秋篠宮家とブータン王女の面会
10月3日、秋篠宮ご一家は、日本に訪問しているブータンのソナム王女と2人の王子にお住まいの秋篠宮邸にて面会されました。

秋篠宮ご夫妻と二女の佳子さま、長男の悠仁さまは3日、来日しているブータンのソナム王女と2人の王子にお住まいで面会されました。

ソナム王女はブータンの今の国王の妹で、先月おこなわれた安倍元総理大臣の国葬にブータン代表として出席したほか、日本での行事のために来日しています。

3日午後、ソナム王女は2人の王子とともに秋篠宮邸を訪れ、秋篠宮ご一家が出迎え、挨拶をされました。秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、2019年にブータンを私的に旅行した際に王女と会われていますが、王子とは初めてだということです。

ご一家は、金木犀の香りがゆたかで白い萩が咲く庭に出たあと、部屋の中で1時間ほど親しく懇談されたということです。

秋篠宮ご夫妻と二女の佳子さま、長男の悠仁さまは3日、来日しているブータンのソナム王女と2人の王子にお住まいで面会されました。

ソナム王女はブータンの今の国王の妹で、先月おこなわれた安倍元総理大臣の国葬にブータン代表として出席したほか、日本での行事のために来日しています。

3日午後、ソナム王女は2人の王子とともに秋篠宮邸を訪れ、秋篠宮ご一家が出迎え、挨拶をされました。秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、2019年にブータンを私的に旅行した際に王女と会われていますが、王子とは初めてだということです。

ご一家は、金木犀の香りがゆたかで白い萩が咲く庭に出たあと、部屋の中で1時間ほど親しく懇談されたということです。

レベルの低すぎる悠仁さまのインタビュー
ところで、秋篠宮家とブータン王国といえば、2019年にご一家が旅行された際に、悠仁さまが語ったインタビューの内容があまりにも低レベル過ぎるということも話題となりました。
ブータンを旅行中の秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまはハイキングコースを散策された。

20日午後、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、首都ティンプーの町並みを見渡すことができるハイキングコースを散策された。

Q:悠仁さま、ブータンはいかがですか?

悠仁さま「楽しいです」

Q:食べ物はいかがですか?

悠仁さま「ホテルで出てきた干し肉がおいしいです」

Q:日本とはやはり少し違いますか?

悠仁さま「すごく似ている感じがします」

Q:どういうところが似ていますか?

悠仁さま「木とか草とか…」

秋篠宮さま「どう違うのかな」

悠仁さま「まだわかんない」

悠仁さまは、これに先駆けて、ブータンの国獣でウシ科の「ターキン」の保護区を訪問し、秋篠宮さまの説明に耳を傾けながら、興味深そうに「ターキン」をご覧になった。

また、今回のブータン王女と王子二人の来日に関して、秋篠宮家との面会が大々的に、報道された一方で、天皇ご一家との面会については、ほとんどろくに報道がなされなかったということも話題となっています。

秋篠宮ご夫妻は5日、「ブループラネット賞」の授賞式に出席されました。ブータンの前国王が受賞し、授賞式には名代として王女が出席しました。

「ブループラネット賞」は、地球環境問題の解決に貢献した人や組織を顕彰するために1992年から始まりました。

今年はブータンのジグミ・シンゲ・ワンチュク前国王らが受賞し、5日に行われた授賞式には、名代として娘であるソナム・デチェン・ワンチュク王女が出席してトロフィーを受け取りました。

王女は、3日夕方には一緒に来日した2人の王子とともに皇居の御所を訪れ、天皇皇后両陛下や長女の愛子さまが面会されたということです。

王女らは同じ日に秋篠宮邸を訪れ、4日は秋篠宮妃紀子さまの案内で皇居・東御苑の庭園や宮内庁楽部の練習を見学したということです。

悠仁さまのセクハラで秋篠宮家がブータン王国入国禁止に
様々な観点から、批判の声が上がることとなった秋篠宮家とブータン王女と王子二人の面会ですが、実は、報道の在り方ばかりでなく、現場でもトンデモナイ問題が生じてしまったようです。

「なんと、秋篠宮ご一家との面会後に、ブータン王女が、悠仁さまから腰を触られたということで、不満の声が聞かれたというのですね。

実は、もともと悠仁さまに関しては、ブータンの王室関係者は、前回の秋篠宮ご一家のブータン訪問時から、案内役の女性をジロジロとイヤらしい目で眺めるということで、あまり良い印象を持っていなかったようです。

どうやら、実際にブータン王女が腰を触られているという証拠の映像などは残っていないようなので、もしかすると、何か思い違いという可能性もあるのですが、それでも、悠仁さまに関しては、“そういうことをやりかねない人物だ”と警戒されていたのでしょう。

現在秋篠宮家の職員なども協力し事実の解明などに務めているのですが、ブータン王室側は、“秋篠宮家から正式な謝罪があるまでは、ブータンへの入国を拒否する”という事実上の入国禁止令を出してしまったようです」(秋篠宮家関係者)

欧州の王室から、出入り禁止を命じられているともいわれる秋篠宮家ですが、遂に、懇意にしていたはずのブータン王室とも絶縁されてしまったようです。皆さんは、このように、世界に恥を撒き散らしている秋篠宮家の体たらくについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ではこのニュースを見た人々のコメントを見ていきましょう。

皇室外交も他の外交と同様に「国益」を目的とした活動だから税金が出るのに
国益を毀損する大名旅行には税金ビタ一文出すな

タイは愛人も隠し子もいるし。
大草原で裸で走ったり、少女にいかがわしいことしても交流がある寛容な国だから!
でも次はタイに熱烈外交したら過去の父の事件がまた話題になりそう。

別に世界中の王室国から拒否されてませんよ
ゴリゴリの男尊女卑が脳髄に達しているサウジアラビア王国では、ズルヒトの行動はいかなる罪にも問われません

サウジアラビアの男は、母親を殴って、好きな子を強制成交するのが当たり前の国柄です
ズルヒトにとってはまさしく地上の楽園
ズルヒトの代になったら、皇室外交は中東系の王室国だけになりそう
日本としては石油確保できれば十分だし、日本と産業が競合する欧州・アジアとの皇室外交は最悪途絶えてもいいと半ば諦めてます

これまでズルヒトが会った海外要人とはこのブータン国王夫妻だけです。
欧州王室からは軒並み出禁にされている静岡駅南妃親子なので、一家は陛下に公然と刃向かい、巨額の公金を費消し、裏口入試を強行して、DNA鑑定から逃げ回るアンタッチャブルな存在とされています。

それにしても、通訳を侍らせないで、あの駅南妃が「パンパン英語」で応接したのでは、そのあまりの低級さと下品さに、印度英語などスラングの強い英語にも堪能な王妃も、これは酷いと、のけぞったに違いありません。

もちろん平かな片かな大文字小文字の区別さえ覚束ないお茶での綽名「電報君」ズルヒトには、会話内容もチンプンカンプンで、加えて向精神薬で鎮静化措置をほどこされた後では、王妃からの問いかけにも全く無反応で、一目で「この子精神異常ね」とキチガイ認定されてしまって終わり。

By TAKERU

Leave a Reply