小室圭さん「司法試験に合格」で聞こえてきた宮内庁側の「複雑な反応」。秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)の夫、小室圭さん(31)が、米ニューヨーク州の司法試験に合格した。昨年7月、今年2月と2度にわたって不合格となり、今回が3度目だった。眞子さんによる「圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作って欲しい」との願いを受ける形で、2018年夏に米フォーダム大ロースクールに留学してから4年以上の月日が流れていたことになる。

圭さんは日本で勤務していた弁護士事務所のボスで、アメリカ留学や現地での生活について支援してきた奧野善彦弁護士に対し、「今回は合格しました。弁護士の仲間入りができました。本当に先生のおかげです。今後はますます弁護士として研さんを積んでいきたい。本当にうれしいです。ありがとうございます」などと、電話で報告したと伝えられている。

「奥野弁護士自身の喜びも混じっているかのような文言でしたね。秋篠宮家の方にも眞子さんから直接連絡があり、合格が伝えられたそうです」と、担当記者。

幻のシナリオ
「秋篠宮さまにはかねて法曹資格の取得にこだわることはないとのお考えがあり、それは長く密着取材を敢行してきたジャーナリストが今年出版した書籍(江森敬冶氏『秋篠宮』)にも色濃く反映されています」(同)

そういった秋篠宮さまの考えから、「実は、今回のチャレンジはひとつのターニングポイントになるのではないかと取り沙汰されていました」(同)という。「具体的には、4度目の受験をするにしてもどれくらい勝算があるのか丁寧な説明を求めるといったことです。

その説明の内容次第では、4度目受験に事実上のNGが下されていたかもしれません。あるいは、生活の基盤がしっかりとしていない以上、ニューヨークでの生活を切り上げて帰国した方がよいのではないかとの“説得”が展開された可能性も噂されました」その場合には実際に日本へ戻ってくることもあり得たというのだが、

「眞子さんは帰国だけは回避したいという思いが強く、とても微妙な問題に発展していたかもしれません」それもこれも今回晴れて合格となったことで、俎上にあがっていた心配事の類についてはひとまず杞憂に終わったことになる。

ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

合格した途端に「凄い」「日本中が祝福」とかマスコミは手のひら返しの報道に頑張っていますが、国民が問題視していたのは司法試験の結果ではないと思う。受験に至るまでのキャリアづくりの不審さや、金銭がらみのトラブルにまつわる彼らの基本的な考え方への違和感である。

また自由になりたいと行って出て行った一般人に領事館や宮内庁など政府機関の有形無形の支援にも公費の使途の観点から疑問がつきまとっていたのも事実。

合格後もまだこれが続けられるようなら人々の想いは祝福からは程遠いものとなると感じる。宮内庁も複雑な想いがあるなら、直ちに一般人支援に公費を費やすのをやめるべきだと考えます。

1回の合格で今までの彼らにまつわる様々な疑惑が帳消しになると考えるのはおかしいですね。

手のひら返しは視聴者ではなくマスコミの方だろう。テレビのコメンテーターらの手のひら返しの白々しい賛美に違和感を覚えている視聴者が大半だと思う。

彼らが今後も都合に応じて立場を使い分け、一般人として自由は欲しいが、特権は維持して優遇を受け、美味しいとこ取りしようとするなら問題は解決せず、人々が納得し喜ぶ状況とはならないと思いますね。今までの経緯を考えると美談化は無理があるからやめたほうが良い。

自身を弁護する実力の無さを知っている人は、彼に依頼はしないのではないでしょうか。

彼が心の成長をし、他人が何を求めているかを理解し、さらにそれを適切な言語化をすることが出来るようになるまでは長く険しい道が続くでしょう。
好き嫌いではない、客観的に見たときの実力の面が不安です。

彼の新卒入行先は新人教育などはそんなに悪くないはずなので、彼の生まれ持ったものなのでしょう。謙虚に成長出来るかどうか、これからはこの一点のみですね。

By TAKERU

Leave a Reply