美智子さま「秋篠宮のDNA検査だけはしないように」”旧宮家復帰案”に肝を冷やされる一体どういうことなのか、 見てみましょう。

1。 皇族のDNA鑑定は必要か

先日の河野太郎防衛大臣発言で、 いわゆる「旧宮家の皇籍復帰」について、 河野大臣のこのような発言が話題になりました。

「確率的に突然変異が起きやすい。 そうすると宮家の養子にしようといった方の血液かなかとってきて、 染色体の検査、 遺伝子の検査をやったら検ったら変異があって、 そこがずれていたらどうするんだで 繋がっていないじゃないかという話になるかもしれない」

これに関して、 「旧宮家と今の皇室のDNA検査をして両者が男系で繋がっているかどうか科学的に明らかにするべきだ」という議論にも発展してしまっています。

確かに、 日本の皇室は最低でも1500年は続いていますので、 どこかの時代で天皇の側室や皇后がで密通をした可能性も否定できません。

.

.

ちょっとこの報道についての国民の声を紹介します。

今と違ってもっともっと閉ざされた皇室だったと記憶しています。もしかして、こそっと養子にしたかも知れませんね。
以前、ヨーロッパに住みましたが、友人が金髪の子供を産みましたが、本人も夫も栗毛色。浮気ではありません。本人の祖父母などに金髪がいたりすると出るようです。遺伝と言うのは嘘をつけないですよね。しかし、髪の毛の色がいろいろも複雑ですね。

安西さんは男らしくハンサムです。血は怖いですね。真子さんと佳子さんは口がにていますがあとは全然似ていませんね。真子さんと悠仁さまはそっくリ。普通どちらかの親に似てますよね。3人ともどちらにも似ていない、不思議です。

厳粛の扉で閉じられていた皇室が、ここ最近いきなり開かれて出てくるのは、我々庶民と何も変わらない、欲望のうずまく大饗宴 松本清張もビックリ!の巻。恐れながら、コロナ渦のなかパソコンから目が離せません。

今回は大変な内容ですが、よく調べていただきありがとうございます。とても知りたかった内容です。
もし養子だとして、美智子さまが何故秋篠宮家を甘やかす一方、現天皇陛下に冷たく当たるのかも知りたいです。
理由は雅子様への嫉妬と自分がされたと思っているいじめの腹いせだけでもなさそうですが…

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

By TAKERU

Leave a Reply