小室さんは現在、ニューヨーク州の法律事務所で、年収2000万円の破格の待遇で「助手」として働きながら、司法試験に挑戦中だった。今回、三度目の正直で合格したことに宮内庁も安堵の表情だという。さる宮内庁職員は次のように語る。

「21日の午後、秋篠宮家の宮務官から『小室圭さんが司法試験に合格した』との報告が宮内庁にありました。宮内庁では通称“小室チーム”が編成され、外務省と協力しつつ、ニューヨークの眞子さん小室圭さん夫妻の生活をバックアップしていました。

今回の合格の報を受け、『ようやく受かってくれた』と安堵の声が広がっています」(宮内庁職員)日本政府がバックアップ? 裏口合格の懸念
ニューヨーク州の司法試験委員会によれば、小室さんが受験した今年7月の試験は、およそ9600人が受験して合格率は66%、このうち小室さんのような再受験での合格率は23%だったという。

見事、難関試験に合格できたこと自体はめでたいことなのだが、裏口合格の疑念が急浮上しているという。小室問題に詳しい全国紙社会部記者は次のように語る。

「実は小室圭さんが奥野法律事務所や秋篠宮家に報告するよりも前に、元衆議院議員の自民党系議員・渡部篤さんが、『合格おめでとう』とツイートしてしまっていたのです。これを受け、ネット上では『どうして正式発表よりも先に合格を知っていたのか?』だとか、『もしかしたら自民党や日本政府が裏で支援したのでは?』などの疑念が噴出しています」

たしかに小室夫妻は宮内庁や外務省のバックアップを受けながらニューヨーク生活を満喫している。不正入学の疑念が出るのも致し方ないことだろう。この疑念を秋篠宮家の宮務官に聞いてみたところ、次のような返答があった。

「たしかに生活面では宮内庁と外務省がバックアップしていますが、さすがに司法試験合格までには関与できません。日本政府と言えども同じだと思います。なので、今回の元議員のツイートも単に勘違いしただけだと思うのですが…」(秋篠宮家宮務官)

この一方で、省庁のバックアップが「忖度」として合格を導いたと断言する関係者もいる。女性週刊誌の皇室記者は次のように語る。

「すでに週刊誌などで語られているように、日本政府から外務省を通じ、小室夫妻の安全確保や生活維持などをアメリカ政府に依頼しています。ニューヨーク州の司法試験委員会に対して、なんらかの“配慮”を求めていてもおかしくありません。ともかく小室夫妻に対して、善意の解釈をする必要は全くありません。こういった疑惑を放置すると、秋篠宮家ともども、やりたい放題になってしまいます」(女性週刊誌皇室記者)

また、悠仁さまも、今朝は珍しく朝食を完食されて上機嫌で登校されたと伺っています。悠仁さまが小室圭さんを自由人として尊敬したりすることがなければ良いのですが…」(先の秋篠宮家宮務官)

では、このニュースを見た人々のコメントを見ていきましょう。

A宮が4回目を受けるのは許さないと言ったのは、KKに言ったのではなく、まわりのKKをサポートしている人達に、今回は何としてでも合格させろと、劇を飛ばしたのだと思います!!

これは息子の出来が悪くてもどんな手段を使ってでも絶対に東大に入れるね。東京芸術大学はさすがだわ。

結局裏口合格ですか?義弟といい裏口が好きな一家!国民に仮を返して欲しい!どれだけ不正を働けば気が済むんだ!

さっそくヤフーニュースでは持ち上げ記事てんこ盛りで、しかも寄せられるコメントまでいつもと違って、小室を褒め称えたり祝福したりするものばかりが上位にきて、小室を批判したり疑念を投げかけているものは弾かれているんじゃないかという有り様で気持ち悪い。政府が小室の不正合格に絡み、しかも祝福ムードを強制するために言論統制を図ってるんじゃないかと疑わしくなる。

金積まないと何も出来ない家族、惨めにならないんですかね?家族関係でさえも金でしか繋がらない、寂しくないのですかね?

少し前にKKが今度の試験は自信がある。
頂いた問題がそのまま出ていたから…という様な事を言っていたらしいし裏口なのでは?と思ってしまいますね…
A宮家には前例が多々ありますし、先日、自民党?の議員がKKの合格を祝うツイートをしたとかいう情報もありますしこれでもまだKKが正統に合格した‼️と言えるのでしょうか…⁉️怪し過ぎますよね

4回目はないとのA宮の言葉、試験前のKKの不思議な笑顔、早々と復活した弁当士の写真,発表前のおめでとうメール、裏口合格を示唆する。ひさひと?とか言われる子供と同じだね❗️

弁護士としてどのような仕事を…
しないでしょ
肩書きが欲しかっただけだろうし、大体弁護士として仕事が出来るほどの知識も能力も無いのでは?
日本での就職についても アメリカ留学についても 何一つこの人の実力とか努力とかは皆無で ほぼ他力(A宮家、宮内庁、政府)によるものなのだから。

親族に税金不正受給問題や父親の不審タヒなど、疑惑が沢山あるのに弁護士になれるって普通あり得ない。やっぱり何かの力が働いたとしか思えない。そもそも、そんな人に仕事の依頼する気に普通はなれないと思うけど。

合格で何かが変わりますか?それとも変わることが起きる可能性がある?変わったこと、社会的に間違ったことは指摘続ければいい。今は社会情報共有化の時代。余程うまく立ち回らないと漏れます。

受かろうが受かるまいが、そんなことはどうでもよいので そのどちらかで国民が困ることはないです。それより、いつまで公的機関が関わるのかが問題だと思っているし、それに関してなにもしてこなかったa家への印象は変わらないので喜んでる場合じゃないと思います。

裏口合格か実力かは知らんけど、とにかく国民の税金を使わないでほしい。資格取ってのスタートラインで、クライアントが付いて実績が積み重ならないと信用もないでしょう。正直、元婚約者への態度といい、自分には無理だと思う。

By TAKERU

Leave a Reply