現在の外出自粛ムードに最も辟易しているのは、ほかならぬ美智子さまです。日本経済新聞によれば、「転居後から微熱が続いているほか、手のこわばりや睡眠の乱れ」もあるといいます。かつてのお茶会は長らく開かれず、眞子さま達身内を除けば、6月中旬に宮内庁参与が挨拶に訪れたのが唯一の来客であったといいます。当時から、美智子さまは東宮家よりも秋篠宮家がお気に入りでした。

もちろんその理由は雅子さまの存在が気になってしょうがなかったからですが、雅子さま憎ければ愛子さまも憎しもいった側面もありました。特に愛子さまの容姿への批評が凄かったことは、宮内庁内部でも有名です。毎週のように開かれるお茶会では、次のようなご発言が美智子さまから聞かれました。

「愛子さんは雅子さんに似て顔面のレイアウトが崩れていますね」「愛子さんの胴回りは誰に似たのでしょうか」この発言を受けた取り巻きが、「愛子さまは美智子さまとは似ていらっしゃいませんが、視力の悪い方からすれば愛嬌のある顔でございますよ。もちろんこれは美智子さまの原因ではございません。眞子さまと佳子さまはとてもお美しく育ってございます」と述べました。

そして、この発言を受けた美智子さまは次のように答えられたのです。「佳子が一番、私と似ていて美しいですね。佳子と眞子は間違いなく私の孫です。でも愛子の母は雅子さんですからね。彼女のことですから、どこで男を作っていることやら…それくらい愛子の体型や顔は黄金比から離れていますね」 まさに、とんでもないご発言といえます。

ところで愛子さまと言えば、少し前に「激やせ」が騒動になりました。週刊誌は行き過ぎたダイエットや拒食症が原因と騒ぎ立てていましたが、その原因の一つには、美智子さまによる「陰湿な陰口」を気にされたことが挙げられます。愛子さまが精神的に悩まれたことが大きなウェイトを占めているのではないでしょうか。いうまでもなく、愛子さまは心優しい方です。

たとえ祖母の美智子さまから罵雑言を言われていようとも、愛子さまにとって美智子さまは愛すべき祖母と思っていることでしょう。愛子さまほど弱者の心を知り、優しく寄り添える方はいないのですから。以上が1つ目の記事の内容です。皆さんはどのように感じましたか?本当に、当時の愛子さまが激痩せされた姿には、多くの国民が心を痛めたと思います。

皇室ブログ等でかつてのいきさつを知るにつけ、雅子さまや愛子さまの加害者黒幕が国民の敬愛を集める上皇后であったと知った国民も多かったのではないでしょうか。それだけ普段からマスコミや報道の影響は大きく、民衆は踊らされているのだと思います。美智子さまは愛子さまを誹謗中傷されていますが、愛子さまはとても可愛らしいお顔立ちをしていると思いますよね。。。

 

 

ご通常の日を待ち望む同級生たちの思いも、ますます凛出ているといいます。以上が2つ目の記事の内容です。まさに、両殿下の良いところを受け継いでいるなぁと感じますよね。真面目で勉強熱心なご一家ですし、きっと親の背中をしっかりと見て育っているからだと思います。愛子さまにはご学友の存在や先生方の高い評価が伝わってきますし、何よりご本人の映像を見てそこに偽りのないことが国民には分かります。 その反面、秋篠宮家の悠仁さまなどはそれらが、皆無であり、時折出る映像を見ても親がビッタリ寄り添い、何事も促していて優秀さは申し訳ないですが感じられないですよね。それなのに、突然大人顔負けの工作や作文が出てきて驚かされることがあります。 秋篠宮家は悠仁さまをどうにか偏差値の高い大学に入れようと必死ですが、天皇となるべき方に必要なのは学歴ではありませんよ。天皇陛下の文才と、皇后陛下の英語力及び国際性をしっかり受け継がれている愛子さまこそ、次の天皇陛下にふさわしいといえそうですね。「やはり、愛子さまの女性天皇即位を望みたい」

 

By SAYAKA

Leave a Reply