こんにちは。 少しずつ新型感染症も落ち着いてきた国内ですが。 宮内庁は来年1月2日に約3年ぶりとなる新年一般参賀を執り行うことを発表しました。そんななか、上皇后の美智子さまが皇族方の 『立ち位置』 について苦言を呈されたことが話題となっています。 今回はそちらに関する記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。 まず1つ目は、 小室家に関する話題をお届けします。 ここからは一部引用を含みます。

さて、 小室圭さんは10月31日に合格後初めてメディアの前に顔を見せましたが、報道陣の声掛けに応えることは一切ありませんでした。スーツ姿の圭さんは髪を後ろで束ねて、耳にはイヤホン。 カメラに会釈をして足早に勤務先へ向かいましたが、 それは翌日以降も同様です。内情に詳しいNY在住のジャーナリストは、次のように述べています。「実際に小室圭さんの様子に関する報道を見たり聞いたりした国民の中には、やはり反感を持つ人が一定数はいたようです。

さらに宮内庁の中でも、耳にイヤホンでやり取りを拒絶する姿勢を見せたというのは少し残念な感じがしたと指摘する職員もいましたよ。 今回の合格を受け、 夫妻が帰国するのか否かについて宮内庁が調査したということですが、 本来なら圭さんが秋篠宮さま側に出向いてあいさつがあって然るべきではないか。 普通じゃないよね、という声もあがっているようです。

もちろん、そう簡単に帰国できる状況ではないですし抱えている仕事など様々な事情があるでしょう。 また、 実際に電話などで報告があったのかもしれませんが、 秋篠宮さまと実際に面会して報告するだけでも、随分と世間の風向きは変わっていたように思いますという見方もありましたね。

それに加えてさんも法曹資格を目指してこれまで頑張ってきてそれを成し遂げたのだから、秋篠宮さまや国民の声を敏感に感じているはず。そうした意見に対して少しでも配慮というか、歩み寄りをすれば、国民にもっと祝福や歓をされていたのにとも思いますね」。 以上が1つ目の記事の内容です。なんといいますか、耳にイヤホンでやりとりを拒絶する姿勢でいられるのは、

By TAKERU

Leave a Reply