今日は秋篠宮さまの誕生日ということで57歳になるんですね。まぁこれまで秋篠宮さまはいろいろありましたがやはり秋篠宮さまと言えばタイのイメージが強いですよね。今回取り上げるニュースはこちら…秋篠宮さま誕生日会見に紀子さま同席されていた!悠仁さま学力バレて爆笑!秋篠宮家料理番の衝撃告白!。記事の一部を引用してお伝えします。

そこでタイの愛人騒動についての記事を依然扱いましたがその反論についての話題です。これは当時は凄い異例の出来事でした。1996年の秋篠宮さまの誕生日での出来事です。

この年はアメリカのクリントン大統領が日本に来ることになったのですが秋篠宮さまはクリントン大統領が来日中にタイへ行かれていて秋篠宮家は紀子さまだけで対応したわけですね。

それでこの時は海外だけでなく日本のマスコミも秋篠宮さまを批判しました。しかもこのタイへ行く前にも愛人と会いに行くと週刊誌では報道されたわけですね。それで愛人報道について根も葉もない女性問題についていろいろ話が広がってしまったと述べたわけです。
そんなことはないし火のないところに煙がたったというか非常に想像力豊かな人がそういうことを書いたんだと思いますけどもと愛人騒動について改めて否定されたわけですね。この記事は4月と6月に報じられました。

ただ秋篠宮さまの誕生日は11月30日だからそこから半年近く経過してほとぼりが冷めている頃ですよね。まだ記者から質問があればわかりますが自分から語りだしたということで蒸し返してしまったわけですね。

ちなみにタイヘはなまずの調査ということでメコンオオナマズの捕獲の儀式があるようですね。基本的に絶滅危惧種に指定されているから産卵の時期にたくさん生き延びれるようにとそういった儀式なのかはわかりませんがまぁ年に一度の行事のようです。

実は1995年に本当は行く予定でしたが阪神大震災があってちょっとさすがに秋篠宮さまでも遠慮されたようですね。国民が悲しんでいるときにタイに遊びに行ってきますっていうのはさすがに秋篠宮さまでも遠慮する気持ちがあったようです。

それで今年こそはということで予定していてそこにクリントン大統領の来日が決まったわけですね。まぁそこで秋篠宮さまなりに悩んだのだと思いますが俺は英語が話せないし邪魔になるだけだしといつになく冷静に考えられてタイへ行くことを選ばれたんでしょうね。

ただそれが愛人と会いに行くんじゃないかと報じられたことで怒ったわけですね。クリントン大統領との晩餐会よりもナマズ見物を選んだということであくまでも先約だったからという主張のようですね。

それでこのメコンナマズの捕獲儀式についての論文を書かれたということで同行した人が論文を書かされたんでしょうね。ちなみに愛人騒動については秋篠宮さまの学習院での同窓で親しい会社員のコメントも報道されたようです。

その記事ではナマズの研究所のスタッフでアシスタントで身長が高い女性でエキゾチックな美人だと聞いていますというコメントや秋篠宮さまの女好きについてもいろいろコメントが紹介されているようです。

その人も知人でタイのプライベートビーチに行く予定と聞いていてこの記事が出た1週間後にタイへ出発されたので記者とかもたくさん同行したようですね。まぁ逆に先に報道されてしまったから予定が狂った可能性もありますね。

実はこの報道があって秋篠宮さまが帰国してから6月にも記事が出たのですがこの時の記事が紀子さまの父親の川嶋辰彦さんが天皇陛下へ怒鳴り込みに行ったという記事ですね。

6月7日以降天皇陛下が体調を崩されて静養されることになったということでストレスが原因だろうということですがこれが川嶋辰彦さんの怒鳴り込みですね。秋篠宮さまの女性問題を問いただすために御所へ怒鳴り込みに来たということです。

怒鳴り込みに行った日程も書かれてあって4月21日午後3時に天皇陛下へ苦言を呈されたという記事でした。これにはさすがに宮内庁も対応したようです。この雑誌が発売された6月3日に宮内庁長官が定例記者会見で事実無根の記事に訂正を求めたいと語りました。

ただ週刊新潮側は翌週も反論記事ということで秋篠宮さまへ重要な公務を放り出して私的なナマズ見物とは言語道断ということで宮内庁関係者や紀子さまの知人のコメントを紹介して女性問題の事や秋篠宮ご夫妻の不仲についても改めて強調したようです。

ただ川嶋辰彦さんが4月21日に御所を訪れたことについては特定することが出来なかったようです。それで川嶋辰彦さんは否定しまして週刊新潮へ訂正記事を書くように求めたようですがそれでも訂正するという返事はなかったようです。

その後も宮内庁から訂正を求められたけども週刊新潮は断り続けたようです。そういったやり取りがずっと続いて週刊新潮は改めて鎌倉宮内庁長官に訂正には応じないという文書を出したようです。

宮内庁は半年間訂正を求め続けましたが結局は訂正することなくそれで秋篠宮さまが誕生日会見で否定するということになったわけですね。まぁ秋篠宮さまから誕生日会見までに否定させろという指示が出ていたのかもしれませんね。

まぁ秋篠宮さまが出せというよりも紀子さまが謝罪の記事が出ないと許さないという感じだったのかもしれませんね。誕生日の記者会見も記者クラブから事前に提出される質問についてどれについて答えてどれについて答えないとか選ぶことが出来るようです。

それであえて秋篠宮さまがこの問題について触れたわけですね。ちなみに不思議に思ったのが秋篠宮さまの誕生日会見には紀子さまも同席していたようです。なんか紀子さまの誕生日は文書回答だから表に出たがりで秋篠宮さまの誕生日会見に一緒に出席していたのかもしれませんね。

そういう意味ではこの頃までは一緒に誕生日会見に出ていたけども次の年ぐらいから一緒に出なくなったのかもしれませんね。ちなみにクリントン大統領の晩餐会に欠席したことについては天皇陛下や宮内庁の了解を得ていたのとタイは半年前から準備をしていたからだということだったようです。

まぁ秋篠宮さまはタイに訪問しすぎですからね。隠し子とかいるんですかね。あれから結局真相がわからない中で度々タイヘ訪問するということで秋篠宮ご夫妻も仲が悪くなっていったのかもしれませんね。

そしてそのストレスが職員にあたっていったのかもしれませんね。2015年には秋篠宮家の料理番の告白ということで秋篠宮家のことについて報じられていましたね。この頃はちょうどTBSで天皇家の料理番というドラマが報じられていたようです。

天皇の料理番は外国の賓客にも料理を振舞われたりするので普通の料理人以上の名誉ということですが秋篠宮家の料理番はそうではなかったということですね。この頃は2015年6月29日に秋篠宮ご夫妻が結婚25周年の銀婚を迎えられていたようです。

それで文書で感想を発表されたようです。この文書というのが凄く異例で対談形式でA4の紙が9枚ということでこれまでの25年間を振り返ったお言葉が交わされていてお二人が交互にパソコンで文章を打ち込んで交換日記のようにまとめられたようです。

ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

昔はA宮も誕生日会見で国民が聞きたい事を話したりしていたのですね。愛人の話迄するとは?今では、誕生日会見は形だけで自分に不都合な話は全く出てこない。国民の声をスルーする事は上手くなったんでしょう❗

大事な息子が爆笑されたんだってよ!紀子さんのせいだよ!
母親なら息子をもっと心で大事にして罰は当たらないよ‼

エーミヤさんは、ミテコさんとエー西さんの子ですよね。1人暮らしのときに番人だった、1人暮らしですよ‼️マリーアントワネットのプチトレアノンみたいに。嫌ならば1人暮らしになる。ありえませんね、

生まれるときの、白黒TVみましたよ。皇太子様が、宮内庁病院に向かいます。と、ナレーターが話して、車が病院の中に入っていき、退院しました。と、ナレーターが話すときに、ミテコさん1人が、何故か顔のながーーい赤ちゃんを抱き、その赤ちゃんを見て喜んで、上皇は、笑いもしない、うつろな目で、赤ちゃんは、見ない、、

これからのことから。間違いなく、ミテコさんとエー西さんの子ですね。

すでに、ご長男がいらっしゃるのに、恵美子さんからもらうわけはないですよ。

きっと、二回目の妊娠で流産したときに男子産み分けをして失敗して、赤ちゃんがぷどうのように膨れる病気になって、流産手術という名の中絶手術をしたような気がします。そのショックで、1人になりたいとかいって、1人ぐらしを実行させて、

番人だった、どなたかは、皇宮警察だったとかもおっしゃってました、エー西さん、と、2人になる機会は沢山あるのですよ‼️‼️肩がガバッと空いた服で、抱きついて泣いて、抱いてください、とか、言われたら。そうなるんじゃないですか⁉️

ミテコさんには、上を向いた困ったときの表情は似ていますが、お顔も背格好もエー西さん、瓜2つです。上皇には全くにていません。ここまで似ていない親子、見たことないですもの。

エムコさんもエッチくんも、エー西さんの祖父の森のぶてるさんに瓜2つで、エムコさんの顎は、エー西さんとエーミヤさんに瓜2つで、エッチくんの背格好、エーミヤさん、エー西さんに似ている。この一家、誰も、上皇にちっとも似ていないんですよ‼️そんな人、いません。

陰謀論そっそうと登場す❣️いいぞ❣️陰謀論❣️もっと、もっとだ‼️もっと、オレを楽しませてくれ‼️陰謀論❣️皆んな大好き陰謀論❣️イヤッホ〜

By TAKERU

Leave a Reply