こうした、国民の知る権利を踏みにじるかのような内容の会見に、ネット上では、批判の声も上がっているようです。

「本人が話を控えてほしいと申しているようです」

11月30日の57歳の誕生日に先立ち、記者会見に応じられた秋篠宮さまは、小室圭さんと結婚した長女、眞子さんの現在の様子について聞かれ、こう答えられた。

2017年5月に小室さんと婚約内定した眞子さんだったが、その後、小室さんの母、佳代さんの金銭トラブルが発覚し、結婚が延期。

昨年10月にようやく結婚が実現したものの、国民から批判的な声が上がったことなどから、1億5000万円といわれた結婚一時金を辞退。

小室さんとともに生活の拠点を米ニューヨークに移された。

「2人の結婚という慶事に祝福の声が上がるどころか、反対の状況が起こってしまった。

眞子さんも結婚の記者会見で、事実でないことがあたかも事実のように報じられる状況が続いたと明かしたように、宮内庁が複雑性PTSDであることを公表しなければならないほど苦しまれた。

秋篠宮さまに直接伝えられたわけではないようですが、その発言から眞子さんの本音が伝わってきます」(皇室ジャーナリスト)

10月には、3回目の受験で晴れてNY州司法試験に合格した小室さんだったが、その際も待ち受ける日本の報道陣に一言もコメントせず、無言を貫いたことからも、マスコミへの不信感は相当のものであることがわかる。

「一般人に嫁いだ娘から発言を慎むようにと釘をさされたと明かすことは異例のことですが、なかには、眞子さんから何も話すなと言われたところで、立場的に秋篠宮さまは一言でも話すべきだったという声も上がっています。

ただ一般人になってアメリカに渡り、マスコミや世間の雑音から離れてもなお、夫の試験や自身の就職など、ことあるごとにプライベートが晒される事態に、もう我慢の限界というところではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)日本を離れた以上、“もうそっとしておいてほしい”というのが、眞子さんの偽らざる願望なのだろう。

「日刊ゲンダイDIGITAL」(2022年12月1日配信)

面会拒否の雅子さまに、美智子さま激怒

また、この日、秋篠宮殿下は、57歳の誕生日を迎えられたことを報告するため、天皇陛下と、上皇ご夫妻の元へ挨拶に伺われたようですが、なんと、皇后雅子さまは、殿下の挨拶に関して面会を拒否され、そのことについて美智子さまが、激怒されたようです。

30日に57歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまが天皇陛下にあいさつされました。

秋篠宮さまは午前11時前に皇居を訪れ、御所で天皇陛下と面会されました。

57歳の誕生日に際してあいさつされたものですが、皇后さまは午後に予定されているモンゴルの大統領夫妻との面会に向け、体調を整えるため立ち会われませんでした。

秋篠宮さまは、その後、赤坂御用地に戻り、同じ敷地内にお住まいの上皇ご夫妻を訪ね、同じようにあいさつされました。
「テレビ朝NEWS」(2022年11月30日配信)

「雅子は生意気」発言が物議
今回の秋篠宮殿下の挨拶を巡る騒動について、ある宮内庁関係者は、次のように事情を説明してくれました。

 

「今回、美智子さまは、息子である殿下が、上皇ご夫妻を差し置いて、陛下の元へ挨拶へ向かわれることに強い不満を抱かれていたようでした。

基本的には、年功序列で、親を敬うべしというのが美智子さまのお考えですからね。そこに、皇室の序列は関係ないとお考えのようです。

そのように、挨拶の順番に関して不満を抱かれていたうえに、皇后である雅子さまは、挨拶を受けることを拒否されたワケですからね。

美智子さまの目には、雅子さまが生意気であるように映ったようで、“中継ぎ皇后のくせに生意気よ”と絶叫されていたようです。

とはいえ、すでに、令和の時代となり、皇室の中心は天皇皇后両陛下となっているのですから、宮内庁の幹部の中にも、こうした発言は看過できない、と不快感を示す者も少なくなかったようです」(宮内庁関係者)

ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

キーキーが令和は大正より短いかもと発言していましたね
間違いなく秋一家の過ごす令和は大正より短いかと思います。ナマズ本人は精神疾患による薬物依存にアル中にヘビースモーカーと不健康の見本だから間違いなく短命ですよ。ヒサもナマズの精神薬を勝手に乱用しているようですね。

雅子様が失礼なことをなさるわけがないので、常日頃から会うと悪態をつかれたり
暴言を吐かれたりするから、会わなくてもいいと陛下が判断されたのでは?もしくは、ママからの伝言を伝えるだけの伝書鳩状態の義弟に会いたくないのかも。

中継ぎ皇后って奇妙な表現ですね。

皇后というのは代々継承されていくものですから
中継ぎも何もないはずですが?

それとも、中継ぎがいるなら抑えの皇后がいる。
つまり皇室制度の終焉を望んでいるってことですか?

多分雅子さまが、ではなく、陛下が「会わなくていい」と仰せられたのではないかと。

陛下は雅子さまが上皇后に土下座強要されたことで、もう雅子さまが傷つくような状況はできるだけ阻止したいと考えておられるのでは。

ただ、そうなると皇室の慣例上、どうしても上皇と上皇后にあいさつに行かなくてはいけなかった愛子さまのことが心配です。

愛子さまが「母親の代わりにあんたが土下座しなさい!」などと鬼のようなことをいわれて、いじめられていなければいいのですが。

敬宮様がJKの所にご挨拶に行かれると聞いて心配しておりました。嫌なことは言われなかったでしょうか。酷いババアも居たものですね。

あ、普通ならばあばですかね。こんなに国民が皿が割れることを望んでいるのに、正に憎まれっ子世に憚る、ですね。

敬宮様、天皇皇后両陛下のもとに生まれて下さってありがとうございます。

見て子会長としては、安西文仁社長、安西紀子副社長体制とし
赤坂御用地を払い下げさせて、森ビルに開発させるのが夢なの
でしょう。
見て子にとっての昭和は、自分の思うようにならず、いまは、
ひとりで両陛下や宮家、旧皇族に報復しているつもりなのです。

それにはどんなに下賤な駅南出の宮妃でもいいから、自分以下の出自者を女副社長とすることで、出自のよさを求められる皇室を穢すことに快感を覚え、自分より高学歴、高知能、美貌の雅子さまを嫉妬。この点でカワタツと意気投合したのでした。

こうやって「失われた平成」30年間が起きました。令和は、まずこの女社長を無力化する作業から始めないと、いつまでも陛下は雇われ社長のまま操られてしまうでしょう。さあ、役員会での緊急動議の時間ですよ。

「文仁と悠仁の同時廃嫡を求める」皇室典範第三条を根拠に、皇室会議招集が令和体制安定への決定打になります。
愛子さまの立太子は、この廃嫡議決後に法改正でやっと実現するのであまり時間がありません。

By TAKERU

Leave a Reply