秋篠宮家長女の眞子さまと小室圭さんのご結婚が間近に迫る中、小室さんの母・佳代さんが詐欺罪で刑事告発された。ここに1通の「告発状」がある。そこには、《被告発人 小室佳代》とあり、続けて被告発人の所為は、いずれも刑法第146条1項の詐欺罪に該当するので徹底捜査の上、厳重に処罰されたい》

こう書かれている。佳代さんを詐欺罪で告発した刑事告発の文書だ。佳代さんには、遺族年金と傷病手当の不正受給という疑いがあるのだ。それだけではない。この告発状には《上記書類をお預かりしました。令和3年10月6日 東京地方検察庁文書課》というハンコがしっかりと押されている。

「刑事告発はまず『預かり』という段階を経て、それから受理か不受理かの審査に入ります。そもそも持ち込まれる告発案件は膨大なので、事件化の見込みのない案件は『預かり』さえ拒否されることも多い。そうならなかったということは、検察は『捜査する必要がないと思っていない』ということでしょう」(全国紙記者)

愛息の結婚を目前に控えたタイミングで、刑事告発されるとは佳代さんにとっては、青天の霹靂だっただろう。ようやく一人息子が帰国して3年2か月ぶりの再会を果たし、10月26日に内親王の眞子さまと結婚することも公式に発表され、いずれは、国民の目を離れて米ニューヨークで晴れやかにセレブ生活を……。刑事告発の衝撃は、そんな目論見を打ち崩す可能性さえある。

一般的に考えてみても、婚約相手の親が入籍直前に刑事告発されて、何も感じない人はいないはずだ。それが、“皇族のフィアンセ”の母親となれば、その驚きは家庭内だけではなく、日本中に広がることになる。

2.この期間の受給が詐欺に当たるという。「詐欺は時効が10年なので、不正受給期間の約20年間のうち、10年ほどの罪を問うことはできないでしょう。それでも1300万円ほどの返金の義務が生じますし、それに応じていないと刑事事件の対象になり得ます」そう言って、篠原さんはこう付け加える。

「遺族年金には、18才未満の子供がいると加算される制度があります。圭さんが18才になるまでの間は圭さんの分も支払われたので、圭さんも無関係とはいかないですよね」

もう1つの傷病手当については、洋菓子店を休んでいる間に、軽井沢で給与を得ていたかどうかは問題ではないと篠原さんは主張する。

「専門家にヒアリング調査したところ、“働けるほど回復していたという事実”の方が重要なのだそうです。佳代さんは洋菓子店に正規雇用されていて、傷病手当を300万円以上受給していたことから、これは明確に詐欺が成立します」

そう認められれば、佳代さんは遺族年金約1300万円と、傷病手当約300万円を、返金しなくてはならなくなる。篠原さんは今回の告発の内容に自信を見せるが、それは“前例”がすでにあるからなのかもしれない。

「大阪で2011年、傷病手当金の詐取を図ったイベント企画の会社経営者ら3名が逮捕される事件が起きました。打撲によって働けなかったと虚偽の申請をしながら、別の場所でイベントコンパニオンとして働いていた。このときは、健康保険協会が刑事告訴して逮捕されたのです」(前出・光嶋さん)

つまり、傷病手当詐欺が刑事事件になったケースはすでに存在しているということだ。

 

この記事みなさんはどう思われましたか。ではこのニュースについて国民の声を聞いていきましょう。傷病手当詐欺はたまにありますが、バレたらまず利息付けて返納させられ返さなかったら訴訟起こされます。もらってるのわかってて他で働くことは明確に詐欺に当たるので、返還できなかったら刑事告訴もされる可能性大です。

息子も、弁護士事務所で働いていたのなら、少なからず、知っていた事になる。それを黙っていたとなると、悪質ではないか。篠原さん、頑張って証拠を、集めて下さい。警察も数々の噂があるのだから、調べてほしかったが、忖度ですかね?

せめてこの件の白黒はっきりするまで結婚は延期すべきでは?疑惑の段階であっても、疑惑がある事自体が問題です。これで結婚を強行すれば、疑惑は黒だからそれがバレる前に既成事実を作って後戻りできないようにしたと思われても仕方ないのでは。国民の祝福が欲しいのなら潔白の証明が必須です。国民にどう思われても痛くも痒くもないわってこどですよね?

 

この母親って少しはおとなしく出来ないんですかね?
ただでさえ、元婚約者の方のことが大きく報道されていて、息子の結婚に対する厳しい意見もあるのに、息子の足かせになるって分からないのかな?本当に、わたし不思議でしょうがないわ。

この疑惑が晴らされることなく、有耶無耶になるなら、一般国民も『あーいいんだ』ってなりませんか?法を交付する立場の方の縁戚になるであろうこの方が、告発された事実があるだけでアウトでは?受理・不受理の前に 疑惑も晴らさないから憶測がわくのでは?ありえませんね!

元婚約者Aさんからの400万円を「贈与だ」と言って【贈与税を納付した】という事実が、内縁関係の証拠になるのでは?その時点では遺族年金を停止していたのかな?未だに受給しているのなら、少なくとも贈与を受けた時点以降は詐欺成立なのでは。

 

By TAKERU

Leave a Reply