「卒業生の90%は合格するのに…」小室圭さん弁護士試験不合格に韓国メディアの反応は」。

 

「一体何の目的で?眞子さんと小室圭さんのNY新生活を支援する有力者たちの思惑とは」 メディアの反応は」。「EXIT・兼近「国を挙げての恋愛リアリティーショー見てる感じだった」小室夫妻会見に興味なし」。

さて10月26日に結婚したコムロさんとまこさん7月にコムロは米ニューヨーク州の司法試験を受験しており合格することが予想されていましたが結果はなんと不合格でした。

そのニュースは隣の国韓国でも報道されています。ニューヨークで新婚生活を送ることになっていた二人にとって厳しい船出となったようです

一時金を辞退した眞子さまと弁護士試験に合格できなかった k さんは物価の高いニューヨークで生計を立てることはできるのでしょうか。

しかしそのニューヨークでは2人を支援する人たちがいるそうなのです。いったいどういうことなのでしょうか。詳しく書かれた記事を引用しながら説明していきたいとおもいます。ここからは飲用を含みます

一つ目の記事は韓国の wow後リアからです。コムロが米国ニューヨーク州の弁護士試験で不合格となりました。

現在ニューヨークにある法律事務所でホーム助手として働く小室さんは来年2月 にある試験に再び挑戦するようです。コムロさんは2017年秋篠宮家の長女眞子さんとの婚約が発表されましたが発表後すぐに小室さんの母親がもと婚約者から借りたお金を返済していなかったという暴露話が出てきました

このことで議論が高まったため当時法律事務所の職員だった小室さんはニューヨーク州にあるフォーダム大学のロースクールへ逃避するように遊学したのでした。3年間の課程を終えた小室さんは今年7月にニューヨーク州の弁護士試験を受験多くのメディアは米ロさんは簡単に資格試験に合格すると見ていました。

ニューヨーク州司法試験受験者の合格率が通常70%である上昨年は問題数が減ったことで合格率が89%まで上がったためです

またフォーダム大学ロースクール卒業生の合格率が90%前後という点を考慮してもコムロさんの合格が予想される状況でした。

しかしニューヨーク州司法試験委員会が今月29日にホームページで公開した合格者リストに来メロさんの名前はありませんでした。

合格率の高さからしても無難に合格することが予想されていた小室さんその彼が不合格になったことをめぐって再び論議が高まっています。

小室さんがフォーダム大学に学費免除の奨学金をもらって入学できたのは未来の天皇の義兄という背景が働いたのではないかという疑惑があるのです

この疑惑についてごメロさんは今月26日に開いた結婚発表の記者会見で職名しました。

 

フォーダム大学の公式サイトに眞子さまの 婚約者として自身が紹介されたことについて皇室を利用したというのは事実ではないとし自身ではなく大学の判断によるものだと説明したのです。

コムロさんの不合格の結果を受けてまこさん夫婦がどのように生計を立てるのかに関心が集まっています。

 

2人が新婚生活の準備をしているマンハッタンはニューヨークでも物価が高いことで有名ですがまこさんは後続からに立つする際に受け取る初の約1億5000万円にも上る一時金を放棄しているのです

今年9月からマンハッタンにある法律事務所で弁護士を支援する業務を行っている小室さんは弁護士試験に合格した後にと事務所で弁護士として勤務する予定でしたがそれさえも難しくなってしまったようです。以上が一つ目の記事の内容です。

韓国は日本のマスコミと違って忖度なしに事実を掲載してくれていますね世界中に不合格が知れ渡ってしまいました。

合格することが予想されていただけに kさん本人や関係者は困惑しているでしょう。でもこれでアメリカの司法試験は忖度の性もないことが証明されましたね。

一般の国民は苦労を重ねながら小さな幸せを掴んで暮らしています

このことをきっかけに米6際には現実を認識していただき身の丈に合った生活を送って走りですね。

では記事に戻ります。米ニューヨークで新婚生活を送ることになる小室計算とまこさんまこさんは事実に基づかない情報に惑わされず私と計算を変わらずに応援してくださった方々に感謝しておりますと話していましたがその応援に本当に他意はないのでしょうか。

ニューヨークには多数の日本人コミュニティーがありますが中でも最も歴史が古く規模が大きい日本人コミュニティには医師や弁護士金融マンに大使館職員まで名を連ねているようです

そのメンバーの一人現地でも名の知れた日本人経営者が米ロ計算マコさん夫妻の渡米をサポートし今か今かと待っているのです。

2人の渡米後の住まいはマンハッタン島にあるセレブの住む高級住宅街アッパーウエストサイドのワンルームの賃貸住宅縁もゆかりもない不慣れな土地でもとプリンセスが住むのに適した物件を見つけるのは簡単なことではなかったはずです。

二人の新生活の準備蛇行までスムーズに進んだのはその卜部さまざまな思惑が渦巻くお膳立てがあったからだと言われています。在米ジャーナリストは次のように話しています

新居探しに尽力したのはニューヨークで不動産業を営む経営者だったそうです。ボストンやシカゴロサンゼルスハワイなどに拠点を持つ同氏の会社は賃貸住宅のあっせんからオフィスのリース不動産投資まで手広くになっているもちろん日本人コミュニティの中でも大物と一定人物です。

また会見のため帰国した小室さんの航空券手配などは別の有力者である旅行会社の女性会長の支援によるものだったといいます。

なぜ彼らはこれほどまでに小室さんとまこさんに親切なのでしょうか。先のジャーナリストは言います。この2人には 支援する価値があると判断しているからでしょう

ヘンリー王子と megan 火の扱いを 見ていれば分かるようにロイヤルはお金になると考えるのがアメリカのビジネス界です。日本人が皇室に恐れ多いという感覚を持つ一方でむしろ各国の王室よりも皇室の方がより格式が高くその分利用価値があると考える人もいるのでしょう。

そうした人たちには機会があれば元皇族とお近づきになりたいその縁を自分のビジネスに生かしたいと思う人も少なくありません。

今小室さんに対して過剰に新設の在米日本人はそうしたアメリカ人の心境をよく理解していて何米ロ山谷まこさんを直接紹介することでアメリカの社交界での自分の価値を上げたへと考えているのではないでしょうか。

まこさんは元皇族としてのしがらみから脱出し愛する人と自由の国で生きていく ことを夢見てニューヨークに渡るのでしょう

しかし実際には自らの意思では抜け難い別の柵の中に飛び込んでいくことになるのかもしれません。以上が2つ目の記事の内容です。要するにいいように利用されるだけという事ですよね。まこさんは一般社会での対人関係の免疫がないでしょうから何らかの意図があって好意的に接してくる秘湯無防備に受け入れてしまうでしょう。実際今回の結婚が良い例です。まこさんが利用されるのはご自分でそういう生き方を選ばれたのだから仕方ないかもしれません

でもそのせいで日本の皇室がトラベルに巻き込まれたり品格を落とすような事があれば国民としては許せないですよね。まこさんはその危険性を分かっているのでしょうか。では再び記事に戻ります。お笑いコンビ ex it の包近大樹が31日放送のフジテレビ 毎度のショーに出演しこめろ計算とまこさんの結婚会見についてコメントしました

では、このニュースを見た人々のコメントを見ていきましょう。
フォーダム大学で簡単に合格なんてありえない。あそこは滑り止め大学で優秀な人材は行かないですから。優秀な弁護士能力があるなら:マサチューセッツ州に行きます。NYなんか行きません。大学で法学を専攻していない生徒が法学部に行く場合は優秀であれば教授が米国であれば法学部にあなたは行くべきでトランスファーする手紙を書いてあげるよとか手順ですよ。小室は眞子の指示でNYに基盤を作ってくれましと命令され飛び込んで皇室ブランドで法律事務所が誰よりも優遇してくれただけです。

正直私は、ふたりの結婚には賛成でした。秋篠宮家に皇統は絶対に移さない前提での応援です。眞子氏の様な、一般人なら許されても皇族として不相応な価値観で国民のお金を利用して我儘放題を今後も皇室でされる方が迷惑だと感じたからです。お支えする気にも尊敬も出来ないから出て行って欲しかっただけなのでお祝いする気などありません。本気で祝う人ばかりが賛成ではない事も知って欲しいなと感じております。周りの国や人間が忖度するのは勝手ですが、国民の税金がしっかり日本のために勤めてくださる天皇御一家と宮家に(秋篠宮家は除く)よりよく使っていただけるよう願うばかりです。

もう報道の嘘。エリートみたいなね。。そう言うふうにかくと記事が売れるし、その間いろんなことをかける。米国在住の私どもにしたらフォーダムなんてジョークですよ。米国の司法試験は難しくないはずですよ。落ちるほうがおかしい。今度は実力はなかったなど言いたい放題のメディア。

By TAKERU

Leave a Reply