世間から厳しい視線が向けられ続けている秋篠宮家。 積極的に公務を行い、国民の信頼回復に務めているようですが効果はあまりないようです。そんな中、 秋篠宮家次女の佳子さまがある手術を受けられ、紀子さまは激怒されているとか。 今回取り上げるニュースはこちらです。佳子さまの●●手術に紀子さま激怒!放った言葉が皇族とは思えない…佳子さまも負けずに反論!秋篠宮家崩壊の危機に宮内庁困惑…今回は 「紀子さま激怒も、 佳子さまは逆ギレか!?」について一部記事を引用していきながらご紹介していきます。あわせて 「司法試験に無事に合格した小室氏、 今後の仕事」についても、一緒にご紹介していきます。

それでは早速、 一つ目の記事の内容に入ります。二度に渡り、 司法試験に不合格になってしまった小室圭さん。 受験回数が増えるほど合格率は低くなると言われており三度目の受験では、平均20%前後と言われていました。 そのためネット上では「どうせ今回も不合格だし、 そろそろ転職した方がいいよ。 』

「眞子の言いなりで受けているだけだから、 合格するつもりはないのだろう。 」 といった辛辣なコメントが数多く寄せられていました。 しかし、 そんな予想とは裏腹に三度目にして、 ようやく合格をつかみ取った小室氏。 合格というニュースは、 瞬く間に日本中を駆け巡り話題にもなりました。そして現在、 勤務しているローウェンスタイン·サンドラ一法律事務所では小室氏のプロフィール写真が、 新たにホームページ上に掲載。早くも『弁護士』として期待されているようです。

『法務助手』 から 『弁護士』となり年収も600万円から、 3000万円前後になると言われています。急激な物価高で、 ニューヨーク市民のお財布を直撃している中小室夫妻の生活の基盤は、 ようやく安定することでしょう。将来の道も大きく開けたことで、 眞子さんも胸を撫でおろしていると思います。しかし、 喜んでばかりもいられません。 『弁護士』 となった小室氏ですが今後、 乗り越えなくてはいけない試練がいくつかあるそうです。

まず弁護士として実力をつけるべく。 過酷な仕事漬けの日々を送る必要があります。当面の間、 ベテラン弁護士をリーダーとするチームに入り法案案件に取り組むそうです。 ですが、 新人弁護士が行うのは『証拠保全のためのリサーチ』や 『判例検索』 など。 仕事が多忙なうえ、

自分のステータスを高めなければ顧客を獲得することはできません。
生き馬の目を抜く厳しい競争社会のニューヨークでは学歴や肩書きではなく実力と人脈が全てです。 人脈を広げるためには、 より多くの人と出会う必要があり時にはニューヨークの社交界へ、 足を運ぶことになるかもしれませんそうした場合、 多くのパーティーは夫人同伴が基本のため、眞子さんも一緒に行くことになります。

元プリンセスの眞子さんが社交界の場に出れば、 小室氏よりも眞子さんと交流を持ちたいと思う人々は、多いのではないでしょうか。 眞子さんは不本意かもしれませんが小室氏にとっては、自分を売るビッグチャンスです。 しかし、 眞子さんは 『複雑性PTSD』 と診断され、療養していました。 大勢の人の目にさらされる場に出れば 確実にストレスを感じることになります。

『仕事』 を選ぶか 『家庭』を選ぶのかこれからの将来について、 夫婦で十分に話し合ってほしいですね。以上が一つ目の記事の内容になります。 『日本の元プリンセスの夫』 という肩書は小室氏にとって魅力的なものだと思います。 しかし、 利益だけ求めれば自分の身を滅ぼすかもしれません。 「こんなはずじゃなかった」とならないよう、 小室夫妻には 『夫婦』 で頑張っていってほしいですね。 続いて
二つ目の記事の内容に入ります。

眞子さんの結婚騒動以来、 多くの人々から厳しい視線が向けられ続けている秋篠宮家。 現在、 数多くの公務に取り組まれ国民からの信頼回復に務めているのですが、 効果はあまりないようですそんな中、 再注目を集めているのが秋篠宮家次女の佳子さま。

今後、乗り越えなくてはいけない試練がいくつかあるそうです。 まず弁護士として実力をつけるべく、過酷な仕事漬けの日々を送る必要があります。当面の間、ベテラン弁護士をリーダーとするチームに入り法案案件に取り組むそうです。

ではこのニュースを見た人々のコメントを見ていきましょう。

弁護士になっても永くはつずきません。周りについていけないし辞めぐせがついていますからすぐ嫌になってしまうからです。

次女はあの宮夫婦にとって、降嫁した長女のスペアにして、謝礼金付き公務要員なんだろうね?美貌だけでは宮家の信頼回復には繋がらないよ。謙遜する心掛けと研鑽を積んでこそ、年齢を重ねる毎に美しさと威厳が増すのでは?先代夫人からあの宮夫人や娘達に伝承されたのは、美貌だけが国を救うと勘違いだよね?

公務で出掛けてテレビ番組を見るけど、そんなに、き、れ、い、かな瞬間的に見ると、あ、きれい。と、思うけど、あまり、長く見ていると‼️少し狡さの、面がするのだが、、。まあ、どーでもいいや‼️そんなの

筑附は日本でも最高レベルの学生が集う高校である意味東大進学希望者の中でもその上澄みを掬ったくらいの学力を持つ集団でしょう
本来なら入試試験でそれに足りる学力を証明した学生だけが入学する訳ですが「特別枠」で推薦入学した場合は入ってから本人が大変な苦労する破目になってしまうのは自明の理です
東大進学自体はまた誰かのゴリ押しで「特別枠」が設定され推薦入学となるかと思われるので支障は無いでしょうが果たして子供自身が周囲の視線や雑音が飛び交う中でその状況に耐えられるかが危惧されます

彼の能力がこの学校に見合っていれば作る必要のなかった特別な入試制度が作られた時点で、彼の能力がこの学校に入るに不足しているのは国民みんながわかっていた訳で、いくら校長が会見を開こうが、能力不足がひっくり返ることはない。
まあ、あんな特別枠を許しちゃう校長が、成績改竄しなかったってことで、名門校の気概を示してくれたと褒めてあげたいですよね。
いや、褒めるのは校長ではなく、上からの圧に負けずにちゃんと採点した現場の先生方かな。そういう先生方が不条理な処遇受けないよう、マスコミはしっかり監視して欲しいです。

私にも14歳の思春期の子供がいますが…可哀想ですね。学業が優秀ならそんな注目は跳ね返せるのだろうと思いますが、赤点ばかりの成績だと普通なら恥ずかしく苦しいかもしれません。ただ普通なら…です。今までの育ってきた環境から、そんな気持ちは持ち合わせていない可能性もあります。

親の希望と、子供の性格や実力が違うと普通なら双方で大変な思いをしてしまいます。押し付けあってしまうと良い親子関係は築けないし、お互いに良い精神状態になれないと思います
この状況なら親が早めに気付いてあげて、環境を変えてあげる事が大切に思います、普通なら…。

By TAKERU

Leave a Reply