小室圭さん、米大手事務所から断られていた 弁護士が語る“厳しい現実”。「小室圭さんの実力では無理だと思います」こう話すのは、全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士のA氏。専門は、海外企業同士のM&Aなど。米国を拠点に世界を飛び回り、収入も桁違い。この姿こそ、小室さんが思い描く将来でもあるようだ。

昨年の秋ごろ、A氏の事務所に、働かせてほしい、と小室さんの「経歴書」のようなレジュメが別の弁護士を通じて届いたという。小室さんは、ニューヨークなど大都市での弁護士の仕事を探しており、ビッグローか、その下の規模のミッドローでM&Aなどをやりたいという。

A氏がそのレジュメを見て思ったのが、冒頭の言葉だ。なかでも、A氏が首をかしげたのがニューヨークのフォーダム大ロースクール(法科大学院)への留学の部分だ。「疑問なのは、彼がLLM(法学修士)のコースに入ったことです。しかも1年学んだ後に、JD(法務博士)コースに編入している。大きな事務所を目指してて、こんな動き方をするなんて聞いたことがない」

LLMとJDというのは、ロースクールでのコース名だ。米国の大学には法学部がなく、弁護士を目指す人は、大学卒業後にJDに入る。ここで3年間学び、事務所に入るのが一般的なパターンだという。

一方、LLMは、法律の資格を持つ外国人留学生が多いといい、「表現として正しいかわかりませんが、キャリアに“箔(はく)をつける”ようなイメージです」。

A氏によると、米国で弁護士となるのに重要なのはJDでの1年目だ。

「米国での就職活動は、2年生の終わりの夏休みで終わります。事務所のサマープログラム(インターン)で働き、その後よほどのことがない限り、その事務所からオファーを受けて就職します。どの事務所のプログラムに入れるかは、1年時の成績で決まります。だから学生の競争も壮絶です。本を隠すなどの足の引っ張り合いもあります。小室さんはその1年をLLMに入っています」

ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

KKの英語力、予想以上に低かった。日常会話ぐらいはできるもんだと思ってたよ。旅行客レベル?
こんなKKが優秀だと思い込んじゃう秋篠宮家って・・・

内心『下手な英語だなぁ〜』って思われているかも?
相手が気を利かせて通じているフリをしてくれているのでしょう。

アメリカの司法機関がきちんと機能していることを望みます。日米政府間外交機密協定結んでまでアメリカの司法機関が動くのを日本政府が阻止したりまでしない、と信じたいです。それにしても篠原さんの刑事告発何故検察動く様子見られないのでしょう?皇族の親族は法の対象外、などという法律ないはずですが。

小室圭さんが15本もの鉛筆を試験会場に持ち込んでいたことを報じ、この鉛筆に試験の回答を彫りこんでいたのではないか?

そういやオレ(中の人)も法学部時代には、試験では持ち込み六法に◇や△などの意味を持たせた記号を書き込んで乗り切ったンだわ。ちなみに判(判例)とか説(学説)など文字で書きこんだ同級生はカンニングで捕まっていた。さじ加減も一流だったんだわ。

この方たちが鍵となるでしょうね。
前回フォーダム大の卒業生名簿からコムの名前が消えたのも、同学生の追及によるものだという噂があります。
アメリカ&日本政府は自分たちが甘い汁を吸うためにしらばっくれたくても、この方たちの働きによっては、ア&日「しょーがねーな。やれやれ」ということで、コムは法の裁きを受けることになるかもしれません。

確実に男子を作れるモノ限定ですから、圭は論外?
また悠仁製造精子を使うのでは?
卵子は、優秀な女性のものを。
そして、見てくれは夫婦にまるで似てない子が?

圭は怒ったりしないでしょう。男児ならそれだけでOKで、かえってまた脅迫材料が増えたとほくそ笑むと思う。

ずっとインターに通ってて、
そこから大学に推薦入学という学歴から鑑みるに、

まず、母国語である日本語が、どうしても日本の普通の中学高校よりも弱くなる。

第一言語の語学力が、全ての学力の上限となる。
だって言語で論理を組み立てるわけだし、
例えば社会科(世界史や地理)だったら、それを理解するには教科書を理解したり問題文を読み解く語学力が必要なわけですよ。

インターに通うならば、日本語以上に英語力があって、教科書も試験問題も英語のほうが楽くらいでないと、語学以外の教科の成績はサッパリ駄目人間になる。たぶんKKは、日本語も英語も中途半端な、セミリンガル、ダブルリミテッドだと思う。そういう人が、難しめの資格試験に挑戦するのは無謀だと思う。
KKの義母も、帰国子女なので、同じく、日本語、英語、ドイツ語?、全部低レベル。難しい漢字読めない、敬語どころか日本語の文法もおかしい。噂では朝鮮語は話すらしいけどね。皇后陛下は日本語も英語も、最高レベルの文法を楽々使いこなせる。
通じるレベルとは段違いなので、トランプも舌を巻いた。

現地で世話をする領事館員も驚く低学力。
とりわけ英語力の欠如が目に余るようでは、夫婦ともアメリカで知的労働にはつけません。試験の合格話も眉唾にみられて当然ですよ。
同じテーミスの記事でも(10月号45ページ)

>ニューヨーク総領事館には夫婦専属の職員が配置されたが、二人は職員を召使のようにこき使っているという。ニューヨーク総領事館関係者が語る。

「領事館側から電話しても相変わらず『いませ~ん』と寝ぼけた声で応答しすぐに切ってしまうが、自分たちが外出するとなると、出迎え時間を細かく指定し、行き先の予約、場合によっては支払いまでさせられる」

同関係者によると、ホットドッグスタンドなどで注文の品を受け取ると夫婦はそのまま食べながら歩いていってしまうという。
「代金は払っておいて」「言わずともそうするの当たり前」との傲慢な態度だというが、支払いは当然、税金だろう。

さらに、職員任せで本人たちが自ら英語でしゃべる場面が少ないため、語学力も全く上達しないというのだ。

「驚いたのは『NEXT』の意味さえ理解できなかったことだ。飲食店で『ソースはどこか?』と尋ね、店員が『NEXT』と答えると、次に話を聞くからと勘違いしたのか、夫妻はじっとそのまま待っていた。だがこの場合、NEXTは『隣』という意味。それがわからないような有様だ」(前出の総領事館関係者)

領事館側から電話しても相変わらず『いませ~ん』と寝ぼけた声で応答しすぐに切ってしまうが、自分たちが外出するとなると、出迎え時間を細かく指定し、行き先の予約、場合によっては支払いまでさせられる。

彼らの経費精算、領事館で経費処理しているのかしら?移動交通費、買い物代、食事代など。毎回、ドル→日本円に換算して、外務省の経理課に報告しているのかしら?ちょっと、その点が気になります。

>同関係者によると、ホットドッグスタンドなどで注文の品を受け取ると夫婦はそのまま食べながら歩いていってしまうという。
「代金は払っておいて」「言わずともそうするの当たり前」との傲慢な態度だというが、支払いは当然、税金だろう。

By TAKERU

Leave a Reply