先月4月に2度目のNY州司法試験に不合格となり、今月5月中にも眞子さんと共に日本に一時帰国するのではないかとも噂されている小室圭さん。

元皇族の眞子さんの夫という立場から様々な恩恵を受けてきた小室圭さんですが、司法試験は無様に不合格。もはや、崖っぷちとも言える状況ですが、それでも国民からは厳しい批判の声が上がっています。

当然ながら、週刊誌等でも厳しい批判がなされているのですが、中でも現在、小室圭さんに対して、ひと際厳しい糾弾を行っているメディアが「週刊新潮」です。

「週刊新潮」(2022年4月28日号)は、「再び不合格で“ヒモ化”鮮明“小室圭さん”詐欺的結婚へのため息」と題する記事を掲載し、小室圭さんの結婚は結婚詐欺同様であったと激しく糾弾。

さらに、現在、年間8億円もの警備費用を税金から支出し、米国滞在のビザ取得に関して、政府から様々な便宜を受けていることに関しても、「非合法」であると指摘しています。

ビザ取得の問題に関しては、眞子さんが元皇族という特別な立場を利用して、「O-1ビザ」を取得する可能性があるとして、次のように報じています。

「小室さんがビザを取得できない場合、反対に眞子さんがMETに就職してビザを取るケースも考えられます。その場合は『O-1ビザ』という、ある分野で卓越した上位数%の能力を持つ人が取得できるビザが想定されます」(皇室ジャーナリスト)
同記事の中で、皇室制度に詳しい小田部裕次・静岡福祉大学名誉教授は、こうした元皇族という地位を悪用したビザ取得の問題や、公金からの警備費の捻出に関して、「皇室特権というより非合法的な感じさえします」と述べています。

さらに、先の皇室ジャーナリストは、小室圭さんが、結婚前にNY州司法試験に関して宮内庁の西村泰彦長官に対して、「手ごたえはありました。大丈夫です」との感触を伝えて、結婚を強行したことについて「詐欺的結婚」と断じ、厳しく糾弾しています。

いま振り返れば、それは自己採点による実にいい加減なものだったのだが、

「報告を受け、それまで重荷を背負い続けてきた西村長官はすっかり安心しきってしまった。ここから官邸側にも“うまくいきそうだ”と伝わり、事態は進んでいったのです。同時に、小室さんの甘い見通しは結婚反対を貫いてこられた秋篠宮さまも動かし、ご容認へと折れざるを得ませんでした。

それがまさかの不合格。しかも今回は、あろうことか二度にわたって失態を重ねたのですから、“詐欺的結婚”と断じても過言ではありません」(同)

小室圭さんの詐欺的行為に関しては、母親・佳代さんの元婚約者の男性から、お金を借りておきながら、「贈与だった」と言い張り、何年もの間、400万円もの大金を借りたまま一切返済しなかったこと。

それから、奥野法律事務所に対して、留学を終え、フォーダム大学のロースクールを卒業したら、日本に帰国し、再び奥野法律事務所で働く、と約束して、毎月20万円ほど、生活費の援助をしてもらったにも関わらず、ロースクール卒業後、日本に戻らずNYで就職してしまったことなどがあります。

さらに、小室圭さんの母親である佳代さんは、遺族年金の不正受給と、傷病手当の不正受給という二つの詐欺的行為により刑事告発もなされています。

かつて、キングコングの西野亮廣は、千鳥の大悟氏から、「捕まってないだけの詐欺師」などと言われたことがありましたが、小室母子に関しては、捕まってないだけの詐欺母子と呼ぶのが適切かもしれないですね。

ではこのニュースについて国民の声を聞いていきましょう。

そういやあ、マコの元カレ山〇くんも「働きたくないでござる」と言ってたよね。結局、マコと別れて医者になったっけか、しっかり働いているけれど。山〇くんの親が強制執行で別れさせたとか。コムロの元カノの令嬢も親が別れさせたよね。やっぱりマトモな親なら・・・。

なぜこんな詐欺師親子と詐欺師夫婦の為に、頭の良い大人達が振り回されているのか甚だ疑問で、あの婚約内定会見からずっと怒りしかない。上皇は天皇即位の時に日本国憲法を守り国民と共に云々というような事をいった。であるならばあの2人に生前贈与のようなまねはやめてもらいたい。あまっているなら国にお金を返してもらいたい。そして法を犯したkk母は逮捕されるように決断してもらいたい。今のあの夫婦を見ていると働く意味も納税する意味も何の為なのか分からなくなっている。馬鹿馬鹿しくなってきた。皿と一緒になって雅子皇后を苛めていたことは真に残念で情けない。上皇夫妻はあの2人の結婚を裁可してしまった責任がある。お隠れになる前に是非とも落し前をつけて国民の不安を払拭していって欲しい。

本当、小室夫妻の為に日本の中枢で働いている恐らくは優秀な方々が右往左往している姿を見ていると情けなくなりますね。
ただのポンコツに分不相応なモノを与えようとするから、おかしな事になるのです。

そうおっしゃいますが、エリートに行けば行くほど、他人の愚行の尻拭いをするものなのですよ。
師業のほとんどは日常、悲しいほど人のケツ(失礼)を拭いたり後始末が大半です。
もちろん同業同士や学会などは洗練された世界ですけどね。

ヒエラルキーは幻想だと思います。
球体のように全ては関連しあって存在します。

有識者会議なんて、始める前から公表する結果は決まっていたんでしょ。
ところが時間の経過とともに秋篠さんちのボロが出るわ出るわ。
あまりの醜態に岸田総理も「敬宮さまに旧皇族の男性をめあわせて・・・」に変わってきた。あの宮家は天皇を出す家じゃないし、あの凡々も即位できるようなタマじゃない。見ててご覧なさいな。
ちゃんと即位すべき人物が即位なさるから。

By TAKERU

Leave a Reply