最近の情報流出と言えば、秋篠宮殿下の健康状態流出が記憶に新しいです。「御代替わりという節目を迎えられたものの、折からの『小室問題』もあって、殿下はご心労を重ねられている。最近はすっかりおやつれになったと拝察いたします」

昨秋のお誕生日会見と前後して、秋篠宮さまが宮内庁病院で睡眠導入剤を処方され、ご体調回復に努められていることは本誌(「週刊新潮」)でもお伝えした。その後、複数のメディアが「抗不安薬を服用」などと報じたのだが、先の関係者はこう明かす。

「実際には、睡眠導入剤とともに『SSRI』という種類の処方薬を飲まれているというのです」「はっきりした理由は分かりませんが、一つの可能性として考えられるのは殿下の過剰なアルコールの摂取が関係しているのではないかということです。

皇族の中でアルコール依存症といえば、寬仁親王が有名ですが、実は最近では秋篠宮殿下も飲酒量の多さがしばしば指摘されており、アルコール依存症とまではいかなくとも秋篠宮家に仕えている職員の中には殿下の過度の飲酒を心配する者も少なくないようです」(宮内庁関係者)

思えば『女性セブン』2019年5月9・16日号では、秋篠宮家に近い関係者が「夜になるとお酒に手が伸びることが多く、『抗不安薬』に頼ることも多くなっていると聞きます」と証言し、『週刊新潮』2019年4月4日や2019年5月16日号でも関係者が「秋篠宮殿下が深酒を繰り返すようになり、体調を整えるため睡眠導入剤が処方された」と報じた。また、「国民に余計な心配をさせてはならない」という思いからか、秋篠宮殿下がこうした手の震えを見せられたことに対して、紀子さまは声を大に進言なされたという。

また、“立皇嗣の礼”のリハーサルでも手足の震えで何度もリハーサルが中断されました。「リハーサルの途中で、極度の緊張のためか秋篠宮殿下は手の震えが止まらなくなり、儀式の所作を既定の通りに行うことが出来なくなってしまったため、途中で中断となってしまったようです。

最初に秋篠宮殿下が手の震えを見せられた際には、その場にいた関係者らは寒さのためだと思い、空調を調節し温度を上げたのですが、それでも殿下の震えは止まらなかったようです。

最初にその異変に気付かれたのは紀子さまでした。殿下に対し、思いやりに満ちた優しい調子で“どこか体調が悪いのですか?”と仰られたのですが、殿下が“もうこれ以上は続けられない”と返答されたために、“もう今日はここまでにしましょう”と仰られ、リハーサルを途中で中断されてしまいました」(宮内庁関係者)

そして健康不安が最高潮に達したのは、2020年9月11日に公表されたご夫妻の様子です。秋篠宮様は手の震えが押さえられない様子であるのがよく解ります。皇室典範によれば「精神若しくは身体の不治の重患」がある場合には、皇位継承から外されるという条目があります。秋篠宮殿下もそれに該当する可能性があります。紀子さまとしては「どうしても隠しておきたい」事実の一つです。

….

絶対に秋篠宮家から日本の象徴の「天皇」を出してはいけません!
みなさん、忘れないでください、秋篠宮家は我々のような立場なら、既に「犯罪行為で逮捕されているようなことを数々やってきている」ということを‼︎

秋篠宮家をそして小室家を許すべきではありません!「紀子さまは祈祷師を自宅に呼びつけ、『天皇陛下が苦しい現実世界から離れ、いち早く死後の世界で安楽に暮らせますように』と祈祷させています。これは昔からあった一つの呪術ですが、現代からすれば『早く崩御してくれ』という意味に他なりません。眞子さんの一件以来、秋篠宮家の人気凋落とともに愛子天皇を期待する声が高まっており、秋篠宮家としても『焦り』を感じているのでしょう」(同前・宮内庁関係者)

では、このニュースを見た人々のコメントを見ていきましょう。

不敬罪をよくこの方、豪語されますけどこの人の行動こそ不敬罪。

自分の夫の心配でもしたら良いです、生活習慣も心掛けも良くない、国民に心配かけたくないのじゃなく弱味を見られたくないが正解、心配してませんよ、怪しい霊媒師の野呂い返しがあのー家に下る事を日々祈っています。

神武天皇が即位されて以来の最大のスキャンダルではないでしょうか。秋篠宮と小室母子の問題は

本当に呆れるしかない宮家だよ。問題の当事者になったら、責任転嫁して天皇御一家に尻拭いさせるなんて、皇嗣家としてはしたない。

さすがに、嘘でしょ、と思わずにはいられないです。
本当なら、すぐ鉄格子の中に、
直行ではないですか?
今月の鯰の会見、見ものです。
皇室記者の方々突っ込んで質問状を出してください。

敬宮愛子様を皇太子に、という集いが行われるなら、是非参加させて頂きたいです‼️
もう💦a宮家は、本当に‼️絶対に‼️拒否します‼️
もはや、「廃嫡」以外選択肢は無い‼️と思います。

皇室典範第3条 皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。

「天皇のカルテを見せて」と鬼狐が陛下の主治医に本当に言ったとすれば、その発言を宮内庁が厳しく叱責しなければ、外務省、警察庁幹部の勇退後の職場の一つが消滅することを覚悟せよ‼

By TAKERU

Leave a Reply