小室圭の人間性を深く釣りしていく中で高校時代こそ小室圭という人間を形作ったと言っても過言ではない高校時代という青春の時期に彼の心の中や彼の周りでどんなことが起きてしまったのだろうか

今回は小室圭の高校から大学時代を中心に下記の点をお伝えしていこう小室圭の高校時代小室圭の大学時代二股騒動や元化の問題まとめ幼少期から小学校にこむろ過では様々な問題やトラブルが起きていた

しかしそれだけでは終わらずその闇は高校や大学時代にも続いていたのだ最後までぜひお読みいただきたい

小室圭の高校時代小室圭の出身高校はアディアンインターナショナルスクールである

この学校は東京都品川区にあるインターナショナルスクールでプリスクールから考古部までを設置しているカリキュラムはカナダの教育カリキュラムに沿って行われており授業はすべて英語で行われる

年間の授業料は180万円と高額でそれと合わせて初年度には下記の費用がかかる入学金30万円教育充実比45万円還流運営費15万円初年度は合計270万円もの費用がかかるというわけだ

さすがは教育熱心な小室佳世である小室佳代の生きがいは息子小室圭の出世であり小室圭はその絶対的な母親の言いなりでしかない

この高校の入学も小室佳代から言われた通りに入学したに違いない公務員だった小室利勝が亡くなり小室佳代の景気屋のパートだけの収入になったにも関わらずこの学費は一体どこから出ていたのだろうか

小室利勝の遺族年金やその後小室佳代の罵声と必要な言葉責めで亡くなった小室圭の祖父の相続税だろう人の命を奪った上にその人のお金で自分たちの印を満たそうとするこれが小室家の闇の実情である

 

By TAKERU

Leave a Reply