国際弁護士の清原博氏 小室さんに辛口エール「弁護士に向いていないかもしれないことを自覚して頑張って」。米ニューヨーク州の弁護士資格を持つ国際弁護士の清原博氏(50)が26日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後8・30)に生出演。秋篠宮家の長女・眞子(31)さんと結婚した小室圭さん(31)が、3度目の挑戦で同州の司法試験に合格したことについて言及した。

小室さんに対しては、合格したことで将来政界への進出などを予想する報道も出ているが、清原氏は「やっと受かったって感じですけどね。何度も言いましたけど、ニューヨークの司法試験、普通に勉強していれば1発で受かるんですよ。だから、小室さんは、弁護士に向いていないかもしれない、ということを自覚して、これから弁護士になるんですから頑張ってほしいと思いますよ」と先輩として厳しい言葉で祝福。

さらに、「プレッシャーは大きいと思いますけど、プレッシャーは皆同じ。僕もプレッシャー感じましたけど1発で受かりましたから。特別なことを成し遂げたんじゃないから、小室さんもちゃんと弁護士として研鑽を積む、経験を積む、そうしなきゃダメです」と続け、合格したことで「皆持ち上げ過ぎるから、僕は逆に…」と厳しいエールの訳を説明した。

また、小室さんが弁護士となれば年収3500万円も見込まれているが、清原氏は、その年収でニューヨークで暮らすには「ちょっと余裕がないです」と語った。そのため、小室さんが年収1億円を目指すために「皇室を最大限に利用しろ」とアドバイス。

その理由として「日本は全体で弁護士は4万人です。でも、ニューヨーク州だけで18万人。人口が2000万人ですよ。

100人に1人が弁護士なんです。だから、自分は何が強みか、とわかっていなくてはいけない」と語り、「世界中の王族とかがいるでしょ。ロイヤル関係でお客さんになりたがる。

日本では皇室利用というと何か嫌な雰囲気があるけれど、ニューヨークでは当たり前」と語った。

では、このニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

「皇室を最大限に利用しろ」というのはどうかなぁ。

実際小室さんの事を考えるとそれが成功への近道だと思いますが、皇室の方々には、また国民にも嫌がれるんじゃないだろうか。

建前だとしても 事実納采の儀も行わず「結婚は個人の自由なのですればいい。

けれど親戚付き合いはしない」という姿勢でおられる秋篠宮殿下も本意ではないだろうし。悠仁さまにとっても決して良い事はないと思います。

むしろ弁護士資格を得てお仕事を頑張って安定した高収入を確保することで、日本国政府の支援に頼る必要も薄れ、また皇室との関係も薄れ皇室の品位に影響を与えることも無くなってくれれば、一国民としてはハッピーなのですけれどね。
なにも小室さんにかぎった話ではないですが、日本政府は皇室を商売に利用されることについては、その利用のされ方で皇室に色が付いてしまわないようくれぐれも注意を払っておいたほうが良いと思います。

正しい意見だと感じた。米国で弁護士にチャレンジ出来たこと事自体が皇室の力ありだと思うし、これから何を成し遂げるかであるし、それによって夫妻がどれだけ成長していけるかではと思う。生まれた環境で生涯が決まる皇室の流れに上手く混ざり込んだように思うが自身の過去や母親の人間性には今もって反感がある。

ワイドショーなんてNYにいる本人が見るわけないので意味は無いと思う。試験受ける前から日本でのバッシングなどがあったから3回目の試験で受かった事を自分や知人の経験談をもとに言うには条件が違いすぎると思うけどね。それでも、生活の為にも世間の評価見返すくらい努力しないとダメなことには変わりないけど。

言われなくても皇室を最大限に使うつもりでしょう。そんなの当たり前。ここまでくるのだってそうしてきたのだから。誰に何を言われようと、マコに狙いを定め虜にして最大限フルパワー使い今がある。これからはもっと本気で皇室利用します。日本ではもはや皇室の特別感は薄れつつありますが、海外ではまだ通用するのだろうから。そういうドライに利用する、という感覚も海外に合ってるのかもしれませんね。

この事務所の相場が2千万円とか3千万円なのかね。ちょっと前に、アメリカのサイトでNY州の弁護士の平均年収は15万ドル程度と出てたけどな。今のレートだと2千万円程度か。片方で物凄い儲けてる弁護士もいることを考えれば、ほとんど儲かっていない弁護士もいるということだろう。競争が厳しそうだ。清原氏の言う通りで、もともとアメリカは何でも専門化が進んでるから強みを見つけて活かすべきなんだろう。

皇室の名前を利用するというのはちょっとね。そういう問題があるから、皇族は俗のビジネスの世界とは縁遠い財団、公務、教育などの役職に就き、そういう職業の方々と結婚してきたんだろう。秋篠宮も宮内庁も相当頭を悩ませてるだろうなあ。まあ子育ては難しいけど。

清原氏の発言は一理も二里もある。しかも、年収も実績次第なので決して保証されている訳ではない。試験の合否と弁護士としての実務能力は必ずしも一致しないとは思うけれど、そこそこ以上の英語力があってロースクールを卒業しているにもかかわらず3度目でやっとの事で合格したと言う事から考えれば、そしてN.Y.の弁護士事情を考えるならば、決して「明るい未来が開けている」とは言えないだろう。本当の勝負はこれからだ。話を戻すけれど、そもそも「国際弁護士」などと言う実存しない呼称を相変わらず使い続けている多くのメディアを何とかして欲しいものだ。

弁護士は日本と違ってアメリカでは特別な資格ではないとドラマや映画を見てそんな印象がありました
2回も落ちたとなると、あまり仕事が回ってこないとか、その人の実力次第で仕事をとれるとかあると思います
今はとりあえず試験に受かっただけ
日本で弁護士の経験も無いのですから、弁護士として力を発揮できるか、高給取りになれるかは今後の仕事の取り組み次第ですね
お一人の所得で警備費用まで支払えるくらいになれるといいですね

よりにもよって弁護士の数が多いNYを選ばなくても…。という気がしてならない。見栄や憧れがその州を選んだんだろうけど。他の州だったらライバルの絶対数も違うし、物価も違うし、より2人が目指した“一般人”になれたのでは?NY州でこれから一弁護士として本当に勝ち残っていけるのかな?他の弁護士にはない、彼の強みは?「妻が元皇室」という他人任せのスネカジリじゃなく、本人が持つ強みを育てていかないといけないですね。

By TAKERU

Leave a Reply