昨年の12月10日、 秋篠宮ご一家は日本を訪問中のベルギー王女と、改修工事を終えたばかりの宮邸にて懇談されました。 かねてより秋篠宮ご夫妻は王女と面識があり、 佳子さまも王女と握手や抱擁を交わされたのですが、その席で悠仁さまは何を思ったのか、 とんでもない行動に出たようなのです。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、 紹介と詳しい解説をしていきます。

まず1つ目は、 佳子さまのご公務に関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。 さて、 昨年は佳子さまにとって精力的に公務に取り組まれた1年となりましたが、 いったいなぜそこまで公務をこなされたのでしょうか。 内情に詳しい宮内庁職員は、 次のように述べています。

「眞子さんが結婚して皇籍を離脱したあと、 その分の公務を負担されているということはもちろんありますね。 ニューヨークで生活する眞子さんとは今でも連絡をされているようですし、 ご自身の立場を改めて自覚される中で。果たすべき役割を認識されたのではないでしょうか。 気になるのは、 この状態がいつまで続くのかということですが···。

ひとつのタイミングとしてあるのは、悠仁さまが大学を卒業された頃といえるでしょう。 佳子さま自身、 悠仁さまを出来る限りそばでサポートするという思いをお持ちのようですが、 悠仁さまが大学に入学される年に佳子さまは30歳になられています。 その際にお相手との関係も良好なら、 機は熟したという雰囲気は醸成されるのかもしれないですね

そうしたひとつの区切りを決めたうえで、 今は公務に集中しなければならないとの思いが強いのではないでしょうか』 以上が1つ目の記事の内容です。なんといいますか、 年間40回の公務に励んでいると言われても、 一般人の働き方より楽なように思ってしまいますね。 眞子さんが壊した皇室への敬意を少しでも回復するべく頑張ってほしいと思いますが、 佳子さまにはせめて、 自分の足でしっかり立っていける人を選んでほしいものです。 では2つ目の記事に移ります。

さて、 昨年の12月10日、 秋篠宮ご一家は日本を訪問中のベルギー王女と、 改修工事を終えたばかりの宮邸にて懇談されました。 午前11時頃、 ご夫妻と佳子さま悠仁さまは改修工事を終えたばかりの秋篠邸の玄関で、 ベルギーのアストリッド王女を出迎えられました。 ご夫妻はかねてより王女と面識があり、佳子さまや悠仁さまも王女と握手や抱擁を交わされたようです。

しかしながらツイッターなどのSISでは 「無理やりにでも利用しないと、 多額の改修工事費用について追及され続けるから」 などといった、 辛辣な意見が数多くき込まれています。 内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、 次のように述べています。「確かに、 宮邸を国際交流の場としてしっかり活用しているといった姿勢を見せることは大切です。

でなければ、 いつまでも改修の事を言われますからね、
なにも利用してないじゃないか、 とばかりに。 今回宮邸の改修にかかった費用が高額なだけに、 物議を醸すのも当然かもしれません。 また、 今回来日したのはベルギー王女ですが、 国民からはなぜ天皇陛下ではなく秋篠宮家対応したのか、といった疑問の声もあがっています。

実は、 今回のベルギー王女の懇談は紀子さまからの強い要望により実現したのです。 多くの国民がご存じのように現在悠仁さまは作文コンクールでの盗作問題、 期末試験の赤点報道などにより国民からの評判はまさに地に堕ちてしまっている状態です。 このまま国民からの評判が低下し続ければ、 今後は悠仁さまの皇位継承に反対する声が強まってくる可能性も十分に考えられる。

そうした中で紀子さまは、 なんとか悠仁さまの評価を高めようと画策されているのですが、 そのための手段のーが海外のVIPとの面会だったのです。 紀子さまの思想は独特なことについては宮内庁でも周知の事実であり、 いわく 『国民は権威に弱く。 海外の要人との面会を繰り返していれば、秋篠宮家は凄いと錯覚してくれるはず』などとお考えのようなのです。

なんとも奇想天外な発想ですが、 そこは紀子さまなので今さら驚くことではないのかもしれません。 また、 これまで海外の王室関係者の前で数えきれないほどの粗相を繰り返してき秋篠宮家ですが、 残念ながら今回も厄介なトラブルがしれません。

また、 これまで海外の王室関係者の前で数えきれないほどの
粗相を繰り返してきた秋篠宮家ですが、 残念ながら今回も厄介なトラブルが発生してしまいましだ。 まず一つは、通訳の問題です。 懇談の前に紀子さまは「通訳は不要です。-通訳なしでの海外の王室関係者との交流が雅子さんにできて私たちにできない道理がありますか?』なとと自信ちに述べられ、 実際に最初は通訳なしで懇談されていたのですが···。

途中からアストリッド王女が『この人たちは何を言っているのか全然分からないと話し、 途中から通訳を通しての会話となってしまったのです。 まあ、 これは見栄っ張りの紀子さまの笑い話で

By TAKERU

Leave a Reply