋篠宮家パニック!

筑波大学附属高校が支援学級の教員を大量募集で「悠仁さま受け入れ準備か?」と話題に!聴覚障害疑惑の真相 悠仁さま受け入れ準備を進める筑波大学附属高校 来月2月に、秋篠宮家の長男・悠仁さまが高校受験を控える中、週刊誌やネットメディア等で、悠仁さまの第一志望校なのではないかと噂されている筑波大学附属高校が、 現在、急ピッチで改修工事を進めていることが話題となっています。 同校は明治5年(1872年)に創設された師範学校がもとになっており、その歴史は約150年に及ぶ。卒業生にはSF作家の星新一氏や元内閣総理大臣の鳩山一郎氏、自民党の片山さつき参院議員、 芸能界では野村萬斎などの著名人を多数輩出し、押しも押されもせぬ名門だ。そんな筑波大学附属高校に今、変化が起きている。

紀子さまパニック “逮捕の可能性”?! 5年以下の懲役刑で 秋篠宮家崩壊の危機

現在、中学3年生で、来年度には高校に進学される予定の悠仁さまですが、この進学問題を巡って、大変な騒動が発生しています。 この悠仁さまの進学問題が特に注目を集めるきっかけとなったのは、昨年発売された「週刊文春」 (2021年12月30日・2022年1月6日号)の記事です。 この号で「週刊文春」は、悠仁さまが進学先を超難関校である筑波大学附属高校に定められたこと、さらに、 その進学の手段として、「提携校進学制度」という学力テストが免除される特殊な進学方法を用いる予定であることを報道。 さらに、その後、「週刊文春」は(2022年1月27日号)にて、悠仁さまの筑附合格を報道、記事では、 「悠仁さまもすでに合格通知を手にされたはずです」という宮内庁関係者の言葉を紹介しています。

眞子さん 「緊急帰国」 本当の理由が 明らかに··

小室圭と真子さんがニューヨークで新生活を迎えていますが小室圭の代理人弁護士がアメリカでの生活については収入が600万程度だがアメリカでクラスにあたってお金が足りなくなることはないと語っていますね。 さらに小室圭の再受験については前回の不合格は学力不足ではないと語っているようです。つまり付度不足だったと暴露しちゃったわけですね。 本当に学力不足でないとしたら学力以外での問題だということなので英語力が問題なのか人物考査で引っかかったのかどちらかなのでしょう。 確かに人物考査ではいろいろと金銭トラブルとかあって一応は金銭トラブルが解決した形にななったからそれで次は合格すると思っているんですかね。

天皇陛下 不正を繰り返す 秋篠宮ご夫妻に激怒!!

天皇陛下のお叱りは至極まっとうです。しかし、皇室内でも最高位にある方のご意見が無視されて、愚かで人迷惑な者の暴走が許されている、いったいこれはどういうことでしょうか。 この不正ばかり繰り返し反省のない邪悪強欲な人間を無力化する方法はないのでしょうか。 現に当の高校の生徒や父兄や先生に大いなる迷惑が掛かっているし、今後はその迷惑がもっとエスカレートしていくではないですか。 国民に直接危害を加える特権階級など、この国に存在していいわけがありません。あまりの酷さに気が狂いそうになります。そろそろ国民は本気で無力化の方法を考えねばいけないのでは?

紀子さま 8億5000万円を 筑附に裏金工作

第一志望の筑波大付属高等学校の入試日は2月13日と一月を切りました。 現在、秋篠宮家では国語・数学・英語・理科・社会の5教科にそれぞれに東大卒の有名家庭教師を朝から晩まで15時間つけるだけではなく、本番の試験で動揺せず実力を十分に発揮できるようにメンタルコーチも雇って万全を期しているそうです。 いったい悠仁さまの家庭教師代に幾らのお金がかかっているのでしょうか? 教育事情に詳しい専門家の友人に、セレブ受験の費用相場を聞いたところ「小学校受験で名高いセレブ向け学習塾“こぐま会”は、年間でおよそ200万円ほどかかります。 悠仁さまは家庭教師がメインですから単純な比較はできませんが、東大卒の一流どころを5人揃えているとなると、最低でも年1000万円以上、恐らく中学3年間で5000万円くらいかかるんじゃないでしょうか」とのことでした。

悠仁さま天皇陛下へ!皇位継承に麻生太郎が!秋篠宮家が崩壊へ!

新年の歌会始の儀が行われていましたね。そこで愛子さまは学校があるからないのかなと思ったらイギリスでの思い出を語られていましたね。 今回のお題は窓だったようです。フジテレビでも佳子さまが参加されたことや愛子さまと天皇皇后両陛下の歌を公開していましたが佳子さまは参加された事しか言ってませんでした。 そこで宮内庁のホームページからどんな歌だったのかを見てみると窓を開けたら金木犀の風が入って甘い香りに心がはずむという歌でした。 ちなみに心が弾むは通常はずむですに点々なのですが佳子さまははづむとつに点々でした。 これはお歌だとそういう風になるのか国語が苦手だからつに点々とすに点々を間違えたのでしょうか。 まぁそんな間違いはどうでもいいですが金木犀って今の時期かなと調べてみると秋に咲く花のようですね。だから時期的にはいまではないようです。

【速報衝撃】 悠仁テストの点数 紀子さま愕然… “校長に突撃”が波紋

「実は悠仁さまは、昨年まではそこまでご優秀というほどではなかったのですが、今年になって突然、成績が急上昇したそうなんですよ。 一学期の成績はほぼオール5だったそうです」(お茶の水中の保護者) そう教えてくれたのは悠仁さまの同級生の保護者の方だ。今年中学三年生の悠仁さまは、この秋・冬に受験を控えている。 進学先はまだ明らかにされていないが、学習院高校・農大一高・筑波大附属高の三つが選択肢にあるという。その中でも第一候補は、東大進学率の高い筑波大附属高(通称、筑附)だ。 「お茶の水中学から筑附に無試験で入学できる“提携校制度”があります。もちろん悠仁さまを筑附に入れ、そこから東京大学へ入学させるための“紀子さまの画策”であることは、保護者一同、誰もが知っています。